フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

« Technics ST-S6 | トップページ | SONY ST-S333ESXII 修理調整記録6 »

2017年4月 9日 (日)

SONY ST-A40

 ・2017年2月初め、ST-A40の再調整作業を承りました。
 ・HOジャンクコーナーで何度か遭遇したことがあるような気がします。
 ・初めて内部を見る機会をいただきました。

Sony_sta4010

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 SONY ST-A40 ¥34,000(1979年頃)
 ・オーディオの足跡 SONY ST-A35 ¥35,000(1980年頃)
 ・Hifi Engine SONY ST-A35 AM/FM Stereo Tuner (1980-81)

Sony_sta4002 Sony_sta4013

 ・A40/A35の説明文を読み比べると内容はほとんど同じ。
 ・海外サイトでST-A35の資料が見つかったので参考になりそうな予感です。

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・経年の汚れはありますが、外観に目立つキズはありません。
 ・フロントパネルはほぼ無傷。状態は良いです。
 ・FMアンテナを接続して電源オン。指針照明点灯。
 ・スケール全体をライトアップする照明は無さそうです。
 ・多少の周波数ズレはあるものの、名古屋地区のFM局を受信。
 ・緑色5連LEDのSIGNALメーター点灯。
 ・ACCUTE SERVO LOCK点灯。左右にズレた位置では赤色LED点灯。
 ・同調点に強制的に引き込まれるような感じです。
 ・STEREOランプ点灯。MUTING動作OK。REC CALトーンOK。
 ・背面バーアンテナで名古屋地区のAM局も受信OK。
 ・FM/AMとも周波数ズレがありますが、故障箇所は無さそうです。

Sony_sta4003 Sony_sta4004 Sony_sta4005 Sony_sta4017 Sony_sta4014
Sony_sta4007 Sony_sta4008 Sony_sta4009 Sony_sta4015 Sony_sta4016

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・FM3連、AM2連フロントエンドユニット → CF3段
 ・IC201:LA1231N:クアドラチュア検波
 ・IC301:KB4437 :PLL MPX
 ・IC401:LA1240 :AM TUNER
 ・IC701:LB1416 :LED DRIVER

Sony_sta4020 Sony_sta4021 Sony_sta4022 Sony_sta4024 Sony_sta4025
Sony_sta4026 Sony_sta4027 Sony_sta4029 Sony_sta4031 Sony_sta4032
Sony_sta4033 Sony_sta4034 Sony_sta4035 Sony_sta4037 Sony_sta4038

 ・久しぶりに東光KB4437に遭遇しました。
 ・KB4437はSONY ST-J55/J60 でも使われています。
 ・KB4437=PA1001。
 ・PIONEER製チューナーではPA1001としてよく見かけます。
 ・Harman Kardon TU905 回路図にあったKB4437ブロック図を転載します。

Harman_kardon_tu905_kb4437_2

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・ST-A40実機とST-A35回路図をじっくり比較しました。
 ・価格はほぼ同じですが、中身は ST-A40>ST-A35 でした。
 ・SERVO LOCK回路は共通。輸出機ST-A35の回路図が参考になりました。

Sony_sta40

【SERVO LOCK停止】
 ・IC601 JRC4558C-5ピン → GNDに落とす
 ・これによってSERVO LOCK機能停止
【FM同調点調整】
 ・音声出力をWaveSpectraで観測
 ・TP-NULL 電圧計セット
 ・SSG83MHz送信 → 歪率が最小になる位置を探す ※実測82.8MHz付近
 ・IFT201(橙)調整 → TP電圧ゼロ
 ・IFT201(黒)調整 → 高調波歪最小
【FM OSC調整】
 ・OSC調整コイル:L103がボンドで固められており調整不能
 ・従って調整はCT103のみ。
 ・RT201 Sメーター調整VRに電圧計セット(Sメーター代用)
 ・SSG83MHz → 指針を83MHzにセット → CT103調整 → 電圧最大
   ※CT103を83MHzに調整した場合
    ・76MHz → 76.2MHz
    ・83MHz → 83.0MHz
    ・90MHz → 89.6MHz
   ※CT103を90MHzに調整した場合
    ・76MHz → 76.2MHz
    ・83MHz → 83.3MHz
    ・90MHz → 90.0MHz
【FM RF調整】
 ・L101、L102はコイル間隔を調整するタイプ。
 ・これは上手く調整できないの今回はノータッチ。CT101とCT102のみ調整しました。
 ・RT201 Sメーター調整VRに電圧計セット(Sメーター代用)
 ・SSG83MHz → 指針を83MHzにセット → CT101,102調整 → 電圧最大
 ・SSG83MHz → 指針を83MHzにセット → T101調整 → 電圧最大
【FM高調波歪調整】
 ・音声出力をWaveSpectraで観測
 ・SSG83MHz → IFT201(黒)調整 → 高調波歪最小
【SERVO LOCK停止解除】
 ・IC601 JRC4558C-5ピン → 解除
【Sメーター点灯調整】
 ・RT201
【MUTING動作点調整】
 ・RT202
【VCO調整】
 ・TP VCO に周波数カウンター接続
 ・SSG83MHz(無変調)→ 76kHz
【パイロット信号キャンセル】
 ・音声出力をWaveSpectraで観測
 ・SSG83MHz(ST)→ RT301調整 → 19kHz信号を最小
【セパレーション調整】
 ・音声出力をWaveSpectraで観測
 ・SSG83MHz(ST)→ RT501調整 → 左右の漏れ信号最小
【REC CAL調整】
 ・音声出力レベルを記録
 ・RT601調整 → -6dB設定
【AM OSC調整】
 ・SSG AM 600kHz → 指針 600kHz位置にセット → T401調整
 ・SSG AM1400kHz → 指針1400kHz位置にセット → CT402調整
【AM RF調整】
 ・SSG AM 600kHz → バーアンテナ内コイル調整
 ・SSG AM1400kHz → CT401調整
【RT203】
 ・RT203(FM) = LA1231N-6ピン
 ・検波出力レベル調整 最大にしておきました
 ・RT201:SIG
 ・RT202:MUT
 ・RT203:FM
 ・RT301:PILOT
 ・RT302:VCO
 ・RT501:SEP
 ・RT601:CAL

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・当時のソニーらしいお洒落なデザインですね。
 ・シンプルな構成ですがFM/AMとも不満無く使えます。

Sony_sta4011

« Technics ST-S6 | トップページ | SONY ST-S333ESXII 修理調整記録6 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Technics ST-S6 | トップページ | SONY ST-S333ESXII 修理調整記録6 »