フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« TRIO KT-8000 2号機 修理記録 | トップページ | ROTEL RT-1024 »

2014年12月28日 (日)

PIONEER F-1500

 ・2014年8月末、ハードオフで入手したジャンク品です。
 ・TX-7600とそっくりですから中身は想像できます。
 ・でもラックハンドルが別機に流用できるかも??
 ・税込み540円。とりあえず確保してきました。

Pioneer_f150003

■製品情報-------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 Pioneer F-1500 ¥28,500(1977年3月)

F1500

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・ラック耳とラックハンドルが無ければ TX-7600 と同じです。

Pioneer_f150002 Tx760001

 ・フロントパネルやボディに目立つキズはない。
 ・電源オン。メーター照明OK。
 ・周波数窓の照明なし。指針だけが光るタイプ。
 ・FM受信OK。メーター動作OK。ミューティング動作OK。
 ・STEREOランプ点灯。実際にステレオ感もある。
 ・内部バーアンテナでAMも受信OK。

Pioneer_f150001 Pioneer_f150004 Pioneer_f150005 Pioneer_f150006 Pioneer_f150007

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・予想通りTX-7600とまったく同じ。
 ・FM3連AM2連バリコン搭載。
 ・CF2個→PA3001(クアドラチュア検波)→PA1001
 ・HA1197 AM用IC
 ・調整用VRは2個だけ、とってもシンプル。
 ・輸出機TX-6700の回路図が参考になります。

Pioneer_f150010 Pioneer_f150011 Pioneer_f150013 Pioneer_f150014 Pioneer_f150015

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・TX-7600の調整記録 参照
 ・FMフロントエンド
 ・L5,TC3:FMOSC調整
 ・L2,L4,TC1,TC2:RF調整
 ・T4:歪調整
 ・T6:クアドラチュア検波調整
 ・VR1:VCO調整→TP5 76kHz
 ・VR2:パイロットキャンセル

Pioneer_f150016 Pioneer_f150017 Pioneer_f150018 Pioneer_f150019 Pioneer_f150012

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・FM/AMとも正常受信。音質に特に不満なし。
 ・PA3001+PA1001の組み合わせはこの時期のPIONEER製チューナーの定番です。
 ・実はラックハンドルを他機に移植しようとしたのですが、
 ・ネジ位置が微妙に違って流用不可。残念でした。。
 ・それにラックハンドルはプラスチック製でした。さすがローコスト機。

« TRIO KT-8000 2号機 修理記録 | トップページ | ROTEL RT-1024 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140763/60878998

この記事へのトラックバック一覧です: PIONEER F-1500:

« TRIO KT-8000 2号機 修理記録 | トップページ | ROTEL RT-1024 »