フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

チューナー関連リンク

« ONKYO Integta T-445XG | トップページ | SANSUI TU-α307 »

2017年7月 9日 (日)

PIONEER F-005

 ・2017年6月初め、FM専用機F-005の故障品が届きました。
 ・クリスタルロック機として有名な機種です。
 ・以下、作業記録です。

F00502

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 Pioneer F-005 ¥58,000(1979年頃)

F00501_2 F00510

 ・上位機 F-007 は F-28 として輸出されていましたがF-005は国内専用機だったようです。

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・外観は目立つキズもなく保存状態は良好です。
 ・背面には固定/可変出力端子とマルチパスH/V端子。
 ・FMアンテナがF型端子でないのが残念。
 ・電源コードの印字を見ると「2002」
 ・コードストッパーが傷だらけなので、電源コードを交換した先人がいたようです。
 ・75Ω~300Ω変換器を介して同軸ケーブルを接続し動作確認。
 ・電源オン。周波数窓に電球色の照明が点灯。タマ切れなし。
 ・名古屋地区のFM放送局を受信しました、、、が、+1MHz超の大幅な周波数ズレ。
 ・本来82.5MHzのNHK-FM名古屋局を目盛り83.7MHz位置で受信します。
 ・SメーターとTメーターの振れ具合は正常。
 ・ズレた位置でLOCKランプ点灯。STEREOランプ点灯。実際にステレオ感あり。
 ・REC CALトーンOK。可変出力用VRに多少のガリ。
 ・チューニングつまみを指で触れた状態で同調すると「TUNE」ランプが赤く点灯。
 ・この状態で指を離すと「LOCKED」ランプが緑色に点灯
 ・周波数ズレ以外の不具合は無さそうです。

F00503 F00504 F00505 F00506 F00508
F00510_2 F00511 F00512 F00513 F00514

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・フロントエンドはFM専用5連バリコン。
 ・IF BAND切替機能なし。CF×3段。
 ・PA3001A:クアドラチュア検波(HA11225と同じ)
 ・PA1001A:PLL MPX(東光KB4437と同じ)
 ・PA1002A:AFオーディオアンプ、ミューティング
 ・大型電源トランス手前の金属ボックスにクリスタルロック機能が収まっている。

F00520 F00521 F00522 F00523 F00524
F00525 F00526 F00527 F00528 F00529
F00530 F00531 F00532 F00533 F00534
F00535 F00536 F00537 F00538 F00539
F00540 F00541 F00542 F00543 F00544

 ・試しにフロントエンドのOSC調整をやってみました。
 【OSC調整】
  ・76MHz受信 → L5調整 → Sメーター最大
  ・90MHz受信 → TC5調整 → Sメーター最大

 ・これによって1MHzの周波数ズレは修正できました。
 ・当初はOSC発振回路の故障かと思いましたが単純な調整ズレでした。
 ・以下に示すその他の調整ポイントも大幅にズレていました。

■調整記録------------------------------------------------------------

F005

【クリスタルロック基板調整】
 ・チューナー基板 TP14~GND接続 ※クリスタルロック機能停止
 ・TP8 周波数カウンタ接続 → TC 調整 → 100kHz ※クロック調整 実測100.03kHz
 ・TP14電圧計接続 → VR3調整 → 7.24V±30mV ※ロック電圧中点設定 実測7.27V
 ・TP7 電圧計接続 → VR1調整 → 1.5Vp-p 実測1.0Vp-p
 ・チューナー基板 TP14~GND 間接続を外す  
 ・TP10~GND接続  
 ・TP14電圧計接続 → VR2調整 → 7.20V±30mV ※DCバランス調整 ※実測7.28V
 ・TP10~GND 間接続を外す  
【チューナー部調整】
 ・チューナー基板 TP14~GND接続 ※クリスタルロック機能停止
【OSC調整】
 ・76MHz受信 → L5調整 → Sメーター最大
 ・90MHz受信 → TC5調整 → Sメーター最大
【RF調整】
 ・76MHz受信 → L1,L2,L3,L4調整 → Sメーター最大
 ・90MHz受信 → TC1,2,3,4調整 → Sメーター最大
 ・83MHz受信 → IFT1調整 → Sメーター最大
【検波調整】
 ・83MHz受信 → IFT2調整 → Tメーター中点
【Sメーター調整】
 ・83MHz受信 → VR2調整 → Sメーター振れ具合調整
【MUTINGレベル調整】
 ・83MHz受信 → VR1調整 → ミューティング作動レベル調整
【REC CAL調整】
 ・83MHz受信 → VR6調整 → 339Hz、-6dB
 ・チューナー基板 TP14~GND接続解除
【VCO調整】
 ・TP58 周波数カウンタ接続
 ・83MHz受信 → VR4調整 → 76kHz±200Hz
【PILOTキャンセル調整】
 ・音声出力をWaveSpectraで観測
 ・83MHz受信 → VR5調整 → 19kHz成分最小
【セパレーション調整】
 ・83MHz受信 → VR3調整 → L/R漏れ成分最小
 ・実測L→R 61dB、L→R 59dB

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・OSC調整だけでなく、すべての調整箇所が大幅にズレていました。
 ・再調整によってほぼ復活したと思います。
 ・オレンジ色に浮かぶ照明窓がイイ感じです。

F00509

« ONKYO Integta T-445XG | トップページ | SANSUI TU-α307 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

大変ありがとうございました。
完璧な調整のおかげで、すごく高音質に受信できます。
外観や照明も、ほんのりと柔らかく癒されます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ONKYO Integta T-445XG | トップページ | SANSUI TU-α307 »