フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« ONKYO T-422M | トップページ | SONY ST-5140 修理記録 »

2014年10月12日 (日)

TRiO KT-1100 修理記録 (2)

 ・修理依頼品の作業報告です。
 ・FMの周波数ズレが大きく、-2MHz辺りの周波数で受信するそうです。
 ・FM局発トリマコンデンサが怪しい?

Trio_kt110005

■状況確認------------------------------------------------------------

 ・ワンオーナー品で、十数年ぶりに通電したら不調だったそうです。
 ・確かに-2MHz辺りの周波数でFM放送を受信します。
 ・各FM局はズレた周波数でそれぞれ受信可能。STEREOランプ点灯。
 ・聴こえてくる音は特に違和感なし。
 ・Wide/Narrow切替、Muting調整、タッチセンサーなど動作OK。
 ・二つのメータ動作もOK。AM放送は正常に受信OK。
 ・問題はFM受信時の周波数ズレだけのようです。
 ・電源ケーブルの印字「1982」

Trio_kt110001 Trio_kt110002

■修理記録------------------------------------------------------------

 ・フロントエンド内、OSCトリマコンデンサを回しても反応なし。
 ・思い切りグルグル回しても周波数が変わらない。
 ・ここはこの時期のトリオ製チューナー共通の弱点です。

Trio_kt110020 Trio_kt110022 Trio_kt110024 Trio_kt110025 Trio_kt110026

 ・バリコンユニット上に新トリマ(青色10pF)を直付けしました。
 ・足の短いタップネジを穴に埋め込みGND側端子としました。
 ・下記受信調整によって周波数ズレは解消しました。

Trio_kt110027

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・83MHz付近では目盛りと指針がぴったり合いますが、両端では多少ズレます。
 ・フロントエンド内コイルが調整不可なのでこの点はご容赦ください。

Trio_kt110010 Trio_kt110021 Trio_kt110012 Trio_kt110015 Trio_kt110011

■試聴----------------------------------------------------------------

Trio_kt1100algn

 ・修理後連続3日間動作確認しました。大丈夫そうです。
 ・歪率、セパレーション特性は素晴らしい値が出ています。
 ・KT-1100、やはり良い機種ですね。

Trio_kt110006

■修理について--------------------------------------------------------
 ・当方はプロの技術者・修理屋ではありません。FM大好きの趣味が高じた素人です。
 ・大切な愛機の修理調整はメーカーサービスに依頼されることをお勧めします。
 ・JVCケンウッドとなった今でも古いトリオ製品の修理を受け付けてくれます。
 ・オーディオ修理専門の業者さんも多々あります。
 ・実験材料としてご提供いただける場合のみ修理をお引き受けします。
 ・万一作業中に壊してしまっても笑ってお許しいただけることが条件です。

 

« ONKYO T-422M | トップページ | SONY ST-5140 修理記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

Bluess様 いつも楽しく拝見しています。
このフロントエンドで、OSCトリマーの調整だけでは周波数レンジが合わないことがありますよね。
自分のKT-1000も入手時に周波数レンジが狭く気になるため、フロントエンドのOSCコイルの巻き数を1/4巻きだけ増加させて解消しました。
作業は単純なのですが、ダイヤルの糸掛やフロントエンドユニットを外して復元する方がめんどうで、やる気があれば、、、という感じです。

ところで、このフロントエンドはAMも3連かつ周波数直線仕様なんですね。KT-1000、1100ともAMでもセンターメーターとIF帯域切替が効いて、かつ周波数直線目盛りで...当時の主力ソースへの力の入れようが判りますね。

exjf3eqs

いつもアドバイスありがとうございます。

OSCコイルの巻き数を変える作業は試したことがありません。
最近はフロントエンドユニットを外すことはほとんどしなくなりましたが、糸解きや糸掛けは得意作業なので、まずはジャンク機で挑戦してみます。

Bluess様

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。

PioneerのF-700が故障したかと思い(実際は単純な操作ミスでした。汗)
急遽KT-1100を入手しましたが、こちらに書かれているのと、ほぼ同じ症状です。

バリコンユニット上に新トリマ(青色10pF)の直付けにチャレンジしてみようと
思っておりますが、使用されているトリマは現在も入手可能でしょうか。
グーグルで検索してみると村田製作所のTZ03Z100F169B00が近いと
思われましたが、生産が終了していて入手が困難なようです。
代替品を含めて入手先と型番をお教え頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Daylight 様

こんばんは。お問合せいただきありがとうございます。
ここで使っているトリマはご指摘の通りZ03Z100F169です。ずいぶん前に秋月電子の通販でまとめて買いました。先ほど通販サイトを見たところ10pFだけ在庫がなかったですが他のショップで見つかると思います。

それから別タイプのトリマでもOKですし、調整ポイントがシビアになりますが20pFタイプでも使えると思います。参考までに過去の修理事例の写真にリンクを張っておきます。

修理例1修理例2

Daylight 様,BLUESS 様

10pFのトリマはラジオハウスに在庫があります。
http://radiohouse.ec-net.jp/index.html
型番はTZ03Z100FR110で,在庫数97個となっています。
私も時々利用しています。
ヤフオクにも出ていますね。

BLUESS 様、Dr. GERO 様

丁寧なお返事ありがとうございます。
地方在住ですので、いくつか通販サイトを見てまわりましたが、
TZ03Z100F169B00は、どのショップでも在庫がありませんでした。

Dr. GERO様が教えてくださったTZ03Z100FR110で代用しようと思います。
初心者ですが今後ともよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

BLUESS 様、Dr. GERO 様

お世話になります。
TZ03Z100FR110が届きましたので、
BLUESS 様の修理例を参考に取り付けてみました。
サイズの合う足の短いタップネジがありませんでしたので、
GND(マイナス)側は、穴の近くに直付けしました。
このため、トリマがかなり傾いています。

受信感度も上がり、周波数のズレも3MHz近く低かったものが、
1.5MHz程度まで改善されましたが、時間をかけて調整していこうと思います。
拙宅の環境では、83MHz付近のFM局が受信できませんので、
NHK-FM(88.7MHz)で調整しています。

また、お尋ねすることもあると思いますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/60465810

この記事へのトラックバック一覧です: TRiO KT-1100 修理記録 (2):

« ONKYO T-422M | トップページ | SONY ST-5140 修理記録 »