フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

チューナー関連リンク

« Technics ST-7600 | トップページ | Accuphase T-106 修理調整記録 »

2018年9月23日 (日)

SONY ST-5090 修理調整記録2

 ・2018年8月末、またまた昭和の香り漂うオールドチューナーが届きました。
 ・先日調整したST-5070の弟機です。
 ・以下、作業記録です。

St509003

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 SONY ST-5090 ¥34,800(1975年頃)
 ・SONYカタログ 1974年5月版 / ST-5000F,ST-5130,ST-5150D,ST-5070,ST-5090

St509002 St509011

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードの印字:1974
 ・白木調ボディに目立つキズ無し。
 ・フロントパネルはとてもキレイな状態。
 ・電源レバー、選局ツマミ、プッシュボタン、背面端子など光沢あり。
 ・300Ω端子にアンテナを接続して電源オン。
 ・緑色の照明窓とオレンジ色の指針が浮かび上がる。電球切れなし。
 ・照明窓内側もキレイに清掃済みのようです。
 ・+5.0MHzほどの大幅な周波数ズレで名古屋地区のFM局を受信。
 ・Sメーターが大きく振れ、STEREOランプ点灯。
 ・ST-5070/5090の外観上の違いはMUTINGボタンの有無。
 ・ST-5090はMUTINGボタンが無いだけでなく、MUTING機能そのものが無い。
 ・AMは背面アンテナを接続しなくても名古屋地区のAM放送受信OK。
 ・ボディ内部にバーアンテナを内蔵している模様。

St509004 St509005 St509006 St509007 St509009
St509001 St509010 St509012 St509013 St509014

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・ボディ内部にAMバーアンテナ内蔵
 ・FM3連、AM2連フロントエンド → CFフィルタ×2 → レシオ検波
 ・IFT201:Ratio Det.
 ・L301:38kHz trans.
 ・RT501:Separation Adj.
 ・L403:AM OSC coil
 ・ST-5070より大幅に簡略化されたコストダウン機。

St509020 St509021 St509022 St509023 St509024
St509025 St509026 St509027 St509028 St509029
St509030 St509031 St509032 St509033 St509034

■調整記録------------------------------------------------------------

【FM OSC調整】
 ・指針90MHz位置 → 90MHz → CT103調整 → Sメーター最大
 ・指針76MHz位置 → 76MHz →  L103調整 → Sメーター最大
【FM トラッキング調整】
 ・90MHz受信 → CT101,CT102調整 → Sメーター最大
 ・76MHz受信 → L101,L102調整 → Sメーター最大
 ・83MHz受信 → IFT101調整 → Sメーター最大
【レシオ検波調整】
 ・83MHz受信 → IFT201調整 → 高調波歪最小
【セパレーション調整】
 ・83MHz SUB信号 → T301調整 → Lchレベル最大
 ・RT301調整 → セパレーション調整
【AM調整】
 ・指針 600kHz位置 →  600kHz → L403調整 → Sメーター最大
 ・指針1400kHz位置 → 1400kHz → CT402,401調整 → Sメーター最大

St5090

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・大幅な周波数ズレでしたが故障個所は無かったです。
 ・再調整によりFM/AMとも違和感なく使える様になりました。
 ・緑色に浮かび上がる照明窓がとてもイイ感じです。 

St509008

« Technics ST-7600 | トップページ | Accuphase T-106 修理調整記録 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Technics ST-7600 | トップページ | Accuphase T-106 修理調整記録 »