フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

チューナー関連リンク

« YAMAHA T-4DB | トップページ | Technics ST-8600 修理調整記録 »

2016年12月18日 (日)

KENWOOD L-01T 修理調整記録4

 ・2016年10月初め、L-01T の修理調整を承りました。
 ・以下、修理作業の記録です。

L01t08

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオ懐古録 KENWOOD L-01T ¥160,000(1979年)
 ・オーディオの足跡 KENWOOD L-01T ¥160,000(1979年頃)
 ・Hifi engine KENWOOD L-01T※ 輸出機のサービスマニュアルが入手できます。
 ・KENWOOD L-01T 1号機の記録
 ・KENWOOD L-01T 2号機の記録
 ・KENWOOD L-01T 3号機の記録

L01t01 L01t10

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源オン、オレンジ色照明が綺麗に点灯。
 ・Wide/Narrow、Direct/Normal の青い三角形表示もすべて点灯。
 ・二つのメーター照明点灯。
 ・名古屋地区のFM局を受信OK。ただ-0.2MHz程度周波数ズレ。
 ・Tメーター中点とSメーター最大点が一致しない。
 ・STEREOランプは赤く点灯。固定出力、可変出力ともOK。
 ・マルチパスH端子からも正常音声が聞こえる。
 ・NHK-FMを聴くと多重放送による特有のノイズを確認。
 ・底板に修理記録あり。1993年に電球9個が交換されたようです。

L01t02 L01t03 L01t04 L01t05 L01t42

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・照明用豆電球8個と指針用電球が交換されていました。
 ・電球にマイナス端子はすべてハンダ付けされていました。

L01t20 L01t21 L01t22 L01t23 L01t24
L01t25 L01t26 L01t27 L01t28 L01t29
L01t30 L01t31 L01t32 L01t33 L01t34
L01t35 L01t36 L01t37 L01t38 L01t39
L01t40 L01t41

■調整記録------------------------------------------------------------

【FMフロントエンド】
 ・OSC調整83MHz → OSC coil
 ・トラッキング調整76MHz → L1,L2,L3,L4,L5,L6
 ・トラッキング調整90MHz → TC1,TC2,TC3,TC4,TC5,TC6
 ・IFT調整 → L17,L19,L21 → Sメーター最大
【Tメーター調整】
 ・LA1231Nクアドラチュア検波調整 → L6 → Tメーター中央
【ミューティング調整】
 ・VR2
【WIDE GAIN調整】
 ・Narrow受信 → Sメーターレベル記録
 ・Wide受信 → VR1調整 → Narrow受信時と同レベルに
【Sメーター調整】
 ・VR3
【第2IF調整】
 ・83MHz受信 → L8調整 → TP=1.96MHz ※実測1.85MHz
【VCO調整】
 ・無変調 → VR6調整 → TP(R117) → 76kHz
【Pilotキャンセル】
 ・VR7,L16調整 → 19kHz漏れ最小へ
【ステレオ歪調整】
 ・フロントエンドL21調整 → 高調波歪最小へ
【SCA調整】
 ・MEGURO DARC ENCODER MSG-2170でFM多重信号を生成
  ※L&R=80%、Pilot=10%、DARC=10%
 ・L10,L11調整 → D36カソード側DC電圧最大へ
 ・VR5調整 → IC9-1pin電圧測定 → +電圧が-電圧に変わる位置※
  ※+7.5V→安定して-6.6Vを示す位置
 ・IC9-1pin電圧が+→-に変わることでSCAフィルター回路のスイッチオン
【ノイズアンプ調整】
 ・離調状態  VR4調整 → Q6(2SC2785)エミッタ電圧 → 8V
【SUB調整】
 ・83MHz L-R信号受信 → VR8調整 → Lch最大
 ・同上  → VR9調整 → Rch最大
【セパレーション調整】
 ・Wide受信時 VR10→Rch、VR11→Lch
 ・Narrow受信 VR1(X13-2690基板)

L01t

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・漆黒のフロントパネルに映えるオレンジ照明が抜群に美しいです。
 ・今回も調整によってFM多重放送ノイズを回避できました。
 ・その他再調整によって良い性能を取り戻したと思います。

L01t06

« YAMAHA T-4DB | トップページ | Technics ST-8600 修理調整記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

BLUESS様
私所有のL-01Tが突然Sメーターが振れず、音もでない状態になってしまいました。ミューティングをきると局間ノイズは音が出ています。IFユニットに10.7Mを入力するときちんとステレオで出力されます。いったいRFユニットで何が起こったのでしょうか。思い当たることがありましたら教えていただきたいのですがよろしくお願いします。
直前に、ねじを内部に落としてしまい取り出すために両手で持ってふりました。

cameさま

文面から考えると、RFユニットからIF信号が正常に出ていないようです。
考えられる原因としては

・RF部へ供給される電源電圧の異常
・OSC回路が正常に発振しない故障
・RFアンプの故障
・ミキサー部の故障 などでしょうか。

回路図を見るとRFユニットの電源は独立した+12.8Vです。まずはここの確認をしてはいかがでしょうか。

BLUESS様

ありがとうございます。
まずは電源部から確認してみます。

BLUSS 様

アドバイスをいただき電源を調べたところ0Vでした。トランジスターを何とか入手して後ろからたどって3つ交換したところ正常に作動するようになりました。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YAMAHA T-4DB | トップページ | Technics ST-8600 修理調整記録 »