フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« SONY ST-SA50ES | トップページ | NIKKO FM TUNER GAMMA I »

2016年9月11日 (日)

OTTO FMT-1100

 ・OTTO製チューナーの修理調整作業を承りました。
 ・「オットー」、今は亡きSANYOのオーディオブランドです。
 ・照明窓の雰囲気がとても良い機種です。

Otto_fmt110007

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 OTTO/SANYO FMT-1100 \59,800(1973年頃)
 ・上記サイトの記述によれば「当時のラインナップの最上位機」だそうです。

Otto_fmt110001 Otto_fmt110011

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源オン。青色を基調とした鮮やかな照明が点灯。電球切れは無さそう。
 ・FM/AMポジションランプ点灯。名古屋地区のFM放送を受信しました。
 ・STEREOランプ点灯。実際にステレオ感あり。
 ・固定出力/可変出力ともOK。可変VRにガリあり
 ・ミューティング動作OK。
 ・ヘッドホン端子からも音がでました。
 ・背面AMバーアンテナの取付部が破損していますがAM受信もOKです。

Otto_fmt110003 Otto_fmt110005 Otto_fmt110006 Otto_fmt110014 Otto_fmt110015

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・ALPS製FM4連AM3連フロントエンド。
 ・デュアルゲートMOS型FETを採用した高周波2段増幅回路。
 ・IF段は専用ICとクリスタルフィルターとLCブロックフィルター。
 ・MPX回路は専用IC(LA3300)によるダブル・バランスドディモジュレーター方式。
 ・16kHzローパスフィルター搭載。
 ・ミューティングレベル可変、出力レベルコントロール機能搭載。

Otto_fmt110021 Otto_fmt110023 Otto_fmt110025 Otto_fmt110024 Otto_fmt110026
Otto_fmt110027 Otto_fmt110028 Otto_fmt110029 Otto_fmt110030 Otto_fmt110031
Otto_fmt110032 Otto_fmt110033 Otto_fmt110034 Otto_fmt110035 Otto_fmt110036
Otto_fmt110037 Otto_fmt110038 Otto_fmt110039 Otto_fmt110040 Otto_fmt110041

■調整記録------------------------------------------------------------

【レシオ検波調整】
 ・IF基板 TP1 に SSGから10.7MHz直接注入
 ・IF基板 T2調整 → Sメーター最大
 ・IF基板 TP2 周波数カウンタ接続 T1上段コア調整 → Tメーター中点
 ・IF基板 VR1調整 → Tメーター中点
【OSC調整】
 ・指針76MHz位置にセット
 ・76MHz 60dB → フロントエンドLO調整 → Sメーター最大
 ・指針90MHz位置にセット
 ・90MHz 60dB → フロントエンドTCO調整 → Sメーター最大
【トラッキング調整】
 ・指針76MHz位置にセット
 ・76MHz 60dB → フロントエンド LA,LR1,LR2 → Sメーター最大
 ・指針90MHz位置にセット
 ・90MHz 60dB → フロントエンド TCA,TCR1,TCR2調整 → Sメーター最大
【IF調整】
 ・指針83MHz位置にセット
 ・83MHz 60dB → フロントエンドIF調整 → Sメーター最大
【MPX調整】
 ・アンテナ入力なし
 ・MPX基板 TP38kHz 周波数カウンタ接続
 ・MPX基板 T3調整 → 38kHz
 ・T4,T5調整 → Lchレベル最大
【セパレーション調整】
 ・83MHz 1kHz 100% 60dB L/Rch → MPX基板VR2,VR3調整 → 漏れ信号最小
【AM調整】
 ・OSC調整
  ・729kHz(NHKラジオ)位置にセット AM OSC調整 → Sメーター最大
  ・1332kHz(東海ラジオ)位置にセット AM3 OSC調整 → Sメーター最大
 ・RF調整
  ・729kHz受信 バーアンテナ内コイル、AM RF調整 → Sメーター最大
  ・1332kHz受信 AM1,AM2調整 → Sメーター最大

Otto

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・特に故障箇所は無かったので調整作業のみ行いました。
 ・青色照明が映える周波数窓、雰囲気は抜群に良いですね。
 ・どことなくパイオニア製チューナーに似た感じです。
 ・BGM用、観賞用チューナーとして十分使えます。

Otto_fmt110008

« SONY ST-SA50ES | トップページ | NIKKO FM TUNER GAMMA I »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SONY ST-SA50ES | トップページ | NIKKO FM TUNER GAMMA I »