フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« SANSUI TU-S707X DECADE 修理調整記録1 | トップページ | TRiO KT-2200 修理調整記録 »

2016年2月 7日 (日)

OTTO FMT-V3

 ・2015年11月、ジャンク品を寄付していただきました。
 ・見た目はシンセチューナー、でも中味はバリコンチューナーという変わり種です。
 ・情報の少ない機種なのでここに記録を残します。

Fmtv315

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・OTTO、今は亡き SANYO のオーディオブランドでした。
 ・「OTTO」「SANYO」で検索しても有用な情報が見当たりません。
 ・1978年発行の古いオーディオ雑誌に載っていた記事を流用します。

Fmtv302 Fmtv304

 ・1978年9月発売。定価43,000円。W44.0×H9.0×D30.4cm、5.2kg。
 ・写真ではミニコンポのチューナー部に見えそうですが、立派なフルサイズコンポです。
 ・デザイン上のバランスを取るためか?蛍光表示管が大きめサイズです。

Fmtv3

Fmtv305 Fmtv306 Fmtv307 Fmtv317 Fmtv318

■修理記録------------------------------------------------------------

 ・既に電源コードが交換済みでしたが、、
 ・使っているコードやハンダ状態がかなり怪しい感じ?です。
 ・それにコードストッパーが取り付けられていないのでスカスカ状態。
 ・このまま通電するのはちょっと怖かったので、まずは電源コードを修復しました。
 ・保管品の中から適当なプラグ付きコードをチョイス。
 ・コードスットッパーを使って背面パネルに固定。
 ・内部のハンダ箇所もやり直しました。

Fmtv320 Fmtv321 Fmtv322 Fmtv323

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・さて、いよいよ電源オン、、
 ・大き目の蛍光表示管に周波数が浮かび上がりました。
 ・選局ツマミを回転すると周波数表示が変化します。
 ・周波数範囲 FM 75.0MHz~91.0MHz、AM517kHz~1697kHz。
 ・FMは0.1MHz、AMは1kHz単位で変化します。
 ・名古屋地区のFM放送局を本来の周波数で受信しました。
 ・LED点灯式のTメーターとSメーターは点灯しますが、点灯時の挙動がちょっと変??
 ・たぶんTメーター中点とSメーター最大点が合っていない状態と思います。
 ・MUTING動作OK。REC CALトーン動作OK。HI-BLENDが効いているかどうか不明。
 ・AMは背面バーアンテナで名古屋地区の放送を受信できました。
 ・再調整だけで復活しそうです。

Fmtv311 Fmtv312 Fmtv313

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・選局ツマミの回転でバリコン軸を駆動しています。
 ・FM3連AM2連バリコン → IF回路 → LA1231(クアドラチュア検波) → HA11223W
 ・周波数窓と指針が無いだけで、中身は本物のバリコンチューナーです。
 ・そういえばYAMAHA T-2,T-9 ではフロントパネルにデジタル表示が付いていました。
 ・そうそう、DENON TU-900も同じでした。
 ・バリコンチューナーから周波数窓と指針を取り払った、と思えばいいわけです。

Fmtv330 Fmtv331 Fmtv332 Fmtv333 Fmtv334
Fmtv335 Fmtv336 Fmtv337 Fmtv338 Fmtv339
Fmtv325 Fmtv327 Fmtv328 Fmtv329 Fmtv341

 ・LA1231 FM IF SYSTEM
 ・HA11223W PLL MPX
 ・LA1240 AM SYSTEM
 ・VR01 Muting調整
 ・VR03 VCO
 ・VR04 Pilot Cancel
 ・VR05 Separation
 ・TP1 FM-Sメーター電圧
 ・TP2
 ・TP3 VCO 76kHz
 ・TP4 AM-Sメーター電圧

■調整記録------------------------------------------------------------

Otto_fmtv31

●FM部
【OSC調整】
 ・TP1(FM-Sメーター電圧)DC電圧計セット
 ・76MHz受信 → Lo → 電圧最大
 ・90MHz受信 → TCo → 電圧最大
【RF調整】
 ・TP1(FM-Sメーター電圧)DC電圧計セット
 ・76MHz受信 → L1,L2 → 電圧最大
 ・90MHz受信 → TC1,TC2 → 電圧最大
 ・83MHz受信 → IFT → 電圧最大
【レシオ検波調整】
 ・LA1231 7ピン~10ピン DC電圧計セット
 ・T01下段調整 → 電圧ゼロ(Tメーター中点)
 ・T01上段調整 → 高調波歪最小
 ・別基板VR01調整 → LED式Tメーター点灯調整
【ミューティング調整】
 ・83MHz 20dB受信 → VR01調整 → MUTING作動
【VCO調整】
 ・TP03 周波数カウンタ接続
 ・83MHzステレオ信号受信 → VR03調整 → 76kHz
【パイロット信号キャンセル調整】
 ・83MHzステレオ信号受信 → VR04調整 → 19kHz漏れ信号最小
【セパレーション調整】
 ・83MHzステレオ信号受信 → VR05調整 → 反対chへの漏れ信号最小
【REC CAL確認】
 ・調整用VRがないので確認のみ ※322kHz -10dB

●AM部
【受信調整】
 ・TC1,TC2,T02,T03,バーアンテナ調整

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・特段に高性能とか高音質というわけではありません。
 ・でも、この存在自体が歴史ですね。

Fmtv314

« SANSUI TU-S707X DECADE 修理調整記録1 | トップページ | TRiO KT-2200 修理調整記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SANSUI TU-S707X DECADE 修理調整記録1 | トップページ | TRiO KT-2200 修理調整記録 »