フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« TRIO KT-5000 | トップページ | SONY ST-A6B »

2015年8月16日 (日)

VICTOR JT-V45 修理調整記録2

 ・2015年6月末、Victor JT-V45の修理調整を承りました。
 ・以前調整した経験のある機種です、、と思って油断していたら、、
 ・予想外に難航した作業の記録です。

Jtv4503

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 VICTOR JT-V45 VICTOR ¥39,800(1976年頃)
 ・取扱説明書 PDF版

Jtv4501 Jtv4504 Jtv4505 Jtv4506 Jtv4509

■動作確認------------------------------------------------------------

<ご指摘の症状>
 ・受信はするものの感度が異常に悪くて聞けるような状態ではない。

<動作確認>
 ・電源コードの印字 1976
 ・電源オン。指針先端だけが緑色に光る。二つのメーター照明点灯。
 ・アンテナを接続してFM放送を受信確認。
 ・Tメーター中央とSメーター最大が一致しないが、動作はOK。
 ・STEREOランプ赤く点灯。聞こえてくる音にSTEREO感あり。
 ・MUTING動作OK。HI-BLENDでは高域が抑えられる効果確認。
 ・333HzテストトーンOK。ピンクノイズ発生機能O0K。
 ・+0.2MHz程度の周波数ズレ。
 ・不規則に「ボソッボソッ」というノイズが発生。
 ・ここまで約1時間FM番組を聴いていたところ、突然受信音が消失。

 ・Sメーターが不規則に振れTメーターが中央から外れる。
 ・チューニングつまみを回すと受信状態が回復する位置があるが安定しない。
 ・受信周波数が不規則に変動している感じ?
 ・ご指摘の症状はこの状態を指しているようです。

■修理記録:局発回路トランジスタ--------------------------------------

 ・異常発生時には局発部の発信周波数が不規則に変動する。
 ・これは局発回路のトランジスタが怪しい?
 ・局発部TR、バッファ部TR交換
 ・X104:2SC461 → 2SC829
 ・X105:2SC461 → 2SC829
 ・ご指摘の症状はこれで解消したと思います。
 ・ところが何度も弄っているうちにトリマコンデンサが壊れてしまいました。
 ・トリマを回しても容量が変化しません。
 ・ここはジャンク機から取り外した中古部品に交換して復旧。

Jtv4530_2 Jtv4533_3 Jtv4532

■修理記録:HA1137交換------------------------------------------------

 ・受信中に不定期に「ボソッボソッ」というノイズが載ります。
 ・FM音声は正常に聴こえますが音声に被ってノイズが聴こえます。
 ・ノイズ発生時、SメーターとTメーターは正常に動作している。
 ・音声出力端子から遡ってノイズ源を捜索。
 ・HA1137のクアドラチュア検波出力端子から既にノイズが載っている。
 ・HA1137 → HA1137W ジャンク機から部品取りした中古ICに交換。
 ・これで「ボソッボソッ」ノイズが無くなりました。

Jtv4550 Jtv4551 Jtv4552 Jtv4553

■修理記録:オペアンプ交換--------------------------------------------

 ・FM放送受信中に突然+0.3MHzの受信ズレ発生。
 ・82.5MHzのNHK-FMを聴いていると突然82.8MHz付近で受信するようになる。
 ・ずれた位置にチューニングすると正常音声が聴こえる。
 ・ズレ幅は+0.3MHzで一定。不安定に揺れることはない。
 ・しばらくするとまた勝手に本来の周波数82.5MHzに戻る。
 ・不具合の発生頻度は不定期で2~3日正常動作することもある。

 ・この原因が分からずに苦戦しました。
 ・局発部の温度補償型コンデンサ全数交換。
 ・ミキサ部TR、IF増幅TR交換 2SC535 → 2SC1929
 ・RF増幅FET 2SK55 → 2SK55
 ・フロントエンド周辺で上記部品を交換しても効果なし。

Jtv4560 Jtv4561 Jtv4562 Jtv4563

 ・異常時のTメーターの動き方はTUNING HOLDが作動するときと似ている。
 ・これは受信中に+0.3MHzの周波数に引き込まれる現象かも??
 ・ひょっとしてTUNING HOLD機能が誤作動しているかも?
 ・でもTUNING HOLDスイッチのON/OFFに関わらず症状は発生する。
 ・TUNING HOLDスイッチに繋がる緑色のケーブルを追う。
 ・ケーブルは基板側のIC103オペアンプに繋がっている。
 ・オペアンプの型番が消えていたのですが、外してみると基板に記載あり。
 ・IC103 NJM4558D これを手持ちの中古品に交換
 ・ついでにオペアンプに繋がる電解コンデンサ2個交換。
 ・1週間連続稼動でも周波数ズレは発生しなくなりました。

■受信調整------------------------------------------------------------

 ・1号機の調整記録 に倣って各部再調整。

Jtv45

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・ご依頼をいただいてから随分時間がかかってしまいました。
 ・部品交換して1週間動作確認。これを繰り返していたので時間を要しました。
 ・主な原因は局発トランジスタ故障、HA1137故障、オペアンプ故障でした。
 ・安定して受信できるようになったと思います。
 ・もしも不具合が再発した場合はご一報ください。

Jtv4508

« TRIO KT-5000 | トップページ | SONY ST-A6B »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRIO KT-5000 | トップページ | SONY ST-A6B »