フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« TRIO KT-9900 2号機 | トップページ | KENWOOD KT-1100D 修理調整記録 »

2015年11月22日 (日)

TRIO KT-7100 修理調整記録

 ・2015年10月、TRIO KT-7100の修理調整作業を承りました。
 ・発売当時に購入してずっと大切に使ってこられた大切な機種だそうです。
 ・古くても愛着あるチューナーを何とか復活させたい、、
 ・以下、作業内容をご報告します。

Kt710008

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 TRIO KT-7100 ¥39,800(1977年発売)
 ・TRIO 総合カタログ 1979年2月版

Kt710002 Kt710011

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・外観に目立つキズはなく、フロントパネルは綺麗です。
 ・ツマミやレバーの汚れ、手垢はクリーニングで輝きを取り戻しそう。
 ・電源コードの印字「1976」
 ・電源オンOK、周波数窓の照明点灯OK、メーター照明点灯OK。
 ・FMアンテナ接続。-0.2MHz周波数ズレ。
 ・二つのメーター動作OK。SメーターMAXとTメーター中央がずれる。
 ・STEREOランプ(赤LED)点灯。
 ・各種動作を見るとFM放送を受信しているはず、、でも音が出ない。
 ・左右ともまったくの無音。
 ・背面バーアンテナでAM放送を確認。
 ・名古屋地区のAM放送周波数位置でSメーターが大きく振れる。
 ・でも音が出ない。まったくの無音。

Kt710003 Kt710004 Kt710005 Kt710006 Kt710007

 ・FM/AMともまったく音が出ない。
 ・ミューティングが効いたままか?それともオーディオ回路故障か?

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・FM4連、AM2連バリコン
 ・HA1137 FM IF SYSTEM (クアドラチュア検波)
 ・HA1156 FM MPX
 ・HA1197 AM SYSTEM
 ・メーター照明電球が眩しいほど明る過ぎる。

Kt710020 Kt710022 Kt710025 Kt710026 Kt710029

■修理記録:電源部ダイオード交換---------------------------------------

 ・二つのメーター動作 → 正常
 ・HA1137 6ピン クアドラチュア検波出力 → 正常
 ・HA1156 4ピン Lch音声出力 → 正常
 ・HA1156 5ピン Rch音声出力 → 正常
 ・HA1197 12ピン AM音声出力 → 正常

 ・受信動作は正常です。音声信号を辿って不具合箇所を捜索しました。
 ・音声出力端子直前の Q10,Q11(2SK30A)のソース端子まで正常音声が聴こえる。
 ・音声出力端子直前の Q10,Q11(2SK30A)のドレイン端子から音が出ていない。
 ・ゲート電圧を測るとどちらも-13.6V、これはおかしい。
 ・このマイナス電圧を辿ると電源回路に行き当たりました。
 ・原因はダイオードD12が故障して導通状態だったことでした。
 ・D12を交換したところ Q10,Q11が正常動作し音声端子から音が出るようになりました。

Kt710060 Kt710061 Kt710062

■修理記録:メーター照明電球交換---------------------------------------

 ・内部確認で気になったのはメーター照明が眩しいほどに明る過ぎること。
 ・電球を外してみると仕様 8V/0.3W に対して 6.3V/1W の球が取り付けられていました。
 ・ここは電球が交換されているようです。
 ・左右の照明窓電球とメーター電球は合計3個が数珠繋ぎの配線です。
 ・メーター電球を手持ちの 8V/0.3Wに交換しました。
 ・電球3個の明るさが同等になって落ち着いた照明雰囲気になりました。

Kt710040 Kt710044 Kt710041 Kt710042 Kt710043

■お詫び--------------------------------------------------------------

 ・上記作業後、汚れが気になったのでパネルを分解してガラス板の内側を磨きました。
 ・周波数や目盛りが印字されたアクリル板も外して汚れを落としました。
 ・慎重に作業を進めたのですが、、
 ・指針先端を軽く拭いたところ、中央部の赤色塗料が剥がれてしまいました。
 ・塗料の下は穴開き構造で、赤色塗料は薄い膜のように張り付いていただけでした。
 ・結果的に指針中央部の穴を通して周波数目盛りが見えるようになりました。
 ・私の不注意で誠に申し訳ありません。
 ・どうにも修復のしようがないのでこのままとさせていただきます。

Kt710050 Kt710051 Kt710052 Kt710006_2

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・1号機の記録に倣って各部調整しました。

Trio_kt7100algn

 ・検波調整コイルL9(下段:Tメーター中点)
 ・検波調整コイルL9(上段:歪調整)
 ・フロントエンド調整
 ・VR1:VCO調整 → TP(19kHz)
 ・VR2:セパレーション調整
 ・周波数ズレ、受信感度、歪率、セパレーションが向上しました。

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・4連バリコン+HA1137(クアドラチュア検波)+HA1156(PLL MPX)。
 ・余計な付属回路が無い超シンプル構成ですがFM放送はこれで十分楽しめます。
 ・電球を交換したことによって照明窓が落ち着いた雰囲気になりました。
 ・シルバーパネルと暖色系照明がよくマッチしています。
 ・この雰囲気がオールドチューナーの魅力ですね。

Kt710009

 ・思い出の詰まった大切な機種なのに指針を痛めてしまい誠に申し訳ありません。
 ・重ねてお詫び申し上げます。

« TRIO KT-9900 2号機 | トップページ | KENWOOD KT-1100D 修理調整記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRIO KT-9900 2号機 | トップページ | KENWOOD KT-1100D 修理調整記録 »