フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

チューナー関連リンク

« SONY ST-5000 | トップページ | SANSUI TU-S707X 修理調整記録3 »

2015年6月14日 (日)

SONY ST-S333ESXII 修理調整記録4

 ・2015年5月末、SONY ST-S333ESXIIの調整依頼を承りました。
 ・電解コンデンサなどは既に交換済みとのこと。
 ・以下、作業内容のご報告です。

333esxii06

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 SONY ST-S333ESXII ¥49,800(1987年発売)
 ・1987年10月発行「SONY ES テクノロジーカタログ
 ・Hifi Engine ST-S730ES 海外版サービスマニュアル

333esxii01 333esxii03

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・天板に擦り傷、わずかに凹みあり。フロントパネルはほぼ無傷。
 ・電源OK。FM受信OK。周波数ズレなし。AUTO選局OK。
 ・IF BAND切替OK。MUTING動作OK。STEREOランプ点灯。
 ・MPX FILTERオフにすると音が歪む感じがします。
 ・MPX FILTERオンでは違和感なし。
 ・CAL TONE出力 OK。
 ・付属AMループアンテナでAMの動作確認。
 ・AM受信OK。

333esxii10 333esxii14 333esxii15 333esxii16 333esxii17
333esxii18 333esxii19 333esxii20 333esxii21 333esxii22

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・依頼者様によって多くの電解コンデンサが既に交換済みでした。
 ・海外版SMの記述をベースにして一部アレンジ。

【FM同調点調整】
 ・IFT205調整 LA1235-7pin~10pin間電圧ゼロ ※調整前実測315mV
 【VT電圧調整】
 ・IC803-5pin電圧測定
 ・90MHz L104調整 21.0V±0.2V ※調整前実測21.2V
 ・76MHz 確認のみ 8.0V±1.0V ※調整前実測7.98V
【SST回路調整】
 ・SST調整はVT電圧調整後、かつトラッキング調整前に行うこと
 ・76MHz受信 RT801調整 IC802-11pin電圧 → 0V
 ・90MHz受信 IC802-9pin電圧 → 14V確認 ※調整前実測13.9V
【トラッキング調整】
 ・IC203(LA1235)-13pin(又はRT204)電圧max
 ・76MHz L101,L102,L103
 ・90MHz CT101,CT102,CT103
【PLL検波調整】
 ・TP201をGNDに落とす
 ・IFT207調整 TP202 DC電圧ゼロ ※調整前実測118mV
 ・CT201調整 歪最小
【IF歪調整】
 ・Wide受信、MUTINGオフ
 ・IC203(LA1235)-13pin電圧計セット
 ・RT202、RT203 時計回り一杯に回す
 ・SSG出力20dBモノラル信号送信
  ・IFT201調整 電圧最大へ
  ・IFT101調整 電圧最大へ
 ・SSG出力80dBにセット
  ・IFT203、RT202を交互に調整 歪最小へ
 ・SSG出力20dBにセット、Mutingオン
  ・IFT202調整 電圧計最大へ
 ・SSG出力80dBステレオ信号送信
  ・IFT204、RT203を交互に調整 歪最小へ
【STEREOインジケータ調整】
 ・RT206 SSG出力20dBでステレオインジケータ点灯
【パイロットキャンセル】
 ・RT303、L301 19kHz信号漏れ最小 左右バランス確認
【セパレーション調整】
 ・RT301 R→L ※調整後実測56dB
 ・RT302 L→R ※調整後実測54dB
【Sメーター調整】
 ・RT204
【MUTINGレベル調整】
 ・RT205
【CAL TONE】
 ・Peak Level-5.4dB 298Hzの波形が出ていました。-6dBに調整。
【AM調整】
 ・RT401 Sメーター調整
 ・RT402 AUTOSTOP調整

333esxii40 333esxii23 333esxii24 333esxii25 333esxii26

<調整結果>
 ・特にPLL検波調整によって歪率が小さくなりました。
 ・セパレーション値も大幅に改善しました。
 ・ただ、過去のESXII事例と比較するとちょっと物足りない感じです。

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・調整前後でそれぞれ基準音信号を録音した音をご確認ください。
 ・MPX FILTER オフにすると歪感がやや大きくなります。
 ・通常は MPX FILTERオン で使用した方が良いです。

333esxii07

■新たな発見-----------------------------------------------------------

 ・依頼者様のご指摘で新たな発見がありました。
 ・オーディオ回路最終段のLPFが今まで見た個体とは違います。
 ・過去に見た事例と回路図ではオペアンプを使ったアクティブ型ですが、、
 ・今回の ESXIIではモジュール型のLPFでした。

333esxii50
今回のST-S333ESXII
333esxii51
過去のST-S333ESXII

 ・これまでESXIIを見るときはいつもMPX-ICの型番に注目していました。
 ・今回もCXA1064でしたが、ESXIIには LA3450を載せた個体もあります。
 ・実はLA3450を実装した個体を見たいと思い、ESXIIの修理調整をお引き受けしています。
 ・いつも新たな発見があって楽しいです。
 ・ありがとうございました。

« SONY ST-5000 | トップページ | SANSUI TU-S707X 修理調整記録3 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

こん**は

以前ST-C01でお世話になりましたぽんたです。

この度LPFについて知見を頂戴したくコメントさせて頂きました。
型番が同じチューナーが二台ありそれぞれLPFが違います。
一台は今回の333ESXⅡのようにモジュールで調整ができるタイプ、
もう一台はCとRで時定数?が固定されたユニットタイプの黒いボックスの様なものが付いています。

前者の方が一年新しい製造です。
部品の関係でたまたま違うのか、或いは仕様変更により改変されたのか?わかりませんがこの二つのLPFはどちらが優れていかという優劣がつけられるものでしょうか?

モジュールタイプの物は調整することにより、良否は別として周波数特性の
下限を変更できるのでは?と思えたりもします。

逆に経年変化で設定値がズレてくることも考えられるような気もします。
ユニットの物は固定なので経年変化には強い?ような気もします。

この辺の考え方はどうなんでしょう?

宜しくお願いします。

ぽんた様

333ESXIIのLPFは、ここで紹介した2種類以外に3種類目があるということでしょうか?
製品の定価が変わっていないということはコスト差は無く、性能も大差ないのではないかと想像します。でも、どんな事情で設計変更があったのか?興味ありますね。

音声出力をWaveSpectraで観察すると15kHz以上の波形の様子でLPFの特性の違いを見ることができます。15kHz以上がバッサリ切られていたり、19kHz前後だけが凹んでいたりと機種によって異なります。

ただLPFに関する知識が無いので、その形式の違いによる優劣はよく分かりません。調整するときもLPFはノータッチです。

LPFが劣化すると酷いノイズ源になります。333シリーズではありませんが、他機種で最近LC一体型LPFの故障事例によく遭遇します。原因はどれもコンデンサの劣化だったので、どんな形状のLPFでも劣化は避けられないと思います。

ぽんたです。

説明が不十分ですみません。補足いたします。

333ESXIIではないソニー製の別のチューナについてのことです。

それと一つ訂正があります、ユニットタイプの物はCとRではなくCとLの間違いでした。

製造が新しい方がモジュールタイプになっているのですがネットで見かける内部画像は全てユニットタイプの物ばかりです。

LPFが劣化するとノイズが出る記事は機種は失念しましたがこのサイトにありましたね、以前拝見しました。

このケースを考えるとモジュールではないタイプの方が安定度は高いような気がします。
ユニットタイプは黒いケースの中にCとLが組み込まれていておそらく分解して素子交換はできないのでしょう。

333ESXIIの場合はユニットではなくフィルムコンデンサが基板付けですから寿命が長い様にも思われますね。
一体型の劣化コンデンサはフィルムではなく電解だったのでしょうか?
そうだとすると、モジュール型や一体型の物よりも333ESXIIのオペアンプ+フィルムコンデンサタイプが一番信頼性が高そうですね。

ちなみにユニットタイプのLPFはhttp://bluess.cocolog-nifty.com/labo/2006/12/sony_sta5.html
の物と同じものの様です。

モジュールを回して高域特性が良くなるかななんて思いましたが回す箇所が3か所で詳細不明なのでノータッチにすることにしました。

有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SONY ST-5000 | トップページ | SANSUI TU-S707X 修理調整記録3 »