フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« PIONEER SX-717 | トップページ | VICTOR JT-V6 »

2014年8月31日 (日)

PIONEER TX-7600

 ・2014年5月終わり、ハードオフで入手したジャンク品です。
 ・税込み540円。電球やICの部品取り目的で確保しました。

Tx760001

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 Pioneer TX-7600II ¥25,800(1979年頃)
  ※オーディオの足跡にはTX-7600IIの情報しかありません。
  ※TX-7600とTX-7600IIの違いは未調査

Tx7600

 ・Hifi Engine  PIONEER TX-6700(TX-606)
  ※周波数パネルやメータパネルの色が違うようです。
  ※サービスマニュアル、回路図が入手できます。

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードの印字は1977。本体奥行きが小さめなボディ。
 ・フロントパネルやボディに目立つキズはない。
 ・よく見るとリアパネルはプラスチック製。
 ・電源オン。メーター照明OK。
 ・周波数窓の照明なし。指針だけが光るタイプでした。
 ・FM受信OK。メーター動作OK。ミューティング動作OK。
 ・STEREOランプ点灯。実際にステレオ感もある。
 ・AM用アンテナが無いのにAMも受信OK。
 ・内部にバーアンテナを持っているのか?

Tx760003 Tx760004 Tx760005 Tx760008 Tx760009

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・予想通り内部はスカスカ。
 ・小さな基板が斜めに設置されています。
 ・やはりAMバーアンテナが内部にありました。

Tx760013 Tx760021 Tx760022 Tx760023 Tx760024

 ・FM3連AM2連バリコン搭載。
 ・CF2個→PA3001(クアドラチュア検波)→PA1001
 ・HA1197 AM用IC
 ・調整用VRは2個だけ、とってもシンプル。
 ・輸出機の回路図と比較すると基本構成はほぼ一致。

Tx760011 Tx760010 Tx760012 Tx760014 Tx760015

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・FMフロントエンド
 ・L5,TC3:FMOSC調整
 ・L2,L4,TC1,TC2:RF調整
 ・T4:歪調整
 ・T6:クアドラチュア検波調整
 ・VR1:VCO調整→TP5 76kHz
 ・VR2:パイロットキャンセル

Tx760025 Tx760026 Tx760027 Tx760028 Tx760029

 ・ミューティング調整なし
 ・Sメーター振れ調整なし
 ・セパレーション調整なし

Tx7600algn

Tx6700sche

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・FM/AMとも正常に受信します。出てくる音に特に不満なし。
 ・とてもシンプルな構成ですが性能的にはこれで十分なのかも?
 ・それにしてもフロント照明が無いとはちょっと期待外れ。
 ・周波数窓の照明が無いとアナログチューナーの魅力は半減ですね。
 ・予定通り基板だけ残して解体処分だな、、

Tx760006

« PIONEER SX-717 | トップページ | VICTOR JT-V6 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

Bluess様、お願いがあり、メールさせて頂きます。ハードオフにて中古の
ソニー製チューナーST-S333ESAを安く入手したのですが、使用上問題無いのですが、入力電界表示が変動するのが気に成ります。入力電界の変動で無い事は、もう一台のチューナー(KT-1100D)で確認したので、333ESAの問題でしょう。ひろくんさんのHPには残念ながら回路図は有りません。
表示レベルの変動は、フルスケール表示が60%位に低下し、30分位(その時により変動)で正常に成る様です。レベルが低下した表示でも、S/N低下は感じられませんので、RF段のゲイイン低下ではなく、表示回路部分かと、推測しています。何せ、回路図が無いので追い切れません。Bluess様の考えられる個所をお教え頂けると助かります。多忙中恐縮ですが宜しくお願い致します。

Bluess様 ひろくんさまのHPで、333ESGの欄にサービスマニュアルが有りました。ブロックダイアグラムですが、信号の流れは解りました。
IC,TRの温度特性かも知れません。部品の入手も難しいと思いますがチャレンジして見ます、駄目元で。お手数掛けました。

アルプス様

返信遅れて申し訳ありません。
既に解決済みかもしれませんが、ご指摘の症状からすると

・FL管周辺のハンダ不良
・FL管駆動用ICの故障
・LA1235のFM同調点ズレ

辺りが怪しいかな~と想像します。

333ESA回路図はここにあります。
http://nice.kaze.com/st-s333esa_sch.pdf

あと333ESAサービスマニュアル原本(日本語版)を持っているので、必要でしたらPDF版をお譲りします。

Bluess様
ご多忙中にも拘わらず、早速のアドバイス有難う存じます。
333シリーズはアース板の半田クラック等もあり、ご指摘の通りハンダ不良
かも知れません。確認して見ます。温度特性劣化確認は、ドライヤーと急冷で
壊さない範囲でやります(笑)SM(日本語版)が必要な時は改めてご依頼
申し上げます。有難うございました。

はじめまして。
いつもチューナーの調整で参考にさせて頂いており
ありがとうございます。
さてpioneerのF-2030という機種を入手致しました。
なかなかこの機種は調整方法がアップされておらず
どうしようかと思っておりましたが、この機種の部品配置
に非常に似ており、調整の参考にさせて頂きたいです。
もし可能であれば調整方法の詳細を再度アップ頂くことは
可能でしょうか?ご検討よろしくお願い致します。

africat2 様

この機種は基板だけ残して処分してしまいました。
音の出ない基板を見ながら調整手順をまとめました。
参考になれば幸いです。

【OSC調整】
・83MHz付近のFM局を受信→ 指針を局周波数に合わせる → TC3調整 → Sメーター最大
※本来は76MHz→L5、90MHz→TC3 の2点調整です。
※ただし、このタイプのコイル(L5)は調整が難しいので触らない方が無難です。
※よってTC3による一点調整とします。

【RF調整】
・83MHz付近のFM局を受信 → TC1、TC2調整 → Sメーター最大
※ここもコイル(L2,L4)はノータッチが無難です。

【IF歪調整】
・音声出力をWavespectraで観察
・83MHz付近のFM局を受信 → T4調整 → 高調波歪最小

【クアドラチュア検波調整】
・83MHz付近のFM局を受信 → T6調整 → Tメーター中点

【VCO調整】
・TP5に周波数カウンタ接続
・無信号 → VR1調整 → TP5=76kHz

【パイロットキャンセル】
・音声出力をWavespectraで観察
・83MHz付近のFM局を受信 → VR2調整 → 19kHz漏れ信号最小

【AM調整】
・低い周波数のAM局受信 → T5調整 → Sメーター最大
・高い周波数のAM局受信 → TC3,TC4調整 → Sメーター最大
※名古屋の場合、低い周波数=729kHz(NHK)、高い周波数=1332kHz(東海ラジオ)

BLUESS様

掲載頂いた内容にてばっちり調整できました。
かなりいい音になったのが良くわかります。
ありがございました!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/60237891

この記事へのトラックバック一覧です: PIONEER TX-7600:

« PIONEER SX-717 | トップページ | VICTOR JT-V6 »