フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« SONY ST-S333ESG 修理調整記録3 | トップページ | KENWOOD KT-880 »

2016年8月14日 (日)

YAMAHA T-9 修理調整記録1

 ・2016年4月、YAMAHA T-9のメンテナンスを承りました。
 ・モータードライブによるプリセットチューニングが特徴の機種です。
 ・以下、作業記録です。

Yamaha_t909

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 YAMAHA T-9 ¥98,000(1979年頃)
 ・オーディオ懐古録 YAMAHA T-9
 ・Hifi Engine YAMAHA T-7 ※T-7回路図が参考になります。
 ・過去記事 T-9/T-7 比較一覧表

Yamaha_t902 Yamaha_t911

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネル、ボディともに目立つキズはありません。
 ・PAL形式のFMアンテナ端子は無事です。潰れていません。
  ※F端子と間違えて無理やり挿入すると端子が壊れます。
 ・電源スイッチオン。各インジケーター点灯。
 ・-0.2MHzほどの目盛り位置で名古屋地区のFM放送を受信。
 ・STEREOランプ点灯。REC CALトーンOK。
 ・ダイヤル指針が88MHz以上の位置に移動しない。何か引っ掛かっている?
 ・Tメータ代わりの緑色インジケータ点灯。左右の光量の違いで中点を判断。
 ・プリセットチューニングが思い通りに動かない。

Yamaha_t901 Yamaha_t903 Yamaha_t904 Yamaha_t905 Yamaha_t906
Yamaha_t910 Yamaha_t911_2 Yamaha_t912 Yamaha_t913 Yamaha_t920

■修理記録:ダイヤル指針が88MHz以上の位置に移動しない-----------------

 ・指針に繋がる配線ケーブルが2階基板の水晶発振子に引っ掛かっていました。
 ・引っ掛かりを外してOK。

Yamaha_t942 Yamaha_t943 Yamaha_t944

■内部記録写真-------------------------------------------------------

Yamaha_t921 Yamaha_t922 Yamaha_t923 Yamaha_t924 Yamaha_t925
Yamaha_t926 Yamaha_t927 Yamaha_t928 Yamaha_t929 Yamaha_t930
Yamaha_t931 Yamaha_t932 Yamaha_t933 Yamaha_t934 Yamaha_t935
Yamaha_t936 Yamaha_t937 Yamaha_t938 Yamaha_t940 Yamaha_t941

■調整記録-----------------------------------------------------------

【本体切替ボタンの設定】
 ・RX MODE : AUTO DX
 ・MUTE/OTS : OFF
 ・BLEND : OFF
 ・REC CAL : OFF
【検波コイル調整】
 ・入力なし状態
 ・IC110[IG03210] 20PinにDC電圧計セット(Tメーター電圧測定)
 ※20pinの代わりにすぐ右側22k抵抗足が最適ポイント
 ・T105調整 → 電圧ゼロ付近(Tメーター中点)
 ・指針を76MHz~90MHzまで移動し中点がほぼズレない事を確認
【OSC調整】
 ・ダイヤル指針を目盛り83.0MHz位置にセット
 ・SSG 83.0MHz,無変調,70dB → TCo調整  → Sメーター最大
 ※Loは調整不可のためトリマーのみで調整。
 ※83MHz付近では指針と目盛りがピッタリ合いますが、両端ではややズレます。
【RF調整】
 ・SSG 83.0MHz,70dB,無変調
 ・TC1,TC2,TC3,TC4調整 → Sメーター最大
 ・T102調整 → Sメーター最大
 ※L1,L2,L3,L4 調整が難しいのでノータッチ
【IF歪調整】
 ・SSG 83.0MHz,70dB,1KHz,100%変調 → TC101調整 → 高調波歪最小
 ・T102,T103,T104,TC101,VR102,VR103調整 → 高調波歪み最小
【VCO調整】
 ・TP19kHz に周波数カウンターを接続
 ・SSG 83.0MHz,70dB,無変調 → VR108調整 → 76KHz±10Hz
【38kHz SUB調整】
 ・SSG 83.0MHz,70dB,1KHz,100%変調,L-R → T113調整 → Lchレベル最大
【パイロット信号キャンセル調整】
 ・SSG 83.0MHz,70dB,PILOT信号 → T114調整 → 19KHz漏れ最小
【セパレーション調整】
 ・SSG 83.0MHz,70dB,1KHz,100%変調,STEREO → VR105,VR106調整 → 漏れ信号最小
【Sメーター調整:最大値】
 ・SSG 83.0MHz,100dB → VR110調整 → LED全点灯
【Sメーター調整:最小値(ゼロ)】
 ・SSG 83.0MHz,0dBu → VR109調整 → LED全消灯
【デジタル周波数調整】
 ・2階基板 VR103横のTPを10kΩ抵抗を介してGND接続
 ・VR103を調整して周波数表示(小数点第一位)を微調整

T9

■半固定抵抗が壊れた!-----------------------------------------------

 ・本体右端、縦置き基板に載っている半固定抵抗を壊してしまいました。
 ・少し回しただけで可動部がバラバラに分解してしまいました。
 ・このせいでフロントパネルの周波数表示が消失しました。
 ・在庫で持っていた半固定抵抗に交換しました。
 ・周波数表示が復活しました。良かった~

Yamaha_t960 Yamaha_t961 Yamaha_t962 Yamaha_t963 Yamaha_t965

■音が出なくなった!--------------------------------------------------

 ・調整完了して試聴後、電源コードを抜いて1週間放置。
 ・動作確認のため再び通電したところ何と音が出ません?
 ・メーター動作は正常に機能しています。STEREOランプも点灯。
 ・しかし固定端子、可変端子どちらも音が出ません?
 ・検波回路やMPX回路から直接音を引き出すとちゃんと聞こえます。
 ・同調を外しても局間ノイズが聞こえません。
 ・これはミューティングが解除されない症状のようです。
 ・そういえば T-9/T-7 の過去記事で同じ経験がありました。
 ・当時の記録に倣って LC7200-23(MUTE)端子をGNDに落とすと、、
 ・正解!ミューティングが解除されて音が出てきました。
 ・でも短絡を解除すると再び音が出なくなります。
 ・さて、困った、、

Yamaha_t967 Yamaha_t968

■試しにバッテリーを外してみたら--------------------------------------

 ・役に立っていないバッテリーを基板から外してみました。
 ・この状態で電源オン、、すると、、
 ・何と言うことでしょう、、MUTINGが解除され綺麗なFM音声が流れてきました。
 ・この後、電源ON/OFFを繰り返してもMUTING動作に問題ありません。
 ・技術的な因果関係は説明できませんが、とりあえず結果オーライでした。
  ・LC7200 23pin電圧 POWER OFF時 3.9V
  ・LC7200 23pin電圧 POWER ON 時 8.2V Muting ON 状態
  ・LC7200 23pin電圧 POWER ON 時 0.0V Muting OFF状態

Yamaha_t970 Yamaha_t971 Yamaha_t972 Yamaha_t973 Yamaha_t974

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・プリセットチューニング不動ですが、チューナーとしては動作しています。
 ・再調整結果は良好です。各数値が良好な値を示しています。
 ・今回はここまで。プリセットチューニングの研究は3号機、4号機で継続中。

Yamaha_t907

« SONY ST-S333ESG 修理調整記録3 | トップページ | KENWOOD KT-880 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SONY ST-S333ESG 修理調整記録3 | トップページ | KENWOOD KT-880 »