フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« TRIO KT-9700 | トップページ | YAMAHA TX-2000 修理調整記録 »

2017年1月 8日 (日)

Technics ST-S8 修理調整記録

 ・2016年10月、テクニクス製薄型高級チューナーの修理調整を承りました。
 ・以下、作業報告です。

Sts808

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオ懐古録 Technics ST-S8 ¥98,000 1980年
 ・オーディオの足跡 Technics ST-S8 ¥98,000 1980年
 ・Hifi Engine Technics ST-S8 / 1982

Sts803 Sts804

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・1Uサイズ(44mm)の薄型ボディ、でも奥行きが約40cmもあります。
 ・レコードプレーヤー並みの大きさです。
 ・FMアンテナを接続して電源オン。周波数窓に76.1MHzが表示されました。
 ・FM受信範囲76.1MHz~89.9MHz
 ・オート受信により名古屋地区のFM放送局をすべて受信しました。
 ・周波数ズレなし。STEREOランプ点灯。実際にステレオ感あり。MUTING作動。
 ・FM電波強度をdB表示できます。AMも問題なさそう。

Sts805 Sts806 Sts807
Sts801 Sts802 Sts810 Sts812 Sts814

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・豪華7連バリキャップのフロントエンドが目立ちますね。
 ・uPC1167C:FM IF SYSTEM クアドラチュア検波
 ・uPC1161C:PLL MPX
 ・uPC1018C:AM SYSTEM
 ・メモリバックアップ用3連キャパシタが死亡しています。
 ※本機は底板が外せないので交換は見送りました。

Sts820 Sts821 Sts822 Sts823 Sts824
Sts825 Sts826 Sts827 Sts828 Sts829
Sts830 Sts831 Sts832 Sts833 Sts834
Sts835 Sts836 Sts837 Sts838 Sts839

■調整記録------------------------------------------------------------

【FM VT電圧】
 ・TP1 → DC電圧計セット
 ・受信周波数76.1MHz → L10調整 → 4.1V±0.1V ※実測3.9V
 ・受信周波数89.9MHz → CT7調整 → ※実測15.0V
【フロントエンド調整】
 ・VR501(Sメーターレベル調整)足にDC電圧計セット
 ・83.0MHz受信 → L1,L2,L4,L5,L6,L8調整 → 電圧最大
 ・83.0MHz受信 → T101調整 → 電圧最大
【クアドラチュア検波調整】
 ・TP102~TP103 → DC電圧計セット
 ・83.0MHz受信 → T102調整 → OV±20mV
 ・OUTPUT出力をWaveSpectra観測
 ・83.0MHz受信 → T103調整 → 高調波歪最小
【VCO調整】
 ・TP302 → 周波数カウンタセット
 ・83.0MHz無変調 → VR301調整 → 19kHz±30Hz
【パイロットバンドパスフィルター設定】
 ・TP301 → AC電圧計セット
 ・83.0MHzステレオ変調 → L302,L303調整 → 電圧最大
【パイロットキャンセル調整】
 ・83.0MHzステレオ変調 → L303,VR303調整 → 漏れ信号最小
 ・左右chバランス注意
【SUB信号】
 ・OUTPUT出力をWaveSpectra観測
 ・83.0MHz SUB変調 → VR302調整 → Lch信号最大
【ステレオ歪調整】
 ・83.0MHzステレオ変調 → T101調整 → 高調波歪最小
【セパレーション調整】
 ・83.0MHzステレオ変調 → VR401調整 → 反対chへの漏れ信号最小
【シグナルメーター調整】
 ・83.0MHz無変調60dB → VR501調整 → SメーターLEDフル点灯
 ・83.0MHz無変調80dB → VR502調整 → dB表示調整
【MUTINGレベル調整】
 ・83.0MHz無変調20dB → VR101調整 → MUTING作動位置へ
【アナログ周波数表示調整】
 ・89.9MHz無変調 → VR503調整 → 89.9MHz位置でLED点灯する位置へ
【AM VT電圧】
 ・TP201 → DC電圧計セット
 ・受信周波数522kHz → L202調整 → ※実測0.9V
 ・受信周波数1611kHz → CT201調整 → ※実測21.8V
 ・CBCラジオ(1053kHz受信)→ L201背面バーアンテナコア調整 → Sメーター最大
 ・CBCラジオ(1053kHz受信)→ L203,L20調整 → Sメーター最大

Sts8

Technics_sts8_sche2

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・チューナーに限らずテクニクスのガンメタデザインはカッコ良かったですね。
 ・登録したメモリを保持できませんがそれ以外は正常に使えます。
 ・電波強度表示は目安程度の精度です。
 ・FMアンテナ設置時に方向を決める用途に便利です。

Sts809

« TRIO KT-9700 | トップページ | YAMAHA TX-2000 修理調整記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRIO KT-9700 | トップページ | YAMAHA TX-2000 修理調整記録 »