フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« Zippo Handy Warmer & PEACOCK | トップページ | TRiO KT-1010 2号機 »

2013年12月 1日 (日)

TRIO KT-8001 (3)

■これまでの作業記録--------------------------------------------------

 ・TRIO KT-8001(1) 2013年09月28日
 ・TRIO KT-8001(2) 2013年10月06日

Kt800152

■部品交換記録--------------------------------------------------------

 ・追加メンテナンスとしてトランジスタ、コンデンサなど合計42個交換しました。

【電源トランスの絶縁油漏れ?】
 ・電源部基板を外して裏返す。
 ・うわっ、何これ、、こってり油のかたまり? ベタベタです。
 ・真上にあるトランスからコードを伝って流れてきたようです。
 ・ティッシュで拭き取るとこんな感じ、、
 ・これを見ちゃうと、、長時間の連続稼動が怖くなりました。

Kt800161 Kt800165 Kt800166 Kt800167 Kt800168

【電源基板】本体裏側
 ・C1:0.01uF/630WV → 0.01uF/630WV
 ・C2:0.01uF/630WV → 0.01uF/630WV
 ・C3:1000uF/35V → 1000uF/50V
 ・C4: 470uF/25V →  470uF/50V
 ・C5: 100uF/25V →  100uF/50V
 ・C6: 100uF/25V →  100uF/50V
 ※C1,C2オイルコンデンサ→メタライズドフィルムコンデンサに交換

Kt800169 Kt800170 Kt800171 Kt800173 Kt800175

【IF基板、MPX基板、AUDIO基板、SUB基板】
 ※特記事項のみ
 ・IF基板 C78:3.3uF/16V(BP) → C78だけバイポーラ型でした
 ・IF基板 C47:0.68uF/25V → タンタルコンデンサに交換
 ・SUB基板 C10:0.68uF/25V → タンタルコンデンサに交換

Kt800184 Kt800177_2 Kt800178_3 Kt800180_2 Kt800181_2

■各部受信調整--------------------------------------------------------

 ・各部の調整をやり直しました。特にMPX部は念入りに、、
【MPX部】
 ・TPから信号を拾ってWaveSpectraにて測定
 ・MPX基板:L1,L2,L5 → TP(E)19kHzのピークを最大へ
 ・MPX基板:L3,L4 → TP(F)19kHzのピークを最大へ
 ・MPX基板:VR2 → STEREOランプ点灯する位置へ

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・部品交換&再調整によって音質はずいぶん改善できました。
 ・セパレーションは約30dBから約40dBまで改善しました。
 ・「サー」という高域ノイズが気にならなくなりました。
 ・BGM用途なら十分使えると思います。
 

Kt800151

 ・<おまけ>最近調整したTRIO製チューナー3台(KT-8001、KT-7500、KT-1010)番付。
   KT-1010 >> KT-7500 > KT-8001
 ・シンセチューナーと比較しても何ですが、、やはりKT-1010の圧勝でした。

« Zippo Handy Warmer & PEACOCK | トップページ | TRiO KT-1010 2号機 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/58678221

この記事へのトラックバック一覧です: TRIO KT-8001 (3):

« Zippo Handy Warmer & PEACOCK | トップページ | TRiO KT-1010 2号機 »