フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« Victor FX-F1 | トップページ | TRiO KT-990 2号機 »

2014年5月11日 (日)

MARANTZ SH-T10

 ・2014年4月、ヤフオクで故障品を入手しました。
 ・豪華ウッドケースに納まったマランツのFM専用機です。
 ・「ブーンというハム音が入る、、」という問題があるそうです。
 ・ワクワクしますね。

Sht10_02

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・ネット検索してもオーディオの足跡以外に情報が見つかりません。
 ・ペアとなるアンプがありそうですが、型番に SH が付くチューナーは他になさそう。
 ・マランツ製品の歴史は詳しくないのでよく分かりません。

 ・オーディオの足跡 Marantz SH-T10 ¥100,000円(1983年頃)
 ・オーディオの足跡 Marantz SH-A20 ¥208,000円(1983年頃)

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・写真で見るとウッドケースは綺麗で豪華に見えますが、、
 ・実際は細かい擦り傷、引っかき傷、打ち傷が多数あってちょっと残念な状態。
 ・でもフロントパネルはほぼ無傷の状態でグッド。

Sht10_01 Sht10_03 Sht10_04 Sht10_05 Sht10_06

 ・電源オン、アンバー色に浮かび上がる照明点灯、指針自体は光らないのか?
 ・チューニング操作はスムーズ、三つのメーターは動作している。
 ・放送局周波数で受信OK、目盛りが大雑把なので多少の周波数ズレは気にならない。
 ・STEREOランプ点灯、チューニングつまみから手を離すとLOCKランプ点灯。
 ・IF切替(Wide/Narrow)、Muting動作OK、REC基準音OK。
 ・METER切替(DEVIATION/MULTIPATH)でメーター動作が変化する。

Sht10_07 Sht10_08 Sht10_09 Sht10_10 Sht10_13

 ・電源コードには 1981 の印字あり。
 ・残念ながら電源コードに黒いビニールテープを巻いた補修痕あり。
 ・出力端子は固定と可変の2系統。マルチパス出力端子はない。
 ・可変出力調整用VRの周辺パネルに変形あり。無理な力が加わった感じ?

Sht10_14 Sht10_16 Sht10_17 Sht10_18 Sht10_19

 ・入手当初の動作確認では「問題なし」と思いましたが、、
 ・可変出力端子に接触不良。端子に触れると音が出たり出なかったり。。
 ・しばらく使っていると出音に「ブーン」というノイズが乗る事象を確認。
 ・出音にノイズが乗ってもメーター動作やLED点灯に異常なし。

■内部確認----------------------------------------------------

 ・FM専用7連バリコン、Wide/Narrow切替、レシオ検波。
 ・LA1160 FM MIX,IF,AGC駆動IC
 ・LA1231 FM-IFシステム クアドラチュア検波
 ・LA3381 FM MPX復調IC

Sht10_20 Sht10_24 Sht10_26 Sht10_27 Sht10_29

 ・LA1231のクアドラチュア検波はメーター+ミューティング制御用でした。

■修理記録----------------------------------------------------

 ・ウッドケースから本体を抜き出すため裏返してみると、、
 ・ウッドケースを本体を固定するネジが4本のうち2本しかない。
 ・ネジが無い2個のネジ穴は潰れている。

Sht10_20_2 Sht10_28 Sht10_22 Sht10_46 Sht10_45

 ・出力端子のハンダ不良を疑って配線面をルーペ観察。
 ・固定出力端子のGND端子にハンダ割れ発見。
 ・ハンダ割れというよりプリント配線が基板から浮き上がって「ほぼ断線」という状態。
 ・可変出力端子のGND端子も同様の状態。
 ・周囲のグリーンレジストを剥がし、ハンダを大盛りサービスしておきました。

■調整記録----------------------------------------------------

 ・回路図もサービスマニュアルも見つかりません。
 ・以下は試行錯誤の適当調整です。

Sht10_adj

 ・FM OSC調整
   L10?,TC?
 ・トラッキング調整
   L102,103,104,105,106
 ・FM同調点調整
   L201 TP間電圧ゼロ=Tメーター中央
   R210 ミューティング調整
   R215 Sメーター振れ調整
 ・IF切替=Wide
   L111 2nd TP間電圧ゼロ
   L111 1st 二次高調波最少
   L109 二次高調波最小
 ・IF切替=Narrow
   L110,R130 二次高調波最少
 ・VCO調整
   R323 調整 TP76kHz
 ・セパレーション調整
   Wide R310,R311
   Narrow R333
 ・パイロットキャンセル
   R318,L304
 ・REC TONE調整
   RC08

Sht10_23 Sht10_25 Sht10_40 Sht10_41 Sht10_42

■試聴----------------------------------------------------

 ・豪華なウッドケースには重量級の存在感があります。
 ・アンバー色の照明とウッドケースの色合いがマッチしていてとても良い雰囲気。
 ・電源ボタンやその他のプッシュボタンが黒いプラ製で安っぽい感じ。
 ・この黒ボタンがフロントデザインの質感を損なっている感じ。
 ・受信性能は比較目安にしているNHK岐阜放送局が綺麗に聴こえるのでグッド。
 ・今度はウッドケースの補修に挑戦してみようかな、、

Sht10_13_2

« Victor FX-F1 | トップページ | TRiO KT-990 2号機 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/59625495

この記事へのトラックバック一覧です: MARANTZ SH-T10:

« Victor FX-F1 | トップページ | TRiO KT-990 2号機 »