フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« TRiO KT-770 修理調整記録 | トップページ | YAMAHA T-2 修理調整記録 »

2016年10月23日 (日)

SONY ST-5140 修理調整記録2

 ・2016年8月、ST-5140の修理調整をお引き受けしました。
 ・以下、作業記録です。

St514010

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 SONY ST-5140
 ・Hifi Engine SONY ST-5140
 ・TA-1140/ST-5140 カタログ 1971年版

St514002_2 St514014

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・フロントパネルやボディに目立つキズなし。
 ・電源コードの印字は「1971」
 ・電源オン、周波数窓の照明が点灯しない。
 ・メーター照明はTメーターが橙色、Sメーターは緑色で点灯。
 ・周波数ズレは僅か。STEREOランプが点灯しない。
 ・Sメーターは正常動作。ただTメーター動作がおかしい
 ・Tメーターの針の動き方がぎこちない。
 ・出音に歪感なし。ステレオ感あり。ミューティング動作OK。
 ・周波数右端の周波数目盛りの緑色が剥げています。
 ・AMも動作OK。
【作業予定】
 ・切れた電球の交換、各部再調整

St514001 St514003 St514004 St514005 St514006
St514013 St514015 St514016 St514017 St514012

■修理記録 メーター交換、電球交換------------------------------------

 ・Tメーターの動作がおかしいのはメーター自体の故障でした。
 ・保管品からST-5150のメーターに交換しました。
 ・メーターのサイズは同じですが、デザインがちょっと違います。
 ・メーターの目盛りや文字が照明に透ける「透過タイプ」に変わりました。
 ・Tメーターだけ変えると一体感が無くなるのでSメーターも一緒に交換しました。
 ・周波数窓を照らす左右の照明電球が切れていました。
 ・保管部品から同等品8V0.3Aに交換
 ・STEREOランプ点灯しない原因も電球切れでした。
 ・保管品から同等品に交換。

St514035 St514030 St514031 St514032 St514033
St514040 St514041 St514042

■調整記録------------------------------------------------------------

【FMフロントエンド調整】
 ・OSC調整 CT104,L104
 ・トラッキング調整 CT101,CT102,CT103 / L101,L102,L103
 ・IFT調整 IFT101
【レシオ検波調整】
 ・T201上段コア Tメーター中央
 ・T201下段コア 高調波歪最小
【MUTING調整】
 ・T202 D212電圧最大
 ・RT201 MUTINGレベル調整
【Sメーター調整】
 ・RT202 Sメーター振れ具合調整
【MPX調整】
 ・T401 スイッチング信号調整(※SUB信号注入 → Lch出力最大へ)
 ・RT401 セパレーション調整

St514020 St514021 St514022 St514023 St514024
St514025 St514026 St514027 St514028 St514029

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・メーターを交換したので雰囲気がちょっと変わりました。
 ・現状での再調整でまずまずの性能を取り戻したと思います。
 ・それにしてもこの時期のSONY製品はデザインがイイですね。
 ・薄暗い部屋に浮かび立つ照明窓が特に美しいです。

St514011

« TRiO KT-770 修理調整記録 | トップページ | YAMAHA T-2 修理調整記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRiO KT-770 修理調整記録 | トップページ | YAMAHA T-2 修理調整記録 »