フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

チューナー関連リンク

« Technics ST-7300II | トップページ | SONY ST-5090 修理調整記録2 »

2018年9月16日 (日)

Technics ST-7600

 ・2018年7月、部品取り目的でジャンク品のST-7600を入手しました。
 ・以下、整備記録です。

St760006

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 Technics ST-7600 ¥37,800(1975年頃)
 ・Hifi Engine Technics ST-7600 AM/FM Stereo Tuner (1976-77)
 ※周波数窓のデザインが国内機とちょっと違います。

St760002 St760011

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・周波数窓の前面に透明アクリル板を置くデザインはST-8600やST-8200に似ている。
 ・ボディ全体に経年の汚れがこびり付いているが、目立つキズはない。
 ・FMアンテナ端子に同軸ケーブルを接続して電源オン。
 ・周波数窓と二つのメーターの照明点灯。ちょっと暗いのでタマ切れか?
 ・名古屋地区のFM放送受信OK。STEREOランプ点灯。
 ・+0.2MHz程度の周波数ズレ。
 ・Sメーター最大点とTメーター中点が一致しない。
 ・IF BAND(WIDE/NARROW)切換OK。MUTING動作OK。
 ・HI-BLENDの効果はよく分からない。
 ・AM放送受信を背面バーアンテナで確認。
 ・名古屋地区のAM放送受信OK。

St760001 St760003 St760004 St760005 St7600010
St760012 St760013 St760014 St760015 St760016

■内部記録------------------------------------------------------------

 ・内部を見ると垂直に配置された2枚の基板が特徴的。
 ・チューナー基板とオーディオ基板に分けてあるようです。
 ・「バーチカルアライメント」の意味が分かりました。
 ・照明電球は2個だけ。タマ切れは無かったです。
 ・これで周波数窓と2個のメーターを照らし出すのでちょっと暗い印象。
 ・FM3連、AM2連の小さなバリコンユニット
 ・IC1:AN217
 ・IC2:SN76115N
 ・VR1:FM S Meter
 ・VR2:MUTE
 ・VR3:VCO
 ・VR101:SEP

St760020 St760021 St760022 St760023 St760024
St760025 St760026 St760027 St760028 St760029

■調整記録------------------------------------------------------------

76001

【レシオ検波調整】
 ・アンテナ入力なし
 ・T1(緑)調整 → Tメーター中点
【FM OSC調整】
 ・76MHz受信 → L3 調整 → Sメーター最大
 ・90MHz受信 → TC3調整 → Sメーター最大
【FM RF調整】
 ・76MHz受信 → L1,L2調整 → Sメーター最大
 ・90MHz受信 → TC1,TC2調整 → Sメーター最大
【IF調整】
 ・IF BAND:NARROW
 ・83MHz 1kHz受信 → T2,T3調整 → 高調波歪最小
【検波歪調整】
 ・音声出力をWaveSpectraに接続
 ・83MHz受信 → T1(赤)調整 → 高調波歪最小
【Sメーター振れ調整】
 ・83MHz受信 → VR1調整 → Sメーター振れ調整
【VCO調整】
 ・TP34 → 周波数カウンタ接続
 ・83MHz無変調 → VR3調整 → 19kHz±30Hz
【セパレーション調整】
 ・音声出力 → WaveSpectraで観測
 ・83MHz受信 → VR101調整(別基板)→ 反対chへの漏れ信号最小
【AM OSC調整】
 ・600kHz → L7調整 → Sメーター最大
 ・1400kHz → TCA2調整 → Sメーター最大
【AM RF調整】
 ・600kHz → バーアンテナ調整 → Sメーター最大
 ・1400kHz → TCA1調整 → Sメーター最大
【AM IFT調整】
 ・1000kHz → T5,T6調整 → Sメーター最大

76002

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・前回調整したST-7300IIと比べるとフロントパネルに高級感があります。
 ・ただ照明点灯時の周波数窓の美しさが乏しい感じ。

St760007

« Technics ST-7300II | トップページ | SONY ST-5090 修理調整記録2 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

Bluess様

いつも楽しく拝見しています。

ST-7300IIやST-7600など、何やら銀色の配線や黒いものが基板表面に
形成されている基板があります。

これは銀スルーホール基板で、片面基板の表面に、銀ペーストによる
配線とスルーホール、カーボンペーストによる抵抗を印刷形成したもの
です。基板にHDKのマークがありますので北陸電気工業社製ですね!

通常の両面基板よりも低コストで両面基板が形成できる特徴があり、
自分も年代は下りますが80年代の後半に随分お世話になりました。。。

通常基板の配線は銅箔ですのである程度の曲げには耐えますが、銀
ペーストもカーボンペーストも曲げるとクラックが入り断線しますので、
これらの基板は、メンテの際に無理に曲げないように、、、ということで!

exjf3eqs様

専門家のお立場からいつもステキなコメントをいただき誠にありがとうございます!

実はAN217,AN377,AN363に興味が湧いてオールドTechnics機を入手しました。基板にあったHDKマークは気になっていましたが「北陸電気工業」の事だったんですね。銀ペースト、カーボンペーストについても新たに学習させていただきました。深々感謝!!

Bluess様

そういえば、、、どうでも良いことですが(笑)

ST-7600に使われているAN217のパッケージはセラミック製です。
セラミックDIPパッケージ、略してサーディップと呼称してました。
蓋つきのセラミックパッケージで中は中空になっています。

ST-7300IIに使われているAN217Pのパッケージはプラスチック製です。
こちらは樹脂で内部まで充填封止されており、中空部分はありません。

セラミックパッケージは高額なため、プラスチック製に置き換えて
いきました。

AN217のように、最初セラミックで組立た後、プラスチックに置き換えた
ものは末尾にPを付けていたと記憶しています。
AN377、AN363は、どちらも最初からプラスチックパッケージで製造開始
したので、末尾にPはついていない、、、だった筈です。

AN217とAN217Pは恐らく内部のチップは同一で、互換性はありますの
で、メンテ用に差し替え可能です。

exjf3eqs様

AN217とAN217Pの違いは貴重な情報ですね、、誠にありがとうございます。

ANシリーズICはデータシートが入手困難で、サービスマニュアルや回路図で遭遇するブロック図を参考にしています。今回もその一環なのですが、AN217、AN363、AN377で構成したTechnics製チューナーが結構ありますね。次々にテーマが見つかって興味が尽きません。

 松下半導体の仕様書は「ナショナル半導体ハンドブック19**」という本にまとめて刊行されていました。今はどうなんでしょうか?

 先日国会図書館で調べものをする機会がありましたが、日本一の蔵書というだけあって、多くの書物の閲覧とコピー依頼が可能でした。

 国会図書館の蔵書はネットでも検索できますので(http://www.ndl.go.jp/)
試しに「ナショナル半導体ハンドブック」で検索すると、1966年~1988年まで17冊蔵書されていました。AN217等は1973年版、1977年版に掲載されていそうですね。

 次回国会図書館に行く機会があれば探してみます。。。

exjf3eqs様

「ナショナル半導体ハンドブック19**」

なるほど、そういう専門書があったのですね。専門家の皆様にとっては当たり前の事でも部外者には新鮮な情報です。私も調べてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Technics ST-7300II | トップページ | SONY ST-5090 修理調整記録2 »