フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« Aurex ST-720 | トップページ | YAMAHA TX-2000 »

2016年3月27日 (日)

DENON TU-850 修理調整記録2

 ・2016年1月、ひどい雑音しか出ないTU-850の修理調整を承りました。
 ・症状を詳しく観察するとおよその故障箇所が推定できます。
 ・以下、作業の記録です。

Tu85009

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 DENON TU-850 ¥70,000円(1977年発売)
 ・Hifi Engine DENON TU-850 ※輸出機の取説、カタログあります。
 ・DENON TU-850 取扱説明書 (日本語版)
  ※依頼者様からご提供いただきました。ブロック図が参考になりました。

Tu85001 Tu85010

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネルに目立つキズは無く、状態はかなり良いです。
 ・ボディのキズも目立ちませんが経年の汚れ、というか全体に錆びている感じ。
 ・早速 FMアンテナを接続して症状を確認しました。
 ・電源オン。二つのメーター照明点灯。周波数窓の照明も点灯。
 ・IF BAND切替(wide/narrow)ポジションランプ(緑/赤)点灯。
 ・選局ツマミを回すとSメーター、TメーターはFM局付近で反応します。
 ・さらにTメーター中点付近では STEREOランプ(赤)が点灯。
 ・これらの動作はFM放送を正常に受信していることを示しています。
 ・マルチパス-H端子の出音を確認すると正常なFM音声が聴こえます。

Tu85003 Tu85004 Tu85005 Tu85006 Tu85007

 ・ところが音声端子から出てくる音は左右chともひどい雑音だけです。
 ・「バリバリッ、ガリガリッ」局間ノイズとは明らかに違います。
 ・オーディオ回路のトランジスタが壊れているような感じかも??
 ・よく聞くと、右chと左chではレベルの異なる別々の雑音が出ています。

Tu85002 Tu85008 Tu85011 Tu85012 Tu85013

【症状確認】
 ・wide/narrow共通の雑音
 ・固定/可変音声端子に共通する雑音
 ・可変端子のVRガリではない。
 ・SメーターとTメーターの振れ方は正常
 ・STEREOランプ正常点灯
 ・マルチパス-H端子の音声正常。
 ・Muting動作は正常。FM局を外れるとMutingが作動して無音になる。
 ・MPX回路、特にMPX-IC HA11223以降のオーディオ回路を調べてみます。

■内部確認------------------------------------------------------------

・FM専用5連バリコン+広帯域レシオ検波
 ・Wide系CF2個、Narrow系+CF3個
 ・HA1137 :ミューティングとメーター制御用
 ・HA11223:復調用IC

【IF部】
 ・VR1:WIDE/NARROWレベル調整 Sメーター振れ具合を同じに。
 ・VR2:ミューティングレベル調整
 ・VR3:検波出力レベル調整
 ・T2-bottom:Tメーター中点:HA1137クアドラチュア検波調整
 ・T2-top:高調波歪最小:HA1137クアドラチュア検波調整 
 ・T3-top:Tメーター中点:レシオ検波調整
 ・T3-bottom:高調波歪最小:レシオ検波調整 FIX端子で

Tu85020 Tu85021 Tu85022 Tu85023 Tu85024

【MPX部】
 ・VR1:VCO調整
 ・VR2:Pilotキャンセル
 ・VR3:METER SELECTER=level LEVELメーター(L)調整
 ・VR4:METER SELECTER=level LEVELメーター(R)調整
 ・VR5:METER SELECTER=power out VUメータ(L)調整
 ・VR6:METER SELECTER=power out VUメータ(R)調整
 ・VR7:Rec Leve調整l 400kHz、LEVELメーター→-6dB
 ・VR8:VCO調整
 ・VR9:VCO調整
 ・VR11:WIDE側セパレーション調整
 ・VR12:NARROW側セパレーション調整
 ・TP1:VCO 76kHz確認用
 ・TP2:HA11223-8ピン
 ・TP3:GND

Tu85026 Tu85027 Tu85028 Tu85029 Tu85030

■修理記録:雑音の原因を探す---------------------------------------

 ・Sメーター、Tメーター正常 → ○HA1137
 ・マルチパスH端子の音声正常 → ○レシオ検波回路
 ・HA11223-1ピン(電圧)→ ○12.2V
 ・HA11223の各足から音を拾って確認
 ・HA11223-2ピン(検波信号入力)→ ○ 音声正常
 ・HA11223-5ピン(復調後R信号)→ × ひどい雑音
 ・HA11223-6ピン(復調後L信号)→ × ひどい雑音
 ・HA11223-8ピン(STEREO INDICATOR)→ ○ 電圧正常

 ・どうやら復調用IC HA11223 内部の復調回路が故障しているようです。
 ・交換のため HA11223 を取り外して確認するとすべての足が真っ黒。
 ・HA11223 を HA11223Wに交換しました。

Tu85050 Tu85051 Tu85052 Tu85053 Tu85054

■修理記録:2SC1313交換----------------------------------------------

 ・前回のTU-850 1号機ではトランジスタ(2SC1313)の劣化が問題になりました。
 ・今回の基板を見ると、TR15とTR16が既に 2SC1815 に交換済みでした。
 ・もう一つの2SC1313(TR9)はフロントエンドユニットの下、1階のリレー横にあります。
 ・念のためこれも 2SC1815 に交換しておきました。

Tu85060 Tu85061

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・今回初めてTU-850海外版サービスマニュアルを入手しました。

Denon_tu850_bd

●フロントエンド
【OSC調整】
 ・76MHz 無変調 90dB → Lo 調整 → ダイヤル指針76MHz
 ・90MHz 無変調 90dB → TCo調整 → ダイヤル指針90MHz
【RF調整】
 ・76MHz 無変調 40dB → LA,LR1,LR2,LR3 調整 → Sメーター最大
 ・90MHz 無変調 40dB → TCA,TCR1,TCR2,TCR3調整 → Sメーター最大
【IFT調整】
 ・83MHz 1kHz,100%変調 → IFT調整 → Sメーター最大

●IF検波基板
【検波調整1】※HA1137W クアドラチュア検波
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz 1kHz,100%,70dB → T2 下段コア調整 → Tメーター中点
 ・TP1 Wavespectra接続 波形確認
 ・83MHz 1kHz,100%,70dB → T2 上段コア調整 → 高調波最小
【検波調整2】※レシオ検波
 ・IF BAND=WIDE
 ・無信号 → T3上段コア調整 → TP間電圧 → 電圧ゼロ
 ・固定出力端子 Wavespectra接続 波形確認
 ・83MHz 1kHz,100%,70dB → T3下段コア調整 → 高調波最小
【WIDE/NARROWゲイン調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz 1kHz,100%,70dB → Sメーター振れ位置確認
 ・IF BAND=NARROW
 ・VR1調整 → Sメーター同じ振れ位置
【MUTING調整】
 ・83MHz 1kHz,100%,20dB → VR2調整 → MUTING作動
【OUTPUTレベル調整】
 ・固定出力端子に電圧計接続
 ・83MHz 1kHz,100%,60dB → VR3調整 → 1.6V

●MPX基板
【VCOフリーラン周波数調整1】
 ・IF BAND=WIDE
 ・TP1~TP3(GND)周波数カウンタ接続
 ・HA11223 8ピン~9ピン短絡
 ・無信号 → VR8調整 → 76kHz±20Hz
 ・無信号 → VR1調整 → 76kHz±20Hz
【VCOフリーラン周波数調整2】
 ・IF BAND=WIDE
 ・TP1~TP3(GND)周波数カウンタ接続
 ・TP2~TP3短絡
 ・無信号 → VR9調整 → 76kHz±20Hz
【パイロット信号キャンセル調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・オーディオ出力をWavespectraで観測
 ・83MHz パイロット信号 60dB 受信 → VR2調整 → 19kHz最小
 ・左右バランスに注意
【セパレーション調整】
 ・Wavespectra接続 波形確認
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR11調整 → 漏れ信号最小
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR12調整 → 漏れ信号最小
【STEREO歪調整】
 ・Wavespectra接続 波形確認
 ・IF BAND=WIDE
  ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → フロントエンド内IFT調整 → 高調波歪最小
  ・IF BAND=NARROW
  ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → IF基板 T1調整 → 高調波歪最小
 ・IF BAND=NARROW
  ・TP1 Wavespectra接続 波形確認
  ・83MHz 1kHz,100%,70dB → T1調整 → 高調波歪最小
【メーター調整1】チューナーレベル
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR3,VR4調整 → L/Rメーター → 0dB
【メーター調整2】オーディオレベル
 ・背面端子にオーディオ発振器接続
 ・1kHz、2.45V → VR5,VR6調整 → L/Rメーター → 0dB
【メーター調整3】REC CALレベル
 ・REC CAL on  → VR7調整 → L/Rメーター → -6dBdB

■修理記録:別の雑音確認------------------------------------------------

 ・HA11223交換によって当初の雑音問題は解消しました。
 ・ところが上記調整を済ませたところ、別の雑音が発生していました。
 ・不定期に「ザザッ」という雑音が混じります。
 ・TP-VCOで観測される76kHzが雑音とともに大きく乱れていました。
 ・不定期に左右両ch同時発生なので、19kHz信号の乱れが怪しいか?
 ・VCO周り、パイロットキャンセル周りの電解コンデンサ交換。
 ・C4,C14,C15 10uF/16V、C8 3.3uF/50V、C10,C50 0.47uF/50V
 ・しかし改善せず。
 ・最終的にTR21 2SC1345 を 2SC1815 に交換して雑音が収まりました。

Tu85055 Tu85056 Tu85057 Tu85058

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・最後にフロントパネルを分解してガラス窓の内側まで磨いておきました。
 ・独特の雰囲気、というか存在感がありますね。
 ・巨艦サイズなので設置場所に苦労しそうですが、雰囲気は最高です。

Tu85008_2

« Aurex ST-720 | トップページ | YAMAHA TX-2000 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Aurex ST-720 | トップページ | YAMAHA TX-2000 »