フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

チューナー関連リンク

« TRiO KT-1100 修理調整記録3 | トップページ | TRIO L-07TII »

2018年10月21日 (日)

TRIO KT-7700 修理調整記録3

 ・2018年9月末、KT-7700の修理調整を承りました。
 ・以下、作業記録です。

Kt770003

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオ懐古録 TRIO KT-7700 ¥78,000(1976年)
 ・TRIO KT-7700/KT-7500 カタログ 1976年5月版
 ・Hifi Engine KENWOOD KT-8300 ※輸出機 型番注意!

Kt770002 Kt770011

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・外観はとてもキレイな個体で目立つキズはほとんどない。
 ・FM同軸アンテナを接続して電源オン。
 ・周波数窓と3つのメーターを照らすオレンジ色の照明が点灯。電球切れ無し。
 ・Narrow、MPXfilter の赤色LEDインジケーター点灯。
 ・地元のFM放送局をすべて受信OK。僅かに周波数ズレ。
 ・ただTメーター中点とSメーター最大点が一致しない。
 ・MUTINGは作動するが、作動レベルがおかしい。
 ・STEREOランプ点灯するが点灯範囲がとてもシビア。
 ・しばらく受信しているとSTEREOランプ消灯してモノラル受信になる。
 ・固定/可変端子とも音声確認。
 ・MULTIPATH H出力から音声確認。
 ・故障というより調整箇所があちこちズレているようです。

Kt770004 Kt770007 Kt770005 Kt770008 Kt770009
Kt770013 Kt770014 Kt770015 Kt770016 Kt770017

■内部確認-------------------------------------------------------------

 ・本体底板に修理記録シール
 ・S56.6.5 アース不良 1981年

Kt770020 Kt770021 Kt770023 Kt770024 Kt770025
Kt770026 Kt770027 Kt770028 Kt770029 Kt770030
Kt770031 Kt770032 Kt770033 Kt770034 Kt770035
Kt770036 Kt770037 Kt770038 Kt770039 Kt770040

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・輸出機用サービスマニュアルに従って各部調整してみました。

Trio_kt7700_alig

【検波調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・アンテナ入力なし → VR 4調整 → Tメーター中点
 ・IF BAND=WIDE
 ・アンテナ入力なし → VR12調整 → Tメーター中点
【フロントエンドOSC調整】
 ※OSCトリマ調整孔が背面にありますが、隙間が狭いのでこれを回すのは難しいです。
 ※+0.1MHzの周波数ズレはご容赦ください。
【フロントエンドRF調整】
 ・TP1(R77右足)→ DC電圧計セット
 ・IF BAND=NARROW
 ・76MHz 60dB 受信 → RFコイル6個調整 → 電圧最大
 ・90MHz 60dB 受信 → RFトリマ6個調整 → 電圧最大
【検波調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・アンテナ入力なし → VR 4調整 → Tメーター中点
 ・IF BAND=WIDE
 ・アンテナ入力なし → VR12調整 → Tメーター中点
【IFトリガー調整】
 ・TP1(R77右足)→ DC電圧計セット
 ・83MHz 60dB 受信 → L11調整 → 電圧最大
 ・83MHz  0dB 受信 → L10調整 → 電圧最大(※L10 フロントエンド内)
【IFトリガーレベル調整】
 ・83MHz 60dB 受信 → VR2調整 → 電圧DC1.8V
 ・アンテナ入力なし→ VR1調整 → 電圧DC0.6V
【Sメーター振れ調整】
 ・83MHz 80dB 受信 → VR3調整 → Sメーター目盛り5
【MUTING調整】
 ・MUTING=1
 ・83MHz 16dB 受信 → VR9調整 → MUTING作動
【VCO調整】
・周波数カウンタをTP2接続
 ・アンテナ入力なし → VR 7調整 → 19kHz
【OUTPUTレベル調整】
 ・FM DET OUT端子にAC電圧計セット
 ・76MHz 1kHz 100%変調 60dB 受信 → VR10調整 → 電圧AC300mV
【セパレーション調整】
 ・音声出力端子にWaveSpectra接続
 ・83MHz ST信号 60dB受信 → VR 5調整 → Lch信号最小
 ・83MHz ST信号 60dB受信 → VR 6調整 → Rch信号最小
【ステレオ歪調整】
 ・音声出力端子にWaveSpectra接続
 ・83MHz ST信号 60dB受信 → L10調整 → 高調波歪最小
【DEVIATIONメーター調整】
 ・83MHz 1kHz 100%変調 60dB 受信 → VR 8調整 → Dメーター目盛り100%

Kt8300sche

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・故障個所は無かったです。
 ・上記再調整によって使えるようになりました。
 ・オレンジ色の照明窓がとても美しいですね。
 ・TメーターとSメーターの動きが一致して気持ちイイです。

Kt770010

« TRiO KT-1100 修理調整記録3 | トップページ | TRIO L-07TII »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
こちらでのお礼が遅くなりまして申し訳ございません。
KT-7700は大変順調に稼働しており、音の濁りまでが取れたような気さえします。
FMのリスニングが本当に快適になりました。
番組そのものは時代の流れもありちょっと賑やかすぎるものが多いですが、
それでもFMのBGMはいいですね。

この度はどうもありがとうございました。

お返しした後も無事に動作しているようで安心しました。
製造から40年も経過した製品ですが、メンテナンスすればまだまだ使えます。FM放送が続く限りは大切に使っていきたい機種ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRiO KT-1100 修理調整記録3 | トップページ | TRIO L-07TII »