フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« VICTOR JT-V6 | トップページ | ONKYO T-405X »

2014年9月14日 (日)

ONKYO T-405W

 ・東京ではAM3局にFMサイマル放送予備免許が交付されたそうですね。
 ・そういえば自宅に90MHz以上の周波数に対応したチューナーあったっけ??
 ・捜索の結果、 ONKYO T-405W と SONY ICF-C1200 が対応機でした。

T405w02

 ・このT-405Wはいつどこでいくらで入手したか?まったく記憶にありません。
 ・入手したままガラクタ箱に放置していました。
 ・ICF-C1200はポータブルラジオなのでT-405Wが唯一の対応チューナーでした。

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・ONKYO製ミニコン INTEC205シリーズ 初期のFM/AMチューナーです。
 ・進化系譜 T-405W → T-405X → T-405TX
 ・後期型のT-405TXの取扱説明書を読みましたが、T-405Wとほとんど同じです。
 ・T-405TX取扱説明書 <ONKYOサポート 取扱説明書ダウンロード>

■動作チェック--------------------------------------------------------

 ・外観は目立つキズなくきれいな状態。
 ・時計や周波数の表示はちょっと薄暗くなっている印象。でもちゃんと読める。
 ・FM/AMとも受信OK。周波数ズレなし。STEREOランプ点灯。
 ・オートチューニングで 76MHz~108MHzまでサーチする。
 ・AMはステレオ対応ではない。

T405w03 T405w09 T405w05 T405w06 T405w04

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードの印字「1998」
 ・フロントエンドは3連バリキャップの小さなパッケージ
 ・LA1837、LM7001

T405w10 T405w12 T405w13 T405w14 T405w15

■調整方法------------------------------------------------------------

 ・中身はひろくん様のサイトで公開されている T-405TX とほぼ同じ物です。
 ・調整方法もそのまま使えます。

T405walig

 ・半固定抵抗R111の調整方法が気になったので配線を確認しました。
 ・背面パネルを分解、基板を外して裏返し。
 ・TP101 → LA1837-26ピン・28ピン
 ・R111 → LA1837-30ピン、ジャンパ線J132で電圧測定

T405w16 T405w17 T405w18 T405w19 T405w21

 ・R111で自動選局時(FM/AM)のオートストップレベルを調整できるようです。
 ・ZIP-FM、FM三重、INTER-FM、FM愛知、NHK岐阜、NHK名古屋で止まるよう調整→1.9V

■時刻設定------------------------------------------------------------

 ・「TIMER」ボタンを数回押す
  「WEEKDAY」→「WEEKEND」→「REC」→「DAY SET」→「ADJUST」
 ・「ADJUST」選択→「MEMORY」ボタンで決定
 ・曜日設定→「PRESET」ボタンで選択→「MEMORY」ボタンで決定
 ・時刻設定→「PRESET」ボタンで選択→「MEMORY」ボタンで決定

■試聴----------------------------------------------------------------

T405w01

 ・そんなに高性能ではないものの、FM/AMとも不満なく音が出ています。
 ・不勉強だった「AM放送のFM化」についてこの機に調べてみました。
 ・総務省資料

 ・関東広域圏(東京):90.5MHz、91.6MHz、93.0MHz
 ・中京広域圏(名古屋):92.9MHz、93.7MHz
 ・近畿広域圏(大阪):90.6MHz、91.9MHz、93.3MHz
 ・総務省の資料によると広域放送以外に県域放送にも周波数割り当てがあります。
 ・注意書き「平成32年3月31日までに使用されない場合は、当該周波数について削除する。」

 ・名古屋に2局というのは当然CBCラジオと東海ラジオですね。
 ・T405Wは今のところ使い道ありませんが、これが役に立つ日は来るでしょうか??

« VICTOR JT-V6 | トップページ | ONKYO T-405X »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。

不要かとは思いますが、T-405X,TX海外モデル用SMをメールに添付・送付しました。

JT様

サービスマニュアルを受け取りました。
誠にありがとうございます。

JT様のブログを拝見しました。ちょうど同じタイミングで同じ事をしていたようですね。

実は昨日のHO巡回でT-405Xを540円で確保してきました。今までまったく興味無かったくせに、急に愛おしくなってくるから不思議です。

T-405W のFMステレオインジケーターが最近消えます。5分程度すると消灯するのです。
いろいろネットで調べましたが分かりませんでした。もしかして原因をご存じでしたら、解決方法をアドバイス頂けますでしょうか。
アンテナは外部5素子八木アンテナを利用しています。どの放送局でも同じく消灯してしまいます。チューニングインジケーターは点灯しています。一端バンド切り替えでAMにしてFMに戻すとまた受信出来ます。電波が悪いと思い、昨日屋根のアンテナ調節行いましたが、全く改善出来ませんでした。やはり本体に原因があるようです。困りました。

FMアンテナは問題なさそうなので、あと考えられるのは可能性は T-405WのFM同調点が経年変化でズレたことでしょうか?

リンク先のひろくん様のサイトを参考にして「FM同調点調整」をお試しください。
専用の測定器不要、電圧を測定するテスターがあれば調整できます。

【補足】
・電波の強い地元FM局を受信した状態で、
・TP101の二つの端子間にDC電圧計をセットし、
・L101を回しながら電圧を0Vに合わせる
・できることはこれだけです。

・金属製ドライバーは避け、セラミックドライバーなどを使用。
・なければ、割りばしの先端をナイフで削った代用品でOKです。
・他のコイルやVRの調整は測定器が無いと難しいです。

返信有り難うございます。同調点がずれているのでしょうか。
休みの日に蓋を開けて、一度探したいと思います。L101は見つかりましたが、TP101が分かりませんでした(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/60313303

この記事へのトラックバック一覧です: ONKYO T-405W:

« VICTOR JT-V6 | トップページ | ONKYO T-405X »