フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« TRIO KT-8100 修理調整記録 | トップページ | TRIO KT-700 »

2015年7月19日 (日)

ONKYO Integra T-466

 ・2015年5月末、チューナー修理のご褒美としてT-466をいただきました。
 ・経年の汚れがあるもののキズはほとんど無く状態は良さそうです。
 ・外観は同時期の上位機 T-455 とそっくり。
 ・さて、両機の違いは何でしょう?

T46603

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 ONKYO Integra T-466 ¥44,000(1971年頃?)
 ・海外版の情報は見当たりません。

T46602 T46611

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードの印字「1973」
 ・ブロンズ色のアルミ製フロントパネル、ウッドボディともに目立つキズは無い。
 ・電源オン。青緑色の照明窓が浮かび上がる。二つのメーター照明点灯。
 ・指針照明点灯して赤く輝いています。
 ・「FM」「AM」のポジションランプが点灯しない。電球切れか?
 ・Sメーター最大位置とTメーター中央位置が少しずれる。
 ・+0.2MHz周波数ズレ。STEREOランプ点灯。MUTING動作OK。
 ・背面バーアンテナを使ってAM受信OK。
 ・可変出力VRに多少のガリあり。
 ・電球切れ以外に顕著な不具合は無さそうです。

T46604 T46605 T46606 T46613 T46614

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・ウッドボディを開けると内部は大量に積もったホコリ。
 ・清掃のためフロントパネル分解。
 ・フロントパネルの構造は上位機のT-455と共通でした。
 ・「FM」「AM」のポジションランプは電球切れではありませんでした。
 ・元から電球がなかったです。上位機455と同じ位置に取り付け穴だけありました。

T46650 T46651 T46652 T46653 T46656

 ・FM4連AM2連バリコンユニット→IF回路→レシオ検波→ディスクリートMPX
 ・上位機T-455と比較すると回路構成、基板の様子は全く異なります。
 ・背面パネル「AUDIBLE」スイッチ
 ・オンにするとマルチパスV信号が可変出力R端子から聞こえます。
 ・回路図で確認、実機で動作を確認しました。

T46630 T46631 T46632 T46633 T46634
T46635 T46636 T46637 T46638 T46639
T46640 T46641 T46642 T46643 T46644

■調整記録------------------------------------------------------------

【レシオ検波調整】
 ・何も受信しない状態 L105上段コア調整→Tメーター中央
【FM OSC調整】
 ・90MHz TCo調整→Sメーター最大
 ・76MHz Lo調整→Sメーター最大
【FM受信調整】
 ・90MHz受信 TCA,TCR1,TCR2調整→Sメーター最大
 ・76MHz受信 LA,LR1,LR2調整→Sメーター最大
 ・83MHz受信 IFT→Sメーター最大
【検波歪み調整】
 ・L105下段コア調整→二次高調波最少
【セパレーション調整】
 ・STEREO信号→L201調整→D201電圧最大へ
 ・L+R信号送信→L202調整→Lch出力最大へ
 ・R223→セパレーション調整
【MUTING調整】
 ・R704→MUTING作動位置調整
【AM調整】
 ・受信調整 フロントエンドAM1,AM2、L-107、バーアンテナ内部コイル

T466algn

■T-455、T-466記念写真------------------------------------------------

 ・外観、スイッチ類の配置、機能は上位機T-455と同じです。
 ・ブロンズ色のフロントパネルに白文字の組み合わせが特徴的。
 ・赤く光る太めの指針も良いアクセントになっています。
 ・背面パネルはM型のFMアンテナ端子以外は両機同じです。

T46620

T46621 T46622 T46623 T46624 T46625

« TRIO KT-8100 修理調整記録 | トップページ | TRIO KT-700 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

BLUESS様
いつも大変楽しく勉強させて頂いております。
T-466いいですねぇ。
最近T-466NⅡを手に入れたのですが、これとはずいぶん見た目の印象が違います。
T-466NⅡはT-455NⅡと同じ白いダイヤルスケールです。
緑色の照明もとてもいいものですね。
BLUESSさんがお気に入りの癒やし照明色ランキングがあったら教えてください。
私は癒やしチューナー初心者なのでまだオレンジと白以外に実際には所有しておりません。
次は何色にしようかと音質よりも照明具合で物色中です。

おいたん様

ようこそ、ステキな癒やし系チューナーの世界へ、、(笑)

私はSONYの緑色照明が一番のお気に入りです。
ST-5000、ST-5130、ST-5140、ST-5150、ST-5150D辺りですね。

次はPIONEERの青色照明でしょうか。
TX-910、TX-810、TX-710が代表選手です。

Technicsのオレンジ照明もお気に入りです。
ST-9300、ST-9030、ST-8600、ST-8200

約1ヶ月ごとにBGM用チューナーを取り替えながら雰囲気を楽しんでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRIO KT-8100 修理調整記録 | トップページ | TRIO KT-700 »