フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

チューナー関連リンク

« SONY ST-5000F 4号機 | トップページ | SONY ST-5950 修理調整記録2 »

2017年8月27日 (日)

SONY ST-4950

 ・2017年6月、ヤフオクでST-4950のジャンク品を入手しました。
 ・通電未確認でしたが、商品写真をよく見ると周波数の目盛りは崩れていない模様。
 ・実は、周波数の数字や目盛りが綺麗に残っているガラス板が欲しかった。
 ・夏休み、まずは使える状態にまで整備してみました。

St495010

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 SONY ST-4950 ¥69,800(1976年頃)
 ・Hifi Engine SONY ST-4950 AM/FM Stereo Tuner (1975-77)

St495001 St495013

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードの印字 → 1973
 ・経年の汚れはあるものの、ボディに目立つキズはない。
 ・電源を接続してスイッチオン、、緑色の周波数窓が浮かび上がる。
 ・心配していた周波数目盛りや数字にダメージ無し、これはラッキー!
 ・75Ω端子にFMアンテナを接続して名古屋地区のFM局を受信OK。
 ・+0.2MHz程度の周波数ズレ。
 ・Tメーター中点とSメーター最大が一致しない。
 ・STEREOランプの点灯が不安定。点灯したり点灯しなかったり。
 ・MUTING動作OK。
 ・AM放送は背面バーアンテナで名古屋地区のAM局を受信しました。
 ・問題点はFMの周波数ズレとステレオ分離周辺。

St495003 St495004 St495005 St495007 St495009
St495014 St495015 St495016 St495017 St495018

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・FM4連、AM2連バリコン → レシオ検波 → HA1156
 ・IFバンド Narrow/Wide切り替えなし
 ・RT201:Muting調整
 ・RT202:Sメーター振れ調整
 ・RT203:Mutingバランス調整
 ・RT301:VCO調整
 ・RT302:出力レベル調整Lch
 ・RT303:出力レベル調整Rch
 ・RT501:セパレーション調整

St495020 St495021 St495022 St495023 St495024
St495027 St495028 St495029 St495030 St495031
St495032 St495033 St495034 St495035 St495036
St495037 St495038 St495041 St495042 St495044

 ・周波数窓の照明方法や基板構成は先代の ST-5130,5140,5150とよく似ている。
 ・先代のMPX部をIC化(HA1156)でグレードアップした構成です。
 ・さらに、先代では視認しずらかったダイヤル指針は赤く光るタイプに変更。
 ・フロントパネル裏側の印字「49.10.49」 昭和49年(1974年)10月49日?
 ・数多く分解した経験の中で日付として読めない初ケースでした。

St495050 St495054 St495055 St495060 St495059

■調整記録------------------------------------------------------------

 ※参考資料:ST-5950サービスマニュアル

St4950

 【レシオ検波調整】
 ・アンテナ入力なし → IFT201左コア調整 → Tメーター中点
 【FM OSC調整】
 ・ダイヤル指針を周波数目盛り83位置にセット
 ・83MHz受信 → CT104調整 → Sメーター最大
 ※特殊なOSC回路を備えていますが調整できないので簡易法で対応
 【FMトラッキング調整】
 ・76MHz受信 → L101,L102,L103調整 → Sメーター最大
 ・90MHz受信 → CT101,CT102,CT103調整 → Sメーター最大
 ・83MHz受信 → IFT101調整 → Sメーター最大
 【検波歪調整】
 ・音声出力をWaveSpectraで観測
 ・83MHz受信 → IFT201右コア調整 → 高調波歪最小
 【ミューティング調整】
 ・83MHz受信 → RT201調整 → ミューティング作動レベル調整
 ・83MHz受信 → RT203調整 → ミューティングバランス調整※
 ※バランス調整
  ミューティングが作動するポイントをTメーター左右対称になるように調整
 【Sメーター振れ調整】
 ・83MHz受信 → RT202調整 → Sメーター最大振れ調整
 【VCO調整】
 ・IC301 HA1156 10ピンに周波数カウンタ接続
 ・アンテナ入力なし → RT301調整 → 19kHz
 【セパレーション調整】
 ・83MHz受信 → RT501調整 → 左右chの漏れ信号最小
 【オーディオレベル調整】
 ・RT302、RT303 左右信号レベルを揃える。
【AM調整】
 ・ダイヤル指針を600kHz位置にセット
 ・600kHz受信 → L402調整 → Sメーター最大
 ・600kHz受信 → バーアンテナ内L401調整 → Sメーター最大
 ・ダイヤル指針を1400kHz位置にセット
 ・1400kHz受信 → CT402調整 → Sメーター最大
 ・1400kHz受信 → CT401調整 → Sメーター最大

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・緑色に浮かび上がる周波数窓とふたつのメーターがイイ感じです。
 ・赤く光るタイプに変更されたダイヤル指針が好印象。
 ・納得できる一台に仕上がりました、、でも解体予定。

St495011

« SONY ST-5000F 4号機 | トップページ | SONY ST-5950 修理調整記録2 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SONY ST-5000F 4号機 | トップページ | SONY ST-5950 修理調整記録2 »