フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

チューナー関連リンク

« YAMAHA T-1 修理調整記録 | トップページ | TRIO KT-9900 2号機 »

2015年11月 8日 (日)

KENWOOD L-01T 2号機

 ・2015年9月初め、L-01T の故障品を研究用に寄贈していただきました。
 ・漆黒パネルに映えるオレンジ照明がとても美しい機種です。
 ・これは何としても修理して使える状態にしたい!
 ・以下、修理作業の記録です。

L01t03

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオ懐古録 KENWOOD L-01T ¥160,000(1979年)
 ・オーディオの足跡 KENWOOD L-01T ¥160,000(1979年頃)
 ・Hifi engine KENWOOD L-01T 輸出機のサービスマニュアルが入手できます。
 ・KENWOOD L-01T 1号機の記録

L01t02 L01t11

■故障状況------------------------------------------------------------

 ・バリコン軸を回転させるプーリーが外れている。
 ・接続部品(ギア、ワッシャー)も外れている。
 ・プーリーに巻かれていた糸も当然解けている。
 ・バリコン軸を手動で回すとTメーターとSメーターは反応しFM放送を受信する。

L01t51 L01t52 L01t53 L01t54 L01t55

■修理記録:外れた部品の復旧------------------------------------------

 ・外れた部品(ギア、ワッシャー)が同梱されていたので助かりました。
 ・まずは外れた部品をバリコン軸に組み付けます。
 ・次に外れた糸を巻き付ける。
 ・糸掛けの手順はサービスマニュアルに記載あります。
 ・多くのバリコンチューナーを分解して糸掛け方法を練習した甲斐がありました。

L01t57 L01t63 L01t58 L01t64 L01t61

■修理記録:85MHz以上が選局できない-----------------------------------

 ・不思議なことに指針が85MHzより上の周波数に移動できません。
 ・チューニングつまみは回りますが、糸がスリップして指針が動かない状態です。
 ・もう一度糸を解いてバリコン軸の回転具合を確認すると普通に回転できます。
 ・指針の動きを観察すると、指針を載せている台座が何かに引っ掛かるようです。
 ・障害物は何も無さそうなのに??

L01t71 L01t70 L01t72 L01t73 L01t80

 ・原因がよく分からないまま清掃を兼ねてフロントパネルを外してみました。
 ・フロント四隅にある丸いプラスチック蓋を外すと隠しネジがあります。
 ・正面から指針の動きを観察するとやはり何かに引っ掛かります??

L01t81 L01t82 L01t83 L01t84 L01t85

 ・照明用豆電球が載っている基板を外したところ、、原因が分かりました!
 ・電球を覆うように貼り付けてある白いアクリル板が右斜め下方向にずり落ちています。
 ・これは電球の光を拡散するためのアクリル板だと思います。
 ・両面テープで基板に貼り付けてありましたが接着力が弱まったのでしょう。
 ・ずり落ちたアクリル板が指針台座にぶつかる位置が84MHz~85MHz付近だったわけです。
 ・アクリル板を一旦剥がして再度張り直して復旧しました。
 ・これで指針がスムーズに移動するようになりました。

■再調整--------------------------------------------------------------

 ・1号機 に倣って各部再調整しました。
 ・故障個所は特にありませんでした。
 ・調整ズレの修正によって良い性能を取り戻したと思います。

L01t20 L01t21 L01t22 L01t23 L01t30
L01t31 L01t32 L01t33 L01t34 L01t35

■FM多重放送によるノイズ問題------------------------------------------

 ・SCA調整は前回1号機と同じ方法で調整できました。
 ・新しい VICS WIDE でも L-01T は従前の調整方法でノイズを回避できます。
 ・KT-9900では SCAスイッチが頻繁に ON/OFF を繰り返す症状がありました。
 ・L-01TとKT-9900のSCAスイッチ回路を比較してみました。
 ・L-01T回路図に記された「SCA TUNED」回路でフィルターが一段少ないです。
 ・コイル型番は同じ。試しに取り替えてみましたが変化なしでした。

Sca_2

【L-01T】
 ・検波信号 → L10 → L11 → IC9(NJM4559)(1/2) → D36 → IC9(NJM4559)(2/2)
 ・部品番号 L10=00050-05-081
 ・部品番号 L11=0050-05-0081
 ・SCA FILTER
 ・部品番号 L12,L13,L14,L15=0048-05-081
【KT-9900】
 ・検波信号 →  →  L6 → IC2(NJM4559)(1/2) → D4 → IC(NJM4559)(2/2)
 ・部品番号 L9 =0050-05-871
 ・SCA FILTER
 ・部品番号 L1,L2,L3,L4=0048-05-871

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・漆黒のフロントパネルに映えるオレンジ照明が抜群に美しいです。
 ・フロントに目立つひっかきキズがあるのがちょっと残念、、
 ・でも中身は再調整によって良い性能を取り戻しました。
 ・インテリア兼BGM機として大切に使わせていただきます。

L01t06

« YAMAHA T-1 修理調整記録 | トップページ | TRIO KT-9900 2号機 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YAMAHA T-1 修理調整記録 | トップページ | TRIO KT-9900 2号機 »