フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« YAMAHA CT-600 修理調整記録 | トップページ | SONY ST-5140 修理調整記録2 »

2016年10月 9日 (日)

TRiO KT-770 修理調整記録

 ・2016年7月、シンセチューナーの修理調整作業を承りました。
 ・受信感度が悪いようです。
 ・再調整だけで復活すると良いのですが、、

Kt77007

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 TRiO KT-770 \49,800(1983年発売)
 ・Hifi Engine KENWOOD KT-770 (1984) ※製品情報のみ。

Kt77002 Kt77011

■動作確認-------------------------------------------------------------

 ・外観に目立つキズはなく保存状態は良い。
 ・フロントパネルはシンプルな造りです。
 ・電源オン。周波数表示OK。文字痩せなし。
 ・オート選局で名古屋地区のFM局を受信しました。
 ・ただSメーターは2灯目までしか点灯しない。
 ・STEREOランプ点灯しない。
 ・AM放送は適当なAMループアンテナで名古屋地区の放送局を受信。
 ・AMは特に問題なさそうです。

Kt77001 Kt77003 Kt77004 Kt77005 Kt77006

■内部確認-------------------------------------------------------------

 ・5連バリキャップ構成。トラッキング調整可。
 ・LA1231N FM IF System
 ・uPC1223C FM PLL MPX
 ・LA1245 AM Tuner
 ・DLLD バランス型PLL検波

Kt77020 Kt77021 Kt77023 Kt77024 Kt77025
Kt77028 Kt77029 Kt77030 Kt77031 Kt77027

■調整記録------------------------------------------------------------

【VT電圧】
 ・アンテナ入力なし
 ・TP1~TP2 DC電圧計セット
 ・76MHz → L7調整 → 7.0V ※実測 2.68V
 ・90MHz → CT5調整 → 23.0V ※実測 9.8V
 ・VT電圧が低すぎる。

■修理記録:OSCトリマコンデンサ交換-----------------------------------

 ・VT電圧が低すぎる。
 ・90MHz時 CT5を回しても9V程度で変化しない。
 ・OSCトリマコンデンサCT5を新品に交換。
 ・VT電圧が大幅に上昇して規定値をクリア。

Kt77040_2 Kt77041_2 Kt77042_2

■調整記録:続き------------------------------------------------------

Kt770

【VT電圧】
 ・アンテナ入力なし
 ・TP1~TP2 DC電圧計セット
 ・76MHz → L7調整 → 7.0V ※実測 7.0V
 ・90MHz → CT5調整 → 23.0V ※実測 23.1V
【FM検波調整】
 ・フロントエンド内R15後足にDC電圧計セット
 ・TP1~TP2 DC電圧計セット
 ・83MHz(無変調,80dB)受信 → L10調整 → 0.0V±10mV ※LA1231N クアドラチュア検波調整
 ・TP3~TP4 DC電圧計セット
 ・83MHz(無変調,80dB)受信 → L12調整 → 0.0V±10mV ※PLL検波調整
【RF調整】
 ・LA1231N 13ピン DC電圧計セット
 ・76MHz(無変調,40dB)→ L1,L2,L3調整 → 電圧最大
 ・90MHz(無変調,40dB)→ CT1,CT2,CT3調整 → 電圧最大
【IFT調整】
 ・LA1231N 13ピン DC電圧計セット
 ・83MHz(無変調,40dB)→ L5,L8調整 → 高調波最小
【歪調整】
 ・音声出力をWaveSpectra接続
 ・83MHz(MONO信号,1kHz,100%変調,80dB)→ VR2調整 → 高調波最小
【MPX VCO調整】
 ・TP5 周波数カウンタ接続
 ・83MHz(無変調,80dB) → VR3調整 → 76kHz±10Hz
【PILOTキャンセル調整】
 ・音声出力をWaveSpectra接続
 ・83MHz(無変調,80dB,ステレオ信号) → VR4,L16調整 → 19kHz信号最小
 ※左右バランスに注意
【SEPARATION調整】
 ・83MHz(L/R信号,1kHz,ステレオ信号,80dB)→ VR5調整 → Rch漏れ信号最小
 ・83MHz(L/R信号,1kHz,ステレオ信号,80dB)→ VR6調整 → Lch漏れ信号最小
【AM VT電圧調整】
 ・フロントエンドR15 DC電圧計セット
 ・ 522kHz受信 → T6調整 → 2.5V
 ・1629kHz受信 → TC5調整 → 20.0V
【AM 受信調整】
 ・ 729kHz(NHK第一放送)受信 → L19調整 → Sメーター最大
 ・1332kHz(東海ラジオ)受信 → CT6調整 → Sメーター最大
 ・1053kHz(CBCラジオ)受信 → L24調整 → Sメーター最大

■試聴---------------------------------------------------------------

 ・ご指摘の不具合は解消したと思います。
 ・シンプルなフロントパネルデザインがいいですね。
 ・作業完了しました。

Kt77008

« YAMAHA CT-600 修理調整記録 | トップページ | SONY ST-5140 修理調整記録2 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YAMAHA CT-600 修理調整記録 | トップページ | SONY ST-5140 修理調整記録2 »