フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« TRIO KT-7007 2号機 | トップページ | ブラック・サンド・ビーチ / 加山雄三 »

2013年11月17日 (日)

TRIO KT-7500

 ・2013年11月初め、KT-7500の修理調整作業をお引き受けしました。
 ・当時のカタログを見ると KT-7700 の弟機という位置付けでしょうか。
 ・初めて触れる機種なのでとても楽しみ。

Kt750007_4

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 TRIO KT-7500 ¥48,000(1975年発売)
 ・1976年5月版 トリオカタログ
 ・輸出機情報 TIC KENWOOD KT-7300 ※回路図あり
  ※輸出機にもKT-7500という機種があるので紛らわしい。

Kt750002_2 Kt750003_2 Kt750004_2 Kt750005_2 Kt750008

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネルや天板は薄汚れているが目立つ傷はない。
 ・背面端子類はピカピカに光ってます。これは研磨済みか?
 ・電源オン、周波数窓の照明OK、二つのメーター照明OK。
 ・FMアンテナを接続して受信動作確認。
 ・周波数指針と目盛りが僅かにズレ。STEREOランプが点灯しない。
 ・聴感上はステレオ感があるので単純なランプ切れか?
 ・muting動作OK、mpx filter動作OK。Outputレベルにガリなし。
 ・WaveSpectraで波形を見ると、mpx filterオンで16kHz以上が減衰する。
 ・AMは受信性能・音質とも問題ない。とても良い音。
 ・STEREOランプ交換、受信調整を実施します。

Kt750010_2 Kt750011 Kt750012 Kt750013 Kt750009

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードマーキング「1975」
 ・メイン基板 X05-1280-00 (輸出機 X05-1280-11)
 ・電源基板  X00-1660-00 (輸出機 X00-1660-11)
 ・FM4連、AM2連バリコン
 ・CF1 → 2SC381 → CF2 → CF3
 ・WIDE/NARROW切替機能なし。
 ・IC1:HA1137 FM IF SYSTEM → クアドラチュア検波
 ・IC2:HA1156 FM MPX
 ・IC3:HA1151 AM TUNER
 ・T1:高調波歪調整(上段)、同調点調整(下段)
 ・VR1:FMメーター振れ調整
 ・VR2:Tメーターオフセット調整
 ・VR3:VCO(CP-19kHz)調整
 ・VR4:セパレーション調整
 ・ミューティングレベルを調整するVRがない

Kt750020 Kt750022 Kt750030 Kt750031 Kt750037
Kt750024 Kt750026 Kt750033 Kt750034 Kt750035

■修理記録------------------------------------------------------------

 ・STREOランプは電球ではなくLED。
 ・ネット検索でKT-7500の画像を捜索、点灯時は赤色だと確認。
 ・ジャンク機から部品取りしたパーツの中に同型品を発見。
 ・LEDの足はハンダ付けではなくソケット差込式。交換はとても楽チン。
 ・交換後に赤色点灯を確認。
 ・台座の黒いゴムに接着剤をフロントパネル裏面に固定。
 ・フロントパネルを外したついでに窓ガラス裏側を磨きました。

Kt750050 Kt750051 Kt750052 Kt750053 Kt750054
Kt750055 Kt750056 Kt750057 Kt750058 Kt750020_2

■調整記録------------------------------------------------------------

【IF部調整】
 ・SSG 10.7MHz →メイン基板2番端子に直接注入
 ・T1下段コア調整 → Tメーター中央へ
 ・T1上段コア調整 → 高調波歪最小へ
 ・SSG 83.0MHz 受信 → VR2調整 → Tメーター中央へ
【FM OSC調整】
 ・SSG 90MHz → CT4
 ・SSG 76MHz → L4
【FM トラッキング調整】
 ・SSG 90MHz → CT1,CT2,CT3
 ・SSG 76MHz → L1,L2,L3
【Sメーター調整】
 ・VR1
【VCO調整】
 ・テストポイント(CP) → 周波数カウンタ接続
 ・VR3調整 → 19kHz
【ステレオセパレーション調整】
 ・VR4調整 → 左右とも実測約45dB確保
【AM受信調整】
 ・CBCラジオ(1053kHz)受信
 ・背面バーアンテナ先端コア、T2調整 → Sメーター最大へ
【調整後】
 ・OSC調整で周波数ズレを修正しました。
 ・RF調整にて受信感度が向上しました。
 ・VCOとセパレーション調整でステレオ感が大幅改善しました。

Kt750063 Kt750023 Kt750039 Kt750060 Kt750061

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・FMにはIFバンド切替(WIDE/NARROW)機能がない。
 ・前面スイッチでMUTING ON/OFFは出来るが、動作レベルの調整は出来ない。
 ・とてもシンプルな回路構成ですが、でもBGM用チューナーとしては充分ですね。
 ・オレンジ色に映える照明窓がとってもステキです。

Kt750006

« TRIO KT-7007 2号機 | トップページ | ブラック・サンド・ビーチ / 加山雄三 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/58592752

この記事へのトラックバック一覧です: TRIO KT-7500:

« TRIO KT-7007 2号機 | トップページ | ブラック・サンド・ビーチ / 加山雄三 »