フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« KENWOOD KT-727 | トップページ | KENWOOD L-01T »

2014年11月 9日 (日)

Lo-D FT-420

 ・2014年9月、修理調整のご褒美として古いチューナーを頂戴しました。
 ・フロントパネルに「PLL MPX CIRCUIT」と表示があります。
 ・使われているIC確認と電球など部品取り用途にピッタリです。

Ft42007

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 Lo-D FT-420 ¥45,000(1976年頃)

 ・上記サイトの解説を読むと、使われているICの型番まで記載がありました。
 ・1976年製、HA1137、HA1156。
 ・開腹する瞬間が楽しみなのに、、楽しみが無くなっちゃいました。

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・長期保管品との事で、外観は傷も少なく外観はまずまずの状態。
 ・アルミ製フロントパネルはキレイな状態。
 ・背面にはマルチパス出力端子。電源コードの印字「1976」

Ft42001 Ft42003 Ft42004 Ft42005 Ft42006

 ・電源オン。周波数窓と二つのメーター照明ランプ点灯。
 ・FM/AMとも受信OK。二つのメーター動作OK。
 ・STEREOランプ点灯。ミューティング動作OK。
 ・MPX NOISE FILTERスイッチをオンにすると高音域が減衰。
 ・特に不具合は無さそう。

Ft42009 Ft42011 Ft42012 Ft42013

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・フロントエンドはFM4連AM2連の小さなユニット→CF3個
 ・HA1137(クアドラチュア検波)
 ・HA1156(PLL MPX-IC)
 ・HA1138(AM SYSTEM)

Ft42020 Ft42021 Ft42022 Ft42023 Ft42024

 ・照明窓は周波数を印刷したアクリル板を裏から電球で照らす透過照明です。
 ・凝った造作がまったく無いので見た目はちょっと安っぽい感じ。
 ・周波数窓の照明色と二つのメーター窓の照明色が微妙に違うのも気になる。

Ft42025 Ft42026 Ft42027 Ft42028 Ft42029

■調整記録------------------------------------------------------------

【FM関係】
 ・OSC調整:L105、TC104
 ・RF調整 L101,L102,L103、TC101,TC102,TC103
 ・IFT調整:T101
 ・検波調整:T102(下段:同調点、上段:高調波歪)
 ・VR201:Sメーター調整
 ・VR202:ゲイン調整
 ・VR301:ミューティング調整
 ・VR302:VCO(19kHz)→ TP
 ・VR303:セパレーション調整
【AM関係】
 ・T252、背面バーアンテナ、TC??

F420_align

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・この時期の中級チューナーの鉄板構成(HA1137→HA1196)です。
 ・性能はごく普通、でも特に不満なし。
 ・意外な発見! が無かったのが残念でした。

Ft42008

« KENWOOD KT-727 | トップページ | KENWOOD L-01T »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/60623390

この記事へのトラックバック一覧です: Lo-D FT-420:

« KENWOOD KT-727 | トップページ | KENWOOD L-01T »