フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

チューナー関連リンク

« PIONEER F-007 修理調整記録1 | トップページ | KENWOOD L-01T 修理調整記録4 »

2016年12月 4日 (日)

YAMAHA T-4DB

 ・2016年9月、YAMAHA T-4DBの修理調整を承りました。
 ・発売当時から愛用されているワンオーナー品とのこと。
 ・型番からは T-4 を連想しますが、中身は T-5 に似ていました。
 ・以下、作業記録です。

Yamaha_t4db07

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 YAMAHA T-4D ¥28,000(1982年頃)
 ・T-4DBはT-4Dのブラックモデルという意味ですね。
 ・価格帯からは入門機の位置付けが想像できます。

Yamaha_t4db01 Yamaha_t4db09

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・経年の汚れがあるものの、フロントやボディに目立つキズはない。
 ・FMアンテナ(PAL端子)を接続して電源オン。
 ・周波数窓の照明が切れているのか?それとも元々照明は無いのか?
 ・T-7やT-9と同じTメーター一体型指針。左右の光量で同調点を判断。
 ・+0.4MHzほどの周波数ズレがあるものの名古屋地区のFM局を受信。
 ・ステレオランプ点灯。実際にステレオ感あり。
 ・付属のAMループアンテナで名古屋地区のAM局を受信OK。
 ・ただしAM周波数ズレが+500kHzほどと大きい。
 ・音声出力コードが基板から直出し。

Yamaha_t4db03 Yamaha_t4db04 Yamaha_t4db10 Yamaha_t4db11 Yamaha_t4db12

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・基板サイズは本体サイズの半分ほど。小さな電源トランス。
 ・FM3連AM2連バリコン搭載のフロントエンド。これはT-5と同型です。
 ・レシオ検波+LA3381によるPLL MPX。
 ・T-5からSメーター回路を省略した感じです。
 ・AMはICを使っていません。

Yamaha_t4db20 Yamaha_t4db21 Yamaha_t4db22 Yamaha_t4db23 Yamaha_t4db24
Yamaha_t4db25 Yamaha_t4db26 Yamaha_t4db27 Yamaha_t4db28 Yamaha_t4db29

■修理記録------------------------------------------------------------

 ・フロントパネル正面から見て左側に照明電球が1個ありました。
 ・これが切れていたので、ストック品から同等品に交換。
 ・緑色の目盛りと周波数が浮かび上がっていい感じになりました。
 ・電球切れ以外に不具合は無かったです。

Yamaha_t4db40 Yamaha_t4db42

■調整記録------------------------------------------------------------

【FMフロントエンド調整】
 ・OSC調整 TC103,L103
 ・RF調整 TC101,TC102 / L101,L102
 ※L103がボンド固定されているので83MHzにて調整
【レシオ検波調整】
 ・NVcc~TM間にDC電圧計セット
 ・T101コア調整 → 電圧ゼロ(=左右の光量一致)
 ・VC101調整 → 高調波歪最小
【MPX調整】
 ・TP19kHzに周波数カウンタ接続
 ・VR4 VCO
 ・VR3 19kHzパイロット信号最小
 ・VR1 セパレーション調整Lch
 ・VR2 セパレーション調整Rch
【AM調整】
 ・OSC調整 AMTC2,T103
 ・RF調整 AMTC1,T102

Yamaha_t4d

 ※付随回路をすべて省略した超シンプル設計です。
 ※その割に左右独立セパレーション調整VRだけ豪華な造り。
 ※セパレーション調整では60dB近く確保できました。

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・緑色目盛りが浮き上る照明窓が上品な印象です。
 ・入門機の位置付けですが意外に良い音で鳴っています。

Yamaha_t4db08

« PIONEER F-007 修理調整記録1 | トップページ | KENWOOD L-01T 修理調整記録4 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PIONEER F-007 修理調整記録1 | トップページ | KENWOOD L-01T 修理調整記録4 »