フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« SONY ST-5150D 調整記録 | トップページ | SONY ST-S333ESXII 修理調整記録4 »

2015年6月 7日 (日)

SONY ST-5000

 ・2015年4月初め、「F」が付かない ST-5000 の修理調整を承りました。
 ・ST-5000F と ST-5000 の違いに興味あります。
 ・以下、作業記録です。

St5000207

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・SONY ST-5000  1967年 88,000円
 ・SONY ST-5000F 1969年 98,000円

St5000200 St5000202 St5000203 St5000204 St5000205

 ・フロントエンドのトランジスターがFETに代わり型番にFETの「F」が付けられた。
 ・ST-5000F の輸出機型番は「ST-5000FW」でした。
 ・勘を働かせて「ST-5000W」をキーワードに検索すると海外サイトが多数ヒット。
 ・「F」は FET の頭文字だったはず。
 ・「W」は ?、、ひょっとして WORLD の頭文字とか?

St5000210 St5000212 St5000213 St5000214 St5000215

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネルに目立つ傷はなく状態は良好。
 ・ただボディや背面パネルには擦り傷やサビがあります。
 ・300Ω端子にFMアンテナを接続して電源オン。
 ・二つのメーター照明点灯。周波数窓の照明も点灯、ただしちょっと暗い印象。
 ・Sメーターは勢いよく振り切れる。Tメーターも動作OK。
 ・83.0MHzのテスト信号を83.2MHz付近で受信する。+0.2MHz程度の周波数ズレ。
 ・FM放送モノラル受信OK。ただしLchの音量が極端に小さい。
 ・STEREOランプ点灯しない。実際に聞こえてくる音もモノラル。

 ・ここまで確認したときに電源コードが損傷していることに気付きました。
 ・特に本体付け根側が断線寸前。プラグ側付け根も芯線が見える状態でした。
 ・通電中に気が付いたので、すぐさま作業中断。

■修理記録1:電源コード交換-------------------------------------------

 ・このままでは作業が進まないので、損傷した電源コードを交換しました。
 ・部品取り用に保管していたSONY ST-5150Dの電源コードを外して移植。
 ・コードストッパーは内側から丁寧に外して再利用しました。
 ・交換後もオリジナルに近い雰囲気は保っています。
 ・パッと見では電源コードが変わったとは気付かないでしょう。
 ・でも良く見るとコードの印字が「1974」に変わっているところがミソ。

St500001 St500002 St500045 St500046 St500051

■動作再確認----------------------------------------------------------

 ・動作確認再開。
 ・そういえばTメーターの針の振れ方が変?左右逆じゃないか?
 ・75Ω端子に同軸ケーブルを接続すると受信感度が大幅低下。
 ・Mutingは正常に動作しているようです。

<問題点>
 ・75Ω端子の配線確認。
 ・+0.2MHz周波数ズレ
 ・Tメーター振れ方が左右逆
 ・ステレオ受信不可
 ・左右の音量レベルの違い

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・5連バリコン → 7段のLCフィルタ → レシオ検波 → MPX
 ・回路構成は ST-5000F とは全く違いますね。
 ・照明用電球は修理済み。ただ配線がかなり変更されている。
 ・STEREOランプ点灯しないが球切れではない。電球仕様12V100mA。
 ・トランジスタや電解コンデンサーがいくつか交換済み。
 ・75Ωアンテナ端子からの内部配線が切断されている。
 ・既にかなり手が加えられた個体のようです。

St500003 St500004 St500005 St500009 St500011
St500030 St500031 St500033 St500034 St500035

■修理記録2:Tメーターの針の振れ方が逆---------------------------------

 ・たぶん電球配線を変更した先人が、作業時にメーター配線を一時的に外したと思います。
 ・その後復旧するときに配線を逆にしたようです。
 ・Tメーターに繋がる配線を逆にすると針の振れ方が正常に戻りました。

St500021 St500022 St500023 St500024 St500025

■回路図購入----------------------------------------------------------

 ・ST-5000(国内)→ ST-5000W(海外)
 ・ネット上で無料の回路図を探しましたが発見できず。
 ・アメリカのマニュアル販売サイト Manual-in-PDF でサービスマニュアルを購入しました。
 ・7.98米ドル。支払いはPayPalです。
 ・ここは今まで10回以上利用していますが、今のところ購入トラブルなし。
 ・回路図と詳細な部品リスト、合計10ページのコンテンツでした。
 ・部品リストに日付がありました。1967年6月。
 ・調整方法の解説ページはなかったです。

St5000adj2

■回路図と実機の照合--------------------------------------------------

 ・照合の結果、実機と回路図はほぼ一致しました。
 <パーツリストより抜粋>
 ・フロントエンドユニット FMC-023W1 回路図
 ・フロントエンドユニット FMC-023J1 実機
 <IFユニット>
 ・IFT215 DET primary
 ・IFT216 DET Secondary
 <MPXユニット>
 ・T506,T508 Coil 19Kc Trap
 ・T507      Coil 67Kc
 ・T503 19kc doubler
 ・T504 38Kc pickup
 ・T505 38kc switching

■仮調整--------------------------------------------------------------

 ・問題箇所を特定するために現状のベスト状態に調整してみました。

5000upper 5000lower

【OSC 調整】
 ・D202上側(Sメーター電圧確認ポイント)
 ・90MHz C106:調整OK
 ・76MHz L105:周波数が変化しない
<課題>
 ・高い周波数では指針と目盛りはぴったり合います。
 ・L105で調整不可。低い周波数では+0.3MHzほどのズレが解消できません。
【RF調整】
 ・D202上側(Sメーター電圧確認ポイント)
 ・90MHz:C102,103,104,105
 ・76MHz:L101,102,103,104
 ・IFT101,102
【IF部調整1】
 ・SSGから10.7MHzを直接入力
 ・VR201 RF-ATT 最大位置に設定
 ・D202上側(Sメーター電圧確認ポイント)
 ・IFT201,202,203,204,205,206 → Sメーター電圧最大
 ・音声出力をWaveSpectraで観察、最大出力ポイントを確認
【IF部調整2】
 ・R276(電圧確認ポイント)
 ・IFT207,208,209,210,211,212,213,214 → Sメーター電圧最大
 ・音声出力をWaveSpectraで観察、最大出力ポイントを確認
【レシオ検波調整】
 ・IFT215:高調波歪調整
 ・IFT216:Tメーター中央
【Muting調整】
 ・D209電圧確認
 ・IFT217,218調整 D209電圧最大へ
 ・実際のMuthing動作レベルは背面パネルVR202で調整
【既に交換済み部品】
 ・X213:2SC403 → 2SC1815
 ・X217:2SC401 → 2SC1815
<課題>
 ・トランジスタ2個が既に交換済み。
 ・IF回路のIFTコアがひどくズレていました。
 ・ミューティング動作OK。
 ・IF回路は問題無さそうです。
【MPX調整】
<実機と回路図との相違箇所>
 ・X503 2SC401(回路図)→2SC631(実機)
 ・ステレオ復調調整不可
<交換済み部品>
 ・C523 10uF/25V
 ・C526,527 30uF/12V
<動作不良1>
 ・Lchの音が小さい
 ・X511(B)=X512(B)
 ・X511(C)≠X512(C)
<動作不良2>
 ・STEREOランプが点灯しない
 ・X501(B)正常
 ・T503入力側までOK、出力側に信号なし
 ・スイッチング信号が出ていない。

■修理記録3:Lchの音が小さい---------------------------------------

 ・この現象はステレオ復調後のトランジスタ不良が怪しいか?
 ・MPX回路のトランジスタにICクリップを引っ掛て出音を直接確認。
 ・すぐに不良箇所発見。Lch X511 2SC401コレクタ出力がRchより大幅に小さい。
 ・X511 2SC401 → 2SC1815 交換
 ・ところが症状が改善しない??
 ・それなら電解コンデンサーが原因か? C525 10u/25V 交換。
 ・でもやはり改善せず。
 ・C525、X511周辺を重点捜索したところ、プリント基板側の配線断裂を発見。
 ・この近くの電解コンデンサ C527(30uF/12V)→ 47uF/50V に交換済み。
 ・半田ごての先端が滑った勢いでプリント配線を切断したような痕跡です。

St500066 St500070 St500071 St500072 St500073

 ・切断箇所にハンダを被せて修理完了。出音確認。
 ・Lchのレベルが上がってRchとほぼ同レベルに回復しました。
 ・トランジスタや電解コンデンサの交換は無用でした

■修理記録4:MUTING不調---------------------------------------------

 ・左右の音量差問題が解消したところでモノ受信で再度動作確認。
 ・電源投入から3時間ほど経つとMUTING動作が不調になる。
 ・十分な信号強度があるにも関わらずMUTINGが作動して聞こえなくなる。
 ・動作確認でIF回路は正常と思いましたが、MUTING制御用トランジスタの不調か?。
 ・トランジスタX213/2SC403→2SC1815 既に交換済み
 ・今回は X214,215,216/2SC401→2SC1815に交換しました。
 ・特にX216のベース足が切れかかっていました。
 ・ついでにX211,X212/2SC403→2SC1815交換。
 ・MUTING動作は正常になったと思います。

St500011_2 St500012 St500013 St500014 St5000107

■修理記録5:STEREOランプが点灯しない。

 ・STEREOランプの電球自体は生きています。単純なタマ切れではない。
 ・ステレオ復調、パイロット信号によるスイッチングができていない。

St5000mpx2 St5000mpx22

 ・詳細調査の結果、T503の一次側で信号が確認できません。
 ・回路図を追って怪しいトランジスタX502(2SC401)→2SC1815に交換。効果なし。
 ・その他多くのトランジスタとコンデンサを交換しましたが改善なし。
 ・T503は既に外した痕跡がありました。
 ・試しにT503を外して確認すると、T503内部で断線していました。
 ・目視でも分かります。細い線が端子との接合部で3か所切れています。
 ・T501、T502、T503は用途は違いますが同じ型番の部品でした。
 ・T501、T502ともコア割れ。T503は内部断線で使用不可。
 ・T503はスイッチング信号38kHzを生成するコイルです。

St500057 St500060 St500061 St500062 St500065

 ・部品取り用のLUXMAN T-300Vから同等部品を取り外して実験基板を制作。
 ・これを新T503として接続してみるとSTEREOランプが点灯しました。
 ・本来はT502で19kHzを最大に調整するようですが、コア割れのため正確に調整できません。
 ・T502の割れたコアをグリグリいじって試行錯誤で最適位置を見つけてボンド固定。
 ・STEREOランプ点灯しますがちょっと暗いです。

St5000111 St5000114 St5000115 St5000118 St5000119

■動作確認---------------------------------------------------------

 ・STEREOランプが点灯するようになったのでMPX回路を再調整しました。
 ・STEREO受信時に左右の出力レベル差あります。Lchがやや小さい(-6dB程度)
 ・MONO受信時は左右同レベル。
 ・ステレオ分離後のトランジスタや電解コンデンサを交換しましたが改善せず。
 ・セパレーション値は25dB程度とよくないです。
 ・やはり別機種から移植した代替品ではスイッチング動作が正常ではないかも?
 ・一応ステレオ受信しますが、モノラルで聞いた方が良い音で聴けます。
 ・作業は一旦ここまでとします。

St5000209

■記念写真--------------------------------------------------------

 ・私のST-5000Fと並べてみました。
 ・意外なことに、周波数を刻んだガラス板サイズが違いました。
 ・周波数目盛りの間隔も違います。
 ・ガラス板が流用できそう、、と思ったらアテが外れました。

St5000251 St5000252 St5000254 St5000253

« SONY ST-5150D 調整記録 | トップページ | SONY ST-S333ESXII 修理調整記録4 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

ブルース様
 いつも拝見させて頂いています、貴重なST-5000の修理記録ありがとうございます。私も同時期に入手し、修理解析を行いました。下記URLに記事と実機から読み取り作成した回路図を公開しておりますので、宜しければご訪問下さい。

http://home1.catvmics.ne.jp/~sowa/

フェニックス様

ご案内いただいたサイトを拝見しました。
丁寧に書かれた内容でとても勉強になりました。

今回入手した海外版回路図と実機はほぼ一致しました。
もし必要でしたら私が入手した海外版サービスマニュアルを提供いたします。
フェニックス様の回路図の完成度向上に役立つかもしれません。
MPX基板裏面に追加されたスチコン容量と表面を合わせると回路図通りの値になりました。

当方の電源ランプは緑色でしたが、本来は赤色なんでしょうか?
既に相当手が加えられた個体だったので本来の姿がよく分かりません。

貴重な情報をありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

ブルース様

 さっそくご訪問いただきありがとうございます、今後ともよろしくお願いいたします。
 入手された資料、宜しければ拝見させて下さい。

 電源ランプについて詳しくは分かりませんが、少なくとも初期は赤色のようです。同時期に発売されたアンプTA-1120Aの電源ランプも赤色です。その前のTA-1120もセーフティランプは緑でしたが、電源ランプは赤色でした。ただ、SONYは型名を変えずにマイナーチェンジすることがあるので、ST-5000も後期型は緑色だったのかもしれません。

BLUESS様

はじめましておいたんと申します。
いつもため息つきながら修理記録、アナログチューナーを拝見しておりました。

私の年齢的にはシステムコンポ全盛であり、チューナーはほぼシンセサイザー式でした。現在使っているチューナーもシンセ式のテクニクスST-G80Tです。

しかしこのサイトを拝見しているうちにどうしてもバリコン式のアナログなチューナーに癒やされてみたくなり、この度テクニクスのST−8080を譲り受けることができました。
私もバリコン式アナログチューナーの世界に!!

早速、使ってみたところ、
・チューニング位置の大幅なズレ
・AMもFMもピンクノイズ?もLchからしか音声がでない
(FMについてはステレオランプは点灯するのに)
という状態でした。

修理などやったこともなくそのための機材も持ちあわせておりませんので四苦八苦しております。

こちらのサイトなどを参考にしながら勉強のつもりでがんばっていますが・・・(いかんせん機材もなく電子回路も半田もほとんど未経験^^;)。

いつの日か私もBLUESS様に一歩でも近づきたい!!

今後も素敵で貴重なチューナーの記録を楽しみにしております。

ちなみに修理を諦めた場合、BLUESS様にて修理をお引き受けいただけるのでしょうか?やはり素人があちこちいじったあとでは無理なのでしょうか?

おいたん様

こんばんは。
コメントいただきありがとうございます。

Technics ST-8080(海外版)の回路図は持っています。
国内機との照合は出来ていませんが、参考資料としてメールでお送りします。

Technics ST-8080の修理調整は未体験なので興味あります。
研究素材としてご提供いただけるのであればチャレンジさせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SONY ST-5150D 調整記録 | トップページ | SONY ST-S333ESXII 修理調整記録4 »