フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« SONY ST-S333ESXII 調整記録 | トップページ | TRIO KT-8100 »

2014年11月30日 (日)

TRIO KT-7100

 ・2014年9月末、ハードオフでジャンク品を入手しました。
 ・トリオ製チューナーの中では入門機クラスです。
 ・高性能は期待できないと思いつつ、でも未体験機種だったので購入。
 ・アルミ製ツマミ、電球、ICなど部品取り用と思えば税込1,080円はお得か?

Kt710006

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 TRIO KT-7100 ¥39,800(1977年発売)
 ・輸出機情報は見つかりません。無かったかも?

1979trio_7100

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・周波数窓の造作やスイッチ・ツマミ形状はKT-7300とソックリです。
 ・部分的に見ると周波数窓の造作は KT-7700、KT-7500と同じ。
 ・スイッチやツマミの形状は KT-8000と同じ。
 ・背面を見るとF型端子が無い、マルチパス出力端子が無い、可変出力のみ。

Kt710003 Kt710004 Kt710005 Kt710009 Kt710011

 ・外観は薄汚れているものの目立つキズはない。結構きれい。
 ・ツマミやレバーの汚れ、手垢はクリーニングで輝きを取り戻しそう。
 ・レバースイッチ台座部分の金具にサビ。
 ・電源コードの印字「1976」

 ・電源オンOK、周波数窓の照明点灯OK、メーター照明点灯OK。
 ・背面バーアンテナでAM放送受信OK。Sメーターが大きく振れる。
 ・FMアンテナ接続。+0.2MHz周波数ズレ、でも受信OK。
 ・二つのメーター動作OK。SメーターMAXとTメーター中央がちょっとズレる。
 ・STEREOランプ(赤LED)点灯。聴感上もステレオ感あり。
 ・MUTING動作OK、OUTPUTレベルに多少のガリあり。
 ・MPX FILTER オンにすると聴感上高音域が減衰する。
 ・目立つ不具合はなく、分解清掃と受信調整で復活しそう。

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・予想通りコンパクトな基板に最小限の部品構成。かわいい電源トランス。
 ・FM4連、AM2連バリコン
 ・HA1137 FM IF SYSTEM (クアドラチュア検波)
 ・HA1156 FM MPX
 ・HA1197 AM SYSTEM

Kt710001 Kt710020 Kt710021 Kt710022 Kt710023
Kt710024 Kt710025 Kt710026 Kt710027 Kt710028

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・検波調整コイルL9(上段・下段)
 ・フロントエンド調整
 ・VR1:VCO調整 → TP(19kHz)
 ・VR2:セパレーション調整

Kt7100algn

 ・調整用VRは2個だけ。超シンプルです。

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・BGMで聴くだけならFM/AMともまったく不満なく使えます。
 ・金属的なシルバーパネルと暖かいオレンジ照明がよくマッチしています。
 ・この雰囲気というか存在感がオールドチューナーの魅力です。

Kt710008

« SONY ST-S333ESXII 調整記録 | トップページ | TRIO KT-8100 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/60736839

この記事へのトラックバック一覧です: TRIO KT-7100:

« SONY ST-S333ESXII 調整記録 | トップページ | TRIO KT-8100 »