フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« Victor FX-711 修理調整記録2 | トップページ | KENWOOD KT-V990 »

2016年4月24日 (日)

TRIO KT-7700 修理調整記録2

 ・外観がとても綺麗なKT-7700の調整作業をお引き受けしました。
 ・今回は調整記録をキッチリ残そうと思って作業しました。
 ・以下、その記録です。

Kt770009

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオ懐古録 TRIO KT-7700 ¥78,000(1976年)
 ・TRIO KT-7700/KT-7500 カタログ 1976年5月版
 ・Hifi Engine KENWOOD KT-8300 ※輸出機 型番注意!

Kt770001 Kt770003 Kt770004 Kt770005 Kt770007

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・外観はとてもキレイな個体で目立つキズはほとんどない。
 ・FM同軸アンテナを接続して電源オン。
 ・周波数窓と3つのメーターを照らすオレンジ色の照明が点灯。電球切れ無し。
 ・地元のFM放送局をすべて受信OK。+0.1MHz程度のわずかな周波数ズレ。
 ・ただTメーター中点とSメーター最大点が微妙に一致しない。
 ・STEREOランプ点灯。
 ・IF BAND切替でNARROW時のインジケーター(赤色LED)が点灯しない。
 ・MPX FILTERオン時のインジケーター(赤色LED)が点灯しない。
 ・MUTING動作OK。可変出力VRに多少のガリ。
 ・MULTIPATH H出力から音声確認。
 ・ステレオ放送受信時、WIDE/NARROWともLchの音量がやや小さい。
 ・さらにLchだけに常時小さな雑音が入っている。
 ・NARROW時はさらに音質が劣化している感じ。

Kt770020 Kt770021 Kt770022 Kt770023 Kt770024
Kt770025 Kt770026 Kt770027 Kt770028 Kt770029
Kt770030 Kt770031 Kt770032 Kt770033 Kt770006

■修理記録:左右chの音量差--------------------------------------------

 ・まずは後述の調整作業を一通り行いました。
 ・調整によって受信性能は格段に向上しました。
 ・ただ、Lchの音量がやや小さい、Lchだけ雑音が混入する。
 ・故障個所を探して音声出力端子から溯ってMPX回路の各部確認。
 ・IC13 JRC4558TC出力 1ピン(Rch)と7ピン(Lch)電圧が異なる。
 ・IC13 JRC4558TC入力 3ピン(Rch)と5ピン(Lch)電圧は同じ。
 ・カンタイプの4558をゲジゲジ虫の4558に交換。
 ・ピンポン!これで左右の音量差は解消しました。
 ・ただ、Lch側のノイズは解消しない。

Kt770065 Kt770062_2 Kt770063 Kt770064

■修理記録:ノイズ源捜索----------------------------------------------

 ・ノイズ源を探してさらに回路図を溯る。
 ・16kHzフィルターに入る直前のQ29,Q30 ベース電圧が異なる。
 ・IC21 HA1156出力 4ピン(Rch)と5ピン(Lch)電圧は同じ。
 ・ということはノイズ源として怪しいのはQ26かQ28。
 ・どちらも2SC1345だったのでこれを2SC1815に交換。※足の配列に注意。
 ・正解でした。Lchの不快なノイズが無くなりました。
 ・この後、左右のバランスを保つためにRch側のQ22,Q24も交換。
 ・ついでに左右の音声信号が通過する電解コンデンサ交換
 ・C71,C72,C79,C80(1uF/50V)

Kt770060 Kt770061

■修理記録:LED交換--------------------------------------------

 ・IF BANDインジケーターはオリジナルと同じ中古LEDに交換。
 ・MPX FILTERインジケーターは緑色のLED交換。
 ・凸型LEDの在庫が緑色しかなかったのでご容赦ください。
 ・サイズが微妙に異なるので、100均材料で台座の高さを加工しています。

Kt770070 Kt770071 Kt770072_2 Kt770073
Kt770074 Kt770075 Kt770076 Kt770077

■調整記録------------------------------------------------------------

【検波調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・アンテナ入力なし → VR 4調整 → Tメーター中点
 ・IF BAND=WIDE
 ・アンテナ入力なし → VR12調整 → Tメーター中点
【フロントエンドOSC調整】
 ※OSCトリマ調整孔が背面にありますが、隙間が狭いのでこれを回すのは難しいです。
 ※+0.1MHzの周波数ズレはご容赦ください。
【フロントエンドRF調整】
 ・TP1(R77右足)→ DC電圧計セット
 ・IF BAND=NARROW
 ・76MHz 1kHz 100%変調 60dB 受信 → RFコイル6個調整 → 電圧最大
 ・90MHz 1kHz 100%変調 60dB 受信 → RFトリマ6個調整 → 電圧最大
【検波調整】※繰り返し
 ・IF BAND=NARROW
 ・アンテナ入力なし → VR 4調整 → Tメーター中点
 ・IF BAND=WIDE
 ・アンテナ入力なし → VR12調整 → Tメーター中点
【IFトリガー調整】
 ・TP1(R77右足)→ DC電圧計セット
 ・83MHz 無変調 60dB 受信 → L11調整 → 電圧最大
 ・83MHz 無変調 0dB 受信 → L10調整 → 電圧最大(※L10 フロントエンド内)
【IFトリガーレベル調整】
 ・83MHz 無変調 60dB 受信 → VR2調整 → 電圧DC1.8V
 ・アンテナ入力なし→ VR1調整 → 電圧DC0.6V
【Sメーター振れ調整】
 ・83MHz 無変調 80dB 受信 → VR3調整 → Sメーター目盛り5
【MUTING調整】
 ・MUTING=1
 ・83MHz 無変調 16dB 受信 → VR9調整 → MUTING作動
【VCO調整】
・周波数カウンタをTP2接続
 ・アンテナ入力なし → VR 7調整 → 19kHz
【OUTPUTレベル調整】
 ・FM DET OUT端子にAC電圧計セット
 ・76MHz 1kHz 100%変調 60dB 受信 → VR10調整 → 電圧AC300mV
【セパレーション調整】
 ・音声出力端子にWaveSpectra接続
 ・83MHz ステレオ信号 60dB受信 → VR 5調整 → Lch信号最小
 ・83MHz ステレオ信号 60dB受信 → VR 6調整 → Rch信号最小
【ステレオ歪調整】
 ・音声出力端子にWaveSpectra接続
 ・83MHz ステレオ信号 60dB受信 → L10調整 → 高調波歪最小
【DEVIATIONメーター調整】
 ・83MHz 1kHz 100%変調 60dB 受信 → VR 8調整 → Dメーター目盛り100%

Trio_kt7700_alig

Kt770040_2 Kt770041_2 Kt770050_2 Kt770051_2 Kenwood_kt8300sche

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・オレンジ色の照明窓がとても美しい個体です。
 ・TメーターとSメーターの動きが一致すると気持ちイイですね。
 ・LEDの色がアンバランスですが、、
 ・同時に3個とも点灯させることは多分ないのでご容赦ください。

Kt770010

« Victor FX-711 修理調整記録2 | トップページ | KENWOOD KT-V990 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Victor FX-711 修理調整記録2 | トップページ | KENWOOD KT-V990 »