フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« PIONEER F-8800X | トップページ | TRiO KT-1100 修理記録 (2) »

2014年10月 5日 (日)

ONKYO T-422M

 ・2014年9月、実は T-405X と一緒に買ってきました。
 ・FM108MHz対応だけでなく、AMステレオにも対応しています。
 ・税込み540円、、こんなものばかり買ってどうするんだ、、

T42204

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オンキョー T-422M インテック275シリーズ
 ・1996年6月発売

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・外観は目立つキズなし。なかなかの美品です。
 ・時計や周波数表示は結構明るい。劣化している印象はない。
 ・FM/AMとも受信OK。周波数ズレなし。STEREOランプ点灯
 ・オートチューニングで76MHz~108MHzまでサーチ。
 ・AMではCBCラジオ(1053kHz)でSTEREOランプ点灯。
 ・特に不具合なさそう。

T42201 T42202 T42205

■内部確認、調整記録--------------------------------------------------

T422algn

 ・電源コードの印字「1999」
 ・フロントエンドは3連バリキャップの小さなパッケージ
 ・LA1206、LA3401、LM7001、MC13028AP

T42211 T42212 T42213 T42214_2

 ・L101:TP電圧ゼロ(検波調整)
 ・L102:高調波歪最小
 ・R101:ミューティング調整
 ・R201:セパレーション調整

T42215 T42216 T42217 T42218

 ・T-405W/Xには無かったセパレーション調整VRがある。
 ・上記調整で50dBほど確保。

■時計設定------------------------------------------------------------

 ・ACCUCLOCK機能で自動設定できません。
 ・設定モードの入り方
 ・MEMORYボタンを押しながらDISPLAYボタンを押す

 ・DISPLAYを何回か押してADJUST表示にする
  ・MEMORYを押す
 ・TUNING/PRESETボタンを何回か押してMANUALを表示
  ・MEMORYを押す
 ・TUNING/PRESETボタンで曜日を合わせる
  ・MEMORYを押す
 ・TUNING/PRESETボタンで時刻を合わせる
 ・MEMORYを押して設定モードを終了

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・見た目はかなり美品、周波数や局名表示が明るくて見やすい。
 ・FM/AMとも不満なく聴けます。
 ・名古屋ではCBCラジオがまだAMステレオ放送を続けています。
 ・T-405W、T-405X、T-422MとFM108MHz対応機が続きましたが、、
 ・結局AMステレオにも対応したT-422Mを残すことにしました。
 ・T-405WとT-405Xは欲しいと言う知人に譲渡。

T42203

« PIONEER F-8800X | トップページ | TRiO KT-1100 修理記録 (2) »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/60425875

この記事へのトラックバック一覧です: ONKYO T-422M:

« PIONEER F-8800X | トップページ | TRiO KT-1100 修理記録 (2) »