フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« ONKYO Integra T-455 | トップページ | NEC Aterm MR03LN »

2015年4月 5日 (日)

SONY ST-S333ESXII 修理調整記録

 ・2015年3月中旬、333ESXIIの調整作業を承りました。
 ・0.2~0.3MHzの周波数ズレがあるそうです。
 ・以下、作業内容をご報告します。

333esxii02

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・サイドウッドの無い個体でした。
 ・天板に少し擦り傷あり。フロントパネルはほぼ無傷。
 ・電源OK。FMは-0.2MHzの周波数ズレ。82.5MHzNHK-FMを82.3MHzで受信。
 ・名古屋で受信できるFM局はすべて-0.2MHzでAUTO選局OK。
 ・ズレた周波数でSTEREOランプ点灯。MUTING動作OK。
 ・IF BAND切替OK。ただしNARROW側では感度悪化しSTEREOランプ点滅。
 ・周波数ズレのせいか、どのFM局も歪っぽく割れた音質。
 ・手元にあったAMループアンテナを接続してAMも動作確認。
 ・AMに周波数ズレなし。名古屋のAM局はすべて受信OKでした。
 ・CAL TONE出力 OK。

333esxii01 333esxii05 333esxii03 333esxii04

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・この個体は2012年に専門業者さんによる修理調整作業を受けているそうです。
 ・フロントエンドのトリマコンデンサ、数個の電解コンデンサ交換済み。
 ・メモリ保持用コンデンサも交換済み。アースバーのハンダ補修済み。
 ・IF段の歪調整用コアが割れている。

333esxii10 333esxii11 333esxii12 333esxii13 333esxii14
333esxii15 333esxii16 333esxii17 333esxii18 333esxii19
333esxii20 333esxii21 333esxii22 333esxii23 333esxii24
333esxii25 333esxii26 333esxii27 333esxii28 333esxii29

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・海外版SMの記述をベースにして一部アレンジしました。

【FM同調点調整】
 ・IFT205調整 LA1235-7pin~10pin間電圧ゼロ ※50mV
 【VT電圧調整】
 ・IC803-5pin電圧測定
 ・90MHz L104調整 21.0V±0.2V ※21.3V
 ・76MHz 確認のみ 8.0V±1.0V ※7.9V
【SST回路調整】
 ・SST調整はVT電圧調整後、かつトラッキング調整前に行うこと
 ・76MHz受信 RT801調整 IC802-11pin電圧 → 0V
 ・90MHz受信 IC802-9pin電圧 → 14V確認 ※13.9V
【トラッキング調整】
 ・IC203(LA1235)-13pin(又はRT204)電圧max
 ・76MHz L101,L102,L103
 ・90MHz CT101,CT102,CT103
【PLL検波調整】
 ・TP201をGNDに落とす
 ・IFT207調整 TP202 DC電圧ゼロ
 ・CT201調整 歪最小
【IF歪調整】
 ・Wide受信、MUTINGオフ
 ・IC203(LA1235)-13pin電圧計セット
 ・RT202、RT203 時計回り一杯に回す
 ・SSG出力20dBモノラル信号送信
  ・IFT201調整 電圧最大へ   ※コア割れのため調整不能
  ・IFT101調整 電圧最大へ
 ・SSG出力80dBにセット
  ・IFT203、RT202を交互に調整 歪最小へ
 ・SSG出力20dBにセット、Mutingオン
  ・IFT202調整 電圧計最大へ
 ・SSG出力80dBステレオ信号送信
  ・IFT204、RT203を交互に調整 歪最小へ
【STEREOインジケータ調整】
 ・RT206 SSG出力20dBでステレオインジケータ点灯
【パイロットキャンセル】
 ・RT303、L301 19kHz信号漏れ最小 左右バランス確認
【セパレーション調整】
 ・RT301 R→L
 ・RT302 L→R
 ※60dB
【Sメーター調整】
 ・RT204
【MUTINGレベル調整】
 ・RT205
【CAL TONE】
 ・Peak Level-5.8dB 344Hzの波形が出ていました。
【AM調整】
 ・RT401 Sメーター調整
 ・RT402 AUTOSTOP調整

Schematic

<調整結果>
 ・FMの不調原因は IFT205 FM同調点の大幅なズレでした。
 ・再調整によって良い性能を取り戻したと思います。

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・名古屋で受信できるFM局を周波数通りにAUTO受信します。
 ・AMは死んでいる、、とのことでしたがAMも正常動作します。
 ・手持ちのループアンテナで受信調整したので、これを同梱しました。

333esxii06

 ・ただ、前回調整から僅か2年で0.2MHzもの周波数ズレ、ちょっと不可解です。
 ・人為的要素が無いとすると、別の不調原因があるかもしれません。
 ・今後また不具合が発生しましたらご一報ください。

« ONKYO Integra T-455 | トップページ | NEC Aterm MR03LN »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

最近、Hard Off でsony ST-S333ESXIIを見つけ、「受信できました」の表示があり、購入しました。感度等は素晴らしいのですが、ステレオになりません。
シグナル表示はフルを示しても、左右両方からモノラル音で出力されます。受信周波数のズレやその他の不具合は無さそうです。アースバーの半田付け部1箇所にクラックがあり、全箇所半田盛りをやってみましたが解決しません。
貴方様の知見から、ステレオにならない原因としてどんなことが考えられるでしょうか。お忙しいところ恐縮ですがご教示頂きたく、お願い致します。
また、修理をお願いするとしたら、お引き受けして頂けますでしょうか。
(私は、神奈川県大和市に在住の68歳男性です。本欄にこの様な事を書き込んでご迷惑でしたら、申し訳ありません。)

昨日(6/6)、HardOffで入手した本機(Sony ST-s333ESXII)がステレオにならないと書き込みましたが、その後で【FM同調点調整:IFT205調整 LA1235-7pin~10pin間電圧ゼロ ※50mV】をやっていたらステレオになり、問題が解決しました。
昨日の書き込みを撤回致します。済みませんでした。

加藤様

レス遅れて申し訳ありません。

既に解決済みのようですが、また何か問題がありましたら遠慮なくお問合せください。
プロフィール欄をご覧いただくと私の連絡先メアドをご確認いただけます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ONKYO Integra T-455 | トップページ | NEC Aterm MR03LN »