フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« YAMAHA TX-2000 修理調整記録3 | トップページ | TRIO KT-7000 »

2018年4月15日 (日)

TRIO KT-9700 修理調整記録

 ・2018年3月、KT-9700の修理調整作業を承りました。
 ・Lchから雑音が聴こえるそうです。
 ・以下、作業記録です。

Kt970011

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオ懐古録 TRIO KT-9700 ¥150,000 1976年
 ・Hifi Engine KENWOOD Model 600T $650 1976

Kt970002 Kt970014

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードの印字 1976。
 ・年代相応の汚れ、フロントパネルにいくつか目立つキズ。
 ・背面パネル左右に取り付けられたプラスチック製のガード部品が破損。
 ・可変出力のLch端子が破損。ボディ後部の角に凹み。
 ・過去に落下事故があったかもしれません?
 ・さてFMアンテナを接続して電源オン。Tメーターの照明電球が切れている。
 ・SメーターとTメーターの動きは正常。
 ・IFバンド切替に応じてインジケーター点灯。STEREOランプ点灯。
 ・MPX filterの赤色LEDが点灯しない。
 ・固定出力端子で名古屋地区のFM局受信を確認。
 ・マルチパスH端子からも放送が聞こえる。
 ・とりあえず正常に受信しているようです。
 ・ご指摘事項のノイズはまだ確認できません。

Kt970003 Kt970004 Kt970005 Kt970006 Kt970007
Kt970008 Kt970009 Kt970015 Kt970016 Kt970018

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・X01-1250-10:RF 基板
 ・X02-1090-10:IF 基板
 ・X02-1110-10:検波基板
 ・X04-1090-10:MPX基板
 ・X13-2370-10:スイッチ基板
 ・X00-1810-10:電源基板

Kt970020 Kt970025 Kt970027 Kt970030 Kt970036
Kt970039 Kt970044 Kt970045 Kt970046 Kt970049

■修理記録:可変出力端子修理------------------------------------------

 ・Lch端子が大きく変形しています。
 ・力技で元の位置に戻しました。
 ・Lchから雑音というのはこれが原因かも?

Kt970019 Kt970050 Kt970051 Kt970052 Kt970053

■修理記録:電球交換--------------------------------------------------

 ・切れていたTメーター照明電球を取り外し。
 ・ジャンク箱にあった中古電球に交換。
 ・次にMPX FILTERの赤色LEDの交換するため基板を分解。
 ・KT-9700のインジケーター基板を分解するのは初体験です。
 ・IF BAND用の緑色LEDとSTEREO、MUTING、MPX FILTERを示す赤色LEDが並んでいます。
 ・赤色LEDは独特の凸型。同時期のTRIO製チューナーでよく見るタイプです。
 ・他機種では何回か同等部品に交換したことがあります。
 ・ただ、KT-9700では凸型LEDが基板にハンダ付けされていました。
 ・手持ちの凸型LEDと交換しようとしましたがサイズが微妙に合いません。
 ・残念ですが、MPX FILTERを使う場面は少ないのでこのままにしておきます。

Kt970070 Kt970071 Kt970072 Kt970060 Kt970061
Kt970054 Kt970062 Kt970063 Kt970064 Kt970065
Kt970066 Kt970067 Kt970068 Kt970069 Kt970007_2

■調整記録------------------------------------------------------------

【OSC調整】
 ・SSG 83.0MHz → フロントエンドOSC調整 → Sメーター最大
 ※一点調整のため両端では多少のズレが発生します
【RF調整】
 ・SSG 76.0MHz → L1,L3,L4,L5,L7,L8,L9 → Sメーター最大
 ・SSG 90.0MHz → TC1,TC2,TC3,TC4,TC5,TC6,TC7 → Sメーター最大
【IFT調整】
 ・SSG 83.0MHz → フロントエンドL12調整 → Sメーター最大
 ・歪最小になるIF周波数=10.73MHz
【Tメーターオフセット調整】
 ・IF基板(X02-1090-10)12番端子に周波数カウンタ接続
 ・IFバンド=WIDE
 ・SSG 83.0MHz → 選局ツマミを回して1.994MHz(*)を示す位置へ
 ・検波基板(X02-1110-10) VR1調整 → Tメーター中点
  ※本機の実測IF周波数=10.73MHz
  ※本機の水晶発振子= 8.736MHz
  ※第2IF周波数10.73-8.736=1.994MHz
  ※本来は10.7-8.736=1.964MHzですが実機に合わせました。
【IF歪調整】
 ・IFバンド=WIDE
 ・SSG 83.0MHz → Tメーター中点へ
 ・IF基板(X02-1090-10) L15,L16,L17,L18調整 → 高調波歪最小
 ・IFバンド=NARROW
 ・SSG 83.0MHz → Tメーター中点へ
 ・IF基板(X02-1090-10) L19調整 → 高調波歪最小
【ミューティング調整】
 ・IF基板(X02-1090-10) D1カソード側にDC電圧計セット
 ・SSG 83.0MHz → L20調整 → 電圧最大
 ・ミューティングスイッチ40dB → VR1調整
 ・ミューティングスイッチ20dB → VR2調整
【Sメーター調整】
 ・IF基板(X02-1090-10) D9カソード側にDC電圧計セット
 ・SSG 83.0MHz → L21調整 → 電圧最大
 ・SSG 83.0MHz 20dB → VR3調整 → SメーターMIN調整
 ・SSG 83.0MHz 90dB → VR4調整 → SメーターMAX調整
【出力調整】
 ・MPX基板(X04-1090-10) R2右足にAC電圧計セット
 ・SSG 83.0MHz 100%変調信号 → VR1調整 → 500mV
【VCO調整】
 ・MPX基板(X04-1090-10) TP 周波数カウンタ接続
 ・SSG 83.0MHz → VR2調整 → 19kHz
【セパレーション調整】
 ・固定出力端子をWaveSpectraに接続
 ・IFバンド=WIDE
 ・SSG 83.0MHz ST信号 → VR3調整 → Rch
 ・SSG 83.0MHz ST信号 → VR4調整 → Lch
【DEVIATIONメーター調整】
 ・SSG 83.0MHz 100%変調信号 → VR5調整 → DEV.メーター100%位置へ

Kt9700new

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・ご指摘事項の「Lchから雑音」は確認できませんでした。
 ・破損していた端子の影響があったかもしれません??
 ・各部調整して良い音で受信できるようになったと思います。

Kt970010

« YAMAHA TX-2000 修理調整記録3 | トップページ | TRIO KT-7000 »

コメント

この度はありがとうございました。
おかげで、調子よく動作しております。
このチューナーの音質は、放送局と直結したような音質で、大変気に入っております。
これで、安心して使用できます。
ありがとうございました。

KT-9700 について
OUT PUT レベルを「メモリ 5」で通常聴いてします。
この時、片側(左側)の音声が低く、メモリを最大に近づければ正常になり、暫くして「メモリ 5」に戻すと良くなります。
これは、VRの接触に不具合が出ているのですか。

fukae様

固定出力端子でも左右の音量差があるのでしょうか?

可変出力だけの問題ならVR内部の接触不良かな?と想像します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YAMAHA TX-2000 修理調整記録3 | トップページ | TRIO KT-7000 »