フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« TRIO KT-1010 修理調整記録2 | トップページ | ONKYO Integra T-466 »

2015年7月12日 (日)

TRIO KT-8100 修理調整記録

 ・2015年5月、KT-8100の修理調整作業を承りました。
 ・不具合多数ありましたが復旧できました。
 ・以下、作業報告です。

Kt810009_2

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 TRIO KT-8100 ¥42,000(1978年発売)
 ・輸出機 KENWOOD KT-615
 ・発売時期はKT-8300(¥63,000)と同じ。でも周波数窓のデザインは微妙に異なる。
 ・KT-8300とともにパルスカウント検波部が専用IC化(TR4010)された世代。

Kt810002 Kt810003 Kt810004 Kt810005 Kt810006

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネル左下にちょっと目立つキズ。このキズ以外は状態良好。
 ・ツマミやレバーの汚れ、手垢はクリーニングで輝きを取り戻しそう。
 ・黒いボディは経年の汚れ、錆びている部分もあり。背面パネルの穴は何?

Kt810001 Kt810010 Kt810012 Kt810014 Kt810015

 ・電源コードの印字「1979」
 ・電源オンOK、メーター照明点灯OK。周波数窓の照明が点灯しない。、
 ・FMアンテナを300Ω端子に接続。
 ・選局ツマミを回すと「バリバリ、ガリガリ」といいう物凄いノイズ発生。
 ・ノイズに合わせてSメーターが激しく振れる。
 ・FM局を受信しているのか?していないのか?さっぱり分かりません。

 ・この症状はバリコン軸の接触不良が原因です。
 ・76MHz~90MHz間を何度も往復させたところバリバリノイズがちょっと軽減しました。
 ・この状態でもう一度地元FM局の受信テスト。
 ・ノイズに隠れていたFM局の放送を受信できました。
 ・二つのメーター動作OK。SメーターMAXとTメーター中央がちょっとズレる。
 ・STEREOランプが点灯しない。聴感上もステレオ感がない。
 ・Wide/Narrowの切替は出来ている模様。MUTINGが作動しない。
 ・MPX FILTER オンにすると聴感上高音域が減衰する。
 ・AM放送は背面バーアンテナで受信OK。
 ・FM/AMともRch出力がかなり小さい。

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・FM4連、AM2連バリコン
 ・HA1137 FM IF SYSTEM (クアドラチュア検波)
 ・TR4010A パルスカウント検波
 ・MC1496N
 ・HA1196 FM MPX
 ・HA1197 AM SYSTEM

Kt810020 Kt810021 Kt810022 Kt810025 Kt810026
Kt810027 Kt810028 Kt810030 Kt810031 Kt810033

■修理記録:窓照明電球交換--------------------------------------------

 ・周波数窓をライトアップする電球は1個だけ。正面から見て左側。
 ・12V0.15A。ジャンク品から部品取りした同型電球に交換。

Kt810041 Kt810042 Kt810044 Kt810045 Kt810040

■修理記録:バリコン軸清掃--------------------------------------------

 ・フロントエンド内、バリコン軸を爪楊枝先端で丹念に清掃。
 ・固化した潤滑剤のような物体が出てきます。
 ・新たにコンタクトグリースを軽く塗布して完了。
 ・激しいバリバリノイズはきれいになくなりました。

Kt810023 Kt810050 Kt810051

■修理記録:HA1196交換------------------------------------------------
 
 ・バリバリノイズが無くなったところで再度受信確認。
 ・STEREO音声が出ていない。STEREOランプ点灯しない。Rchが小さい。
 ・VCO調整→76kHz、しかしSTEREOランプ点灯しない。
 ・HA1196-9ピン 電圧不安定に変動
 ・HA1196 6ピンRch音声、7ピンLch音声 ともにモノラル。
 ・原因はHA1196不良と判断。中古機から部品取りしたHA1196に交換。
 ・ICソケットを使ったので再交換も簡単。

Kt810030_2 Kt810060 Kt810061 Kt810062 Kt810063

■修理記録:STEREOランプ交換------------------------------------------

 ・HA1196交換によってHA1196-9ピン電圧安定。
 ・しかしSTEREOランプが点灯しない。
 ・これは電球切れでした。
 ・同型品に交換してようやくSTEREOランプ点灯しました。

Kt810070 Kt810071 Kt810072 Kt810073 Kt810075

■修理記録:Rchの出力が小さい-----------------------------------------

 ・HA1196の左右出力は正常。
 ・これ以降の部品を追って不良箇所を捜索。
 ・Q6/2SK105不調発見。手持ち品から 2SK246 に交換。
 ・左右の音量差が解消されました。
 ・ついでにQ7/2SK105も交換。

Kt810080 Kt810081 Kt810082

■修理記録:ミューティングが効かない----------------------------------

 ・当初はミューティング回路を疑ってトランジスタをいくつか交換。
 ・しかし症状は改善せず。
 ・左右音量差原因だった2SK105がミューティング回路にもあった。
 ・Q5/2SK105 これを2SK246に交換。
 ・これでミューティング動作正常になりました。

Kt810026_2 Kt810083 Kt810084

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・Mutingオフ、MPX Filterオフ
 【フロントエンドOSC調整】IF=Wide
 ・76MHz → L4調整 → Sメーター最大
 ・90MHz → TC1調整 → Sメーター最大
 【トラッキング調整】
 ・76MHz → L1,L2,L3調整 → Sメーター最大
 ・90MHz → TC2,TC3,TC4調整 → Sメーター最大
 【IF GAIN調整】
 ・Narrow受信 → VR1調整 Wide受信レベルをNarrowに揃える
 【FM同調点調整】
 ・83MHz Sメーター最大位置 → L11調整 → Tメーター中央
 【高調波歪調整】
 ・フロントエンド内 L6調整 → 高調波歪最小
 【第2OSC調整】
 ・83MHz → L17調整 → 1.96MHz
 【VCO調整】
 ・VR4調整 → TP76kHz
 【セパレーション調整】
 ・VR2 → Narrow調整
 ・VR3 → Wide調整
 【AM調整】
 ・IF調整 1053kHz(CBCラジオ) → L13調整 → Sメーター最大
 ・729kHz(NHK第一) → L12,背面バーアンテナ → Sメーター最大
 ・1332kHz(東海ラジオ) → TC5,TC6調整 → Sメーター最大

Kt8100align

Kenwood_kt615_schematic_m

■試聴---------------------------------------------------------------

 ・FM/AMとも良い音で受信しています。
 ・お預かりしたときは「これは直せるかな??」と思いましたが、、
 ・何とか復活できて安堵しました。

Kt810008

« TRIO KT-1010 修理調整記録2 | トップページ | ONKYO Integra T-466 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRIO KT-1010 修理調整記録2 | トップページ | ONKYO Integra T-466 »