フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« PIONEER SX-100S | トップページ | SONY MDR-CD900ST メンテナンス記録 »

2013年9月 8日 (日)

SONY ST-5130 前期型 2号機

 ・2013年8月初め、電源が入らないという ST-5130前期型を入手しました。
 ・前期型と後期型の違いはここ。外観ではつまみの形状で判断できます。
 ・5000F、5150、5140、5130 シリーズなら故障品でも確保しちゃいます。
 ・病気です、、

Sony_st513005

■製品情報

 ・オーディオの足跡 SONY ST-5130 ¥69,800(1972年頃)
 ・ソニー チューナーカタログ 1974年1月版

Sony_st513001 Sony_st513002 Sony_st513003 Sony_st513004 Sony_st513009

■電源が入らない-------------------------------------------------------

 ・電源基板チェック。ヒューズ切れではない。
 ・回路図と見比べながら各部電圧確認。
 ・Q701:2SD291、Q702:2SC1364(回路図では2SC634A)が怪しい?
 ・2SD291  → 保管しているST-5150の基板から2SD291を移植。変化なし。
 ・2SC1364 → 2SC1815 に交換。当たり!
 ・これで電源が入るようになりました。
 ・ついでに同じ 2SC1364 を使った Q702 も 2SC1815 に交換。
 ・さらについでに電源部の電解コンデンサ4本を交換。
 ・C701:220uF/25V
 ・C702:1000uF/35V
 ・C703:220uF/25V
 ・C704:47uF/16V

Sony_st513019 Sony_st513031 Sony_st513032 Sony_st513033 Sony_st513034

■不具合いろいろ--------------------------------------------------------

 ・電源が入ったので動作確認してみると不具合箇所が多数あり。
 ・周波数窓を照らす両端の照明ランプ球切れ。
 ・AM放送受信に切り替えるとSメーターが振れ放送が聴けた。。
 ・放送局周波数付近でメーターは振れるのでFM放送は受信している模様。
 ・ところがFMは出力端子からは音声が聴こえない。
 ・ステレオランプも点灯しない。
 ・念のためマルチパスH端子から信号を取り出してみると、FM音声が聞こえた。
 ・FMは検波回路までは生きている。MPX回路に問題ありそう。

Sony_st513012 Sony_st513014 Sony_st513016 Sony_st513015 Sony_st513011

■MPX部修理-------------------------------------------------------------

 ・ST-5130回路図に基づいてMPX回路で音声信号を追いました。
 ・トランジスタの脚に直接リード線をつけて信号を確認、
 ・原因は Q401 2SK23 (19kHz AMP) これが不良でした。
 ・部品取りした ST-5150基板に載っていた 2SK23A に交換。
 ・これで放送が聴けるようになりました。

Sony_st513018 Sony_st513038 Sony_st513039 Sony_st513045

■STEREOランプ交換、メーター交換----------------------------------------

 ・FM放送が聴けるようになってもやはりSTEREOランプが点灯しない。
 ・これは単純な電球切れでした。
 ・大量に保管してある同型品に交換。

Sony_st513042 Sony_st513041 Sony_st513043 Sony_st513035 Sony_st513037

 ・TメーターとSメーターの照明が電球色なのでちょっとショボイ。
 ・内部を見ると、メーターをこじ開けようとした痕跡あり。
 ・ST5150Dから部品取りした緑色フィルムが貼ってあるタイプに交換。
 ・これで雰囲気がずいぶん変わります。
 ・各部受信調整してST-5130初期型復活しました。

Sony_st513046front Sony_st513047if Sony_st513048mpx Sony_st513049am ST-5130 回路図

■FMが聴ける素敵なインテリア-----------------------------------------

 ・シルバーパネルに浮かび上がる緑色照明が美しい、、この雰囲気が大好きです。
 ・喫茶店を経営する友人がこれを欲しいというので譲渡しました。
 ・FMが聴ける素敵なインテリアとして彼のお店で活躍中。

Sony_st513008

« PIONEER SX-100S | トップページ | SONY MDR-CD900ST メンテナンス記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

BLUESSさんの、修理への情熱に敬服です。
昔のチューナーは雰囲気がありますね。ダイアルグルグルの感覚と、
ほんのり灯る照明が最高です。だから私も、38年前のビクター製の
チューナーは、主に夜用です。
JT-V51のサービスマニュアル(回路図付)は、駄目元で、ビクター
サービスに確認したら保管されており、入手の見込みが立ちました。
その節はお手数かけましたが.....。

アルプス様

入手の見込みが立って良かったですね。

以前、VICTOR T-2020 の回路図やサービスマニュアルを探して
ビクターサービスに問い合わせたことがあります。
そのときは冷たく門前払いされました。

エアチェック用にFPGAチューナーを据えたのでシンセチューナーは
まったく出番がなくなりました。数台を残して処分しようと思います。
でもアナログチューナーは雰囲気を味わう道具として残しておきます。

夜、薄暗い照明の部屋でお酒を呑みながらぼんやりFMを聴くには
照明が美しいバリコンチューナーが一番です。


バリコンチューナー雰囲気があって良いですね。
私は、TORIO KT-7007,KT-5500.KT-900を持っています。
いずれも現役ですが、7007は一部照明が消えて、SメータとTメータの関連がおかしくなっていて、FMは適当に合わせて聞いている状態です。
シンセチューナーは処分されるとのことですので、まだ残りがありましたら、
譲っていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

kanosi様

シンセチューナーは多くを処分しましたが、あとは
SANSUI TU-S707X DECADEがお譲りできます。

SONY333シリーズを支えたCXA1064(LA3450)を
ディスクリートで実現したMPX部が特徴です。
詳細はメール連絡させてください。

早速の回答ありがとうございます。
SANSUI TU-S707X DECADEがまだあるのですね、
ぜひ、譲ってください。
メールアドレス記載しましたので、詳細お待ちしております。

初めまして
私の所有するオーディオ紹介します
プレーヤ     SONY PS-X60
チューナー    SONY ST-5131(SERIAL NO 200063)
アンプ       SONY TA-F5
スピーカー    TRIO KL5060A
他カセットデッキ ナカミチRX 202

もう20数年以上使用していません、はたして使用できるか

特に思い出深いのはチューナーですね、1971年就職した年の冬のボーナスを
握り占めて秋葉原で閉店間際の19時前値切って60,000円で買いました
1971年当時チューナーとデッキだけ有りませんでした
ST-5000FにするかST-5130にするか迷いましたが中波放送も聞けるST-5130にしました
しかし中波のチューナー部は性能が悪かったですね(たまたまハズレか?)
FMのチューナーは最高でした、3素子の八木アンテナ接続

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/58153048

この記事へのトラックバック一覧です: SONY ST-5130 前期型 2号機:

« PIONEER SX-100S | トップページ | SONY MDR-CD900ST メンテナンス記録 »