フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

チューナー関連リンク

« SONY PS-X6 | トップページ | M-AUDIO M-TRACK 2×2M »

2017年3月19日 (日)

SANSUI TU-5900

 ・2017年1月、サンスイ製TU-5900の故障機が届きました。
 ・照明は綺麗に点灯しますが音声端子から音が出ない状態です。
 ・以下、作業記録です。

Sansui_tu590010

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 SANSUI TU-5900 ¥46,500(1976年頃)
 ・Hifi Engine Sansui TU-5900 Stereo AM/FM Tuner (1975-77)※サービスマニュアル

Sansui_tu590002 Sansui_tu590012

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・TU-5900は初めて触れる機種です。
 ・正面から見ると普通のコンポサイズ、でも奥行きが約25cmでとてもコンパクト。
 ・小型ボディながら重量6.4kg、持ち上げるとズッシリ感あり。
 ・FMアンテナを接続して電源オン。周波数窓がオレンジ色の照明に浮かび上がります。
 ・照明の感じはTU-707に似た雰囲気ですね。
 ・選局ツマミを回すと名古屋地区のFM局周波数辺りでSメーターとTメーターが大きく振れる。
 ・STEREOランプ点灯が赤く点灯。これはFM放送を受信しているようです。
 ・でも、OUTPUT端子からは音が出ない。RECOUT端子からも音が出ない。局間ノイズも出ない。
 ・MUTINGスイッチをオフにしても音が出ない。局間ノイズも出ない。
 ・モード切替でSTEREO/MONOに切り替えても音が出ない。
 ・試しにDISCRIMINATOR OUTPUT端子を確認するとここからは音が出ている。
 ・DISCRIMINATOR OUTPUT端子からはFM検波出力が出ているので検波回路までは正常。
 ・さらにステレオランプも点灯するのでMPX回路も大丈夫そう。
 ・ということは、怪しいのはミューティング回路か?
 ・引き出し式の背面バーアンテナで名古屋地区のAM放送を受信。
 ・AMは特に問題なさそう。

Sansui_tu590003 Sansui_tu590004 Sansui_tu590005 Sansui_tu590006 Sansui_tu590007
Sansui_tu590013 Sansui_tu590014 Sansui_tu590015 Sansui_tu590017 Sansui_tu590018

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・FM3連、AM2連バリコン搭載フロントエンド ※トリマ、コイルとも調整可
 ・IF BAND切替なし セラミックフィルタ×3段
 ・HA1137 クアドラチュア検波
 ・HA1196 PLL MPX IC
 ・HA1151 AM TUNER

Sansui_tu590020 Sansui_tu590021 Sansui_tu590022 Sansui_tu590024 Sansui_tu590025

 ・VR01:実装なし
 ・VR02:FM Sメーター調整
 ・VR03:Mutingレベル調整
 ・VR04:セパレーション調整
 ・VR05:VCO調整
 ・VR06:AM Sメーター調整

Sansui_tu590027 Sansui_tu590028 Sansui_tu590029 Sansui_tu590030 Sansui_tu590031

【備忘録】特殊形状の照明電球発見!
 ・TRIO KT-9007、KT-7007、SANSUI TU-717

Sansui_tu590040 Sansui_tu590042 Sansui_tu590043 Sansui_tu590044 Sansui_tu590045

■修理記録------------------------------------------------------------

 ・海外版回路図でミューティング回路の各部電圧確認。
 ・TR08:2SC711 が死んでいました。
 ・ミューティング回路のTR06、07、C56もついでに交換しました。
 ・2SC711:TR06,TR07,TR08 → 2SC1815 交換 ※足配列注意 BCE→ECB
 ・2SA726:TR09 → 2SA1015 交換 ※足配列注意 BCE→ECB
 ・C56:1uF/50V → 1uF/50V 交換
 ・ミューティングが解除されて音が出てきました。

Sansui_tu590050 Sansui_tu590051 Sansui_tu590052

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・海外版サービスマニュアルを参考にしました。
 ・FM Antenna Attenuator : out
 ・MPX Noise Canceller : out
 ・FM Muting : off
 ・Output Level : max
 ・Output出力をWaveSpectraで観察
【Tメーター中点】
 ・放送局が何もない位置 → T02調整 → Tメーター中点
【FM OSC調整】
 ・HA1137-13pin 電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・指針76MHz位置にセット
 ・SSG76MHz送信 → L03調整 → Sメーター電圧最大
 ・指針90MHz位置にセット
 ・SSG90MHz送信 → TC03調整 → Sメーター電圧最大
  ※Tメーター中点が多少ズレても気にしない。
【FM RF調整】
 ・HA1137-13pin 電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・SSG76MHz送信 → L01,L02調整 → Sメーター電圧最大
 ・SSG90MHz送信 → TC01,TC02調整 → Sメーター電圧最大
【FM IFT調整】
 ・SSG83MHz送信 → T01調整 → Sメーター電圧最大
【クアドラチュア検波調整】
 ・SSG83MHz送信 → T02調整 → Tメーター中点
 ・SSG83MHz送信 → T03調整 → 高調波歪最小
【ミューティング調整】
 ・SSG83MHz 20dB → VR03調整 → ミューティング作動位置へ
【Sメーター調整】
 ・SSG83MHz 80dB → VR02調整 → Sメーター振れ調整
【VCO調整】
 ・TP05 周波数カウンタ接続
 ・SSG 83MHz 無変調 → VR05調整 → 76kHz
【セパレーション調整】
 ・SSG83MHz ST信号送信 → VR04調整 → Lch/Rch 漏れ信号最小
【STEREO歪調整】
 ・WaveSpedtraで観察
 ・SSG83MHz送信 → T01調整 → 歪率最小
【AM OSC調整】
 ・729kHz TC05調整
 ・1332kHz T04調整
【AM RF調整】
 ・729kHzTC04
 ・1332kHzアンテナバー調整
【Sメーター調整】
 ・VR05調整 → Sメーター振れ調整

Tu5900

Sansui_tu5900_sche

■修理記録------------------------------------------------------------

 ・HA1196周辺の電解コンデンサー劣化が気になったので交換しました。
 ・C33,CX39,C52,C53:10uF/16v → 10uF/25v
 ・C35,C37:0.47uF/50v → 0.47uF/50v
 ・C40:0.22uF/35v → 0.22uF/50v
 ・C41:100uF/.16v → 100uF/35v ※回路図では220uF/16v
 ・C88:1uF/50v → 1uF/50v

Sansui_tu590055 Sansui_tu590056 Sansui_tu590057

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・TU-707によく似た照明窓で、なかなかイイ感じです。
 ・通常はFM Antenna Attenuator : out、MPX Noise Canceller : out、
 ・FM Antenna Attenuator : 電波が強くて歪む場合のみin
 ・MPX Noise Canceller : 微弱FM局をSTEREO受信時のみin
 ・特殊形状の電球も発見できて満足。

Sansui_tu590009

« SONY PS-X6 | トップページ | M-AUDIO M-TRACK 2×2M »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^・・・お世話になりました!元気に稼働してます、クリアではなく柔らかい音で鳴ってます~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SONY PS-X6 | トップページ | M-AUDIO M-TRACK 2×2M »