フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« KENWOOD KT-2020 修理調整記録 | トップページ | FPGAチューナー 2号機(改) »

2015年10月18日 (日)

VICTOR T-55

 ・2015年8月夏休み、HOでジャンク品を買いました。税込1,080円。
 ・第一印象で VICTOR T-2020 によく似ていると感じました。
 ・外観だけでなくチューニングつまみを回すときの重厚フィーリングも同じ。
 ・これはPTL検波を搭載した新機種発見か?

T5505

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 VICTOR T-55 ¥45,000(1978年頃)

T5503 T5504

 <T-55の特徴 ~オーディオの足跡から引用~>
  ・上位機 JT-V77 と同等のフロントエンドやIF、MPX回路を採用。
  ・新設計の広帯域検波回路搭載。
 ・つまり検波部以外はJT-V77と同等ということ。
 ・JT-V77を調べてみると検波部は PTL(Phase Tracking Loop)方式です。
 ・ということは T-55の検波回路はPTL方式ではなくて「新設計の広帯域検波回路」。
 ・「新設計の広帯域検波回路」って何でしょう?

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源オン。周波数窓の照明は上品な白色です。
 ・TメーターとSメーターはLED点灯タイプ。※要確認:LEDかフィラメント電球か?
 ・+0.3MHzの周波数ズレ。
 ・Tメーター中点とSメーター最大点が一致しない。
 ・STEREOランプ点灯、HOLDランプ点灯。MUTING動作OK。RECトーンOK。
 ・OUTPUTレベルVRに多少のガリ。
 ・AMもOK。
 ・大きな不具合は無さそうです。

T5501 T5506 T5507 T5508 T5510

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・FM4連、AM2連バリコン
 ・HA11211 FM-IF
 ・HA11223W PLL-MPX
 ・HA1197 AM SYSTEM

T5520 T5523 T5524 T5525 T5526
T5527 T5528 T5529 T5530 T5531

 ・基板の配置はT-2020によく似た感じです。
 ・でも検波回路はずいぶん異なります。
 ・「新設計の広帯域検波回路」とはHA11211を使ったクアドラチュア検波でした。
 ・特別な付加回路は無さそうです。
 ・残念、新種発見ならず、、でした。
 ・SメーターとTメーターはLED式でした。
 ・見た目はT-2020と似ていますが、T-2020はフィラメント電球を並べていました。

T5512 T5513 T5514

■調整記録------------------------------------------------------------

【FM同調点調整】
 ・TP13-TP14間にDC電圧計セット(Tメーター電圧)
 ・83MHz受信 最適受信位置を探す
 ・T102上段コア → ±0V
【FM OSC調整】
 ・TP-12 DC電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・76MHz受信→L104調整→ 電圧最大
 ・90MHz調整→TC104調整→電圧最大
【FM RF調整】
 ・76MHz受信→L101,L102,L103調整→Sメーター最大
 ・90MHz受信→TC101,TC102,TC103調整→Sメーター最大
 ・上記作業を数回繰り返す
 ・83MHz受信→T101調整→Sメーター最大
【検波歪調整】
 ・WaveSpectraにて観測
 ・83MHz受信→T102下段コア→二次高調波歪最小
【VCO調整】
 ・TP18に周波数カウンタ接続
 ・R191調整→76kHz±100Hz
【パイロットキャンセル調整】
 ・WaveSpectraにて観測
 ・R195調整→19kHz漏れ信号最小
【セパレーション調整】
 ・R326調整→Rch
 ・R327調整→Lch
【REC レベル調整】
 ・R336調整→ メイン出力-6dB
【AM部調整】
 ・背面バーアンテナ、L107
 ・フロントエンド TC-AM1,TC-AM2

Victor_t55

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・性能は並みクラスですが、白く浮き上がる照明窓が上品な印象です。
 ・緑色LEDメーターがくっきり明るくて周波数窓とよい対比です。
 ・チューニングつまみの回転フィーリングがずっしり重くて高級感あります。

T5511

« KENWOOD KT-2020 修理調整記録 | トップページ | FPGAチューナー 2号機(改) »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KENWOOD KT-2020 修理調整記録 | トップページ | FPGAチューナー 2号機(改) »