フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

チューナー関連リンク

« SONY ST-S333ESX | トップページ | SONY ST-JX500 »

2018年6月24日 (日)

Victor T-X500

 ・2018年5月初め、T-X500の故障機が届きました。
 ・初体験機種です。

Tx50011

■製品情報-----------------------------------------------------------

オーディオの足跡 VICTOR T-X500 ¥39,800(1984年11月発売)

Tx50002 Tx50014

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・F型端子にFM同軸ケーブル接続して受信確認。
 ・オート選局ではすべてのFM放送局を素通りして受信不可。
 ・マニュアル選局でFM放送を受信するがSTEREOランプ点灯せず。
 ・AM放送は背面ループアンテナで受信OK。オートチューニング可能。
 ・メモリー登録できるが、電源コンセントを抜くと消失する。

Tx50003 Tx50004 Tx50005 Tx50006 Tx50007
Tx50008 Tx50009 Tx50015 Tx50016 Tx50017

■内部確認-------------------------------------------------------------

 ・5連バリキャップの豪華フロントエンド
 ・CF×2個 → LA1235 → LA3400
 ・LA1235 → クアドラチュア検波、MUTING、Sメーター
 ・LA3400 → PLL-MPX
 ・LA1245 → AMチューナーシステム

Tx50020 Tx50021 Tx50022 Tx50023 Tx50024
Tx50025 Tx50026 Tx50027 Tx50028 Tx50029
Tx50030 Tx50031 Tx50032 Tx50033 Tx50034
Tx50035 Tx50036 Tx50037

■調整記録-------------------------------------------------------------

 ・資料がないので回路構成を追いながら調整方法を模索しました。

【VT電圧調整】
 ・TP501 → 電圧計セット
 ・90MHz → TC104調整 → 22.5V ※確認のみ
 ・76MHz → L104調整 → 7.3V ※確認のみ
【FM同調点調整】
 ・TP101 → DC電圧計セット
 ・83MHz受信 → T102(奥側)コア調整 → 電圧ゼロ 実測-655mV
 ・83MHz受信 → T102(前側)コア調整 → 高調波歪最小
 ▲T102(奥側)で電圧ゼロ調整できない
【トラッキング調整】
 ・IC101:LA1235-13pin → DC電圧計セット
 ・90MHz → TC101,102,103,105調整 → 電圧最大
 ・76MHz → L101,102,103,105調整 → 電圧最大
 ・83MHz → T101調整 → 電圧最大

Tx50000

■修理記録------------------------------------------------------------

 ・FM同調点調整でT102(奥側)コアで電圧ゼロに調整できない。
 ・同調点が検出できないのでオート選局が動作しない。
 ・原因はT102内部のコンデンサー容量抜けか?
 ・本機には底面点検口がないので、基板を外して裏返す必要があります。
 ・試しに温度補償型コンデンサー22pFを基板面に直付け。
 ・これによってFM同調点のゼロ点調整が出来ました。
 ・オート選局で受信できるようになりました。
 ・基板を外したついでにメモリー保持用のキャパシタを交換しました。

Tx50040 Tx50041 Tx50042 Tx50043 Tx50044

■調整記録------------------------------------------------------------

【FM同調点調整】
 ・TP101 → DC電圧計セット
 ・83MHz受信 → T102(奥側)コア調整 → 電圧ゼロ
 ・83MHz受信 → T102(前側)コア調整 → 高調波歪最小
【セパレーション調整】
 ・83MHzステレオ受信 → R171調整 → 反対chへの漏れ信号最小
【Sメーター調整】
 ・83MHz受信 → R156調整 → Sメーター(dB表示)調整
 ・dB表示の精度はあまり良くないです。
 ・50~70dB辺りが正しく表示されるように調整しました。
 ・それでも目安程度です。
【Muting調整】
 ・83MHz受信 → R155調整 → Muting動作設定
【AM調整】
 ・R313 → DC電圧計セット
 ・ 729kHz(NHK)受信 → T301調整 → 電圧最大
 ・1332KHZ(東海)受信 → TC301,TC302調整 → 電圧最大
 ・R313調整 →  Sメーター(dB表示)調整

■試聴---------------------------------------------------------------

 ・最近検波回路の故障、特にコンデンサの容量抜けによく遭遇します。
 ・製造から30年超ですからそろそろ部品の寿命でしょうか。

Tx50012

« SONY ST-S333ESX | トップページ | SONY ST-JX500 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SONY ST-S333ESX | トップページ | SONY ST-JX500 »