フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« Victor FX-711 修理調整記録5 | トップページ | Accuphase T-107 »

2019年7月21日 (日)

YAMAHA TX-900 修理調整記録1

 ・2019年6月、TX-900の修理調整作業を承りました。
 ・カラフルな表示部が印象的なチューナーです。


Tx90008

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 YAMAHA TX-900 ¥49,800(1987年発売)
 ・Hifi Engine Yamaha TX-900 AM/FM Stereo Tuner (1986-90)

Tx90002Tx90011

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・ボディ後部に目立つ擦り傷あり。それ以外はまずまずのコンディション。
 ・電源コードはメガネ式のコネクタタイプ。
 ・F型端子にアンテナを接続して動作確認スタート。
 ・電源投入OK。表示部にカラー液晶点灯。カラフルで表示量が多い。
 ・オート選局で名古屋地区のFM局受信OK。マニュアル選局OK。周波数ズレなし。
 ・STEREOランプ点灯。IF BAND(Wide/Narrow/Super Narrow)切換OK。
 ・手持ちのループアンテナを接続してAM受信確認。
 ・オート選局で名古屋地区のAM局受信OK。マニュアル受信もOK。
 ・どうやら故障個所は無さそう。

Tx90003Tx90004Tx90005Tx90006Tx90007
Tx90010Tx90012Tx90013Tx90014Tx90015

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・FM4連バリキャップ
 ・IF BAND切換:WIDE / NARROW / SUPER NARROW
 ・広帯域レシオ検波
 ・LA3450:PLL FM MPX Stereo Demodulator
 ・LA1245:AM Electronic Tuner

Tx90020Tx90021Tx90022Tx90023Tx90024
Tx90025Tx90026Tx90027Tx90028Tx90029
Tx90030Tx90032Tx90033Tx90034Tx90035

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・TUNING MODE:AUTO
 ・IF BAND:WIDE
 ・HI BLEND:OFF
 ・MODE:AUTO STEREO
 ・オーディオ出力をWaveSpectra接続
【電圧確認】
 ・+12 → +12.5V±0.5V → ※実測+12.3V
 ・+5.5 → + 5.5V±0.5V ※実測+5.4V
 ・+30 → +30V+0,-3V → ※実測+28.5V
 ・FM受信時 FB → +12V ※実測+12.7V
 ・AM受信時 AB → +12V ※実測+12.7V
【レシオ検波調整】
 ・IF BAND:WIDE
 ・NVcc~S OUT DC電圧計セット
 ・アンテナ入力なし → T107調整 → 0.0V
 ・83.0MHz 1kHz 100% → 電圧計ゼロを確認
【VT電圧調整】
 ・VT~GND DC電圧計セット
 ・90.0MHz アンテナ入力なし → T108調整 → 25.0V±0.2V ※実測22.3V
 ・76.0MHz アンテナ入力なし → 確認のみ → 7.1V
【RF調整】
 ・VR104の足 DC電圧計セット(※Sメーター電圧)
 ・76.0MHz 1kHz 60dB受信 → L101,L102,L103調整 → 電圧最大
 ・90.0MHz 1KHz 60dB受信 → VC101,VC102,VC103調整 → 電圧最大
【モノラル歪調整】
 ・83.0MHz 1kHz → VC104,VR105調整 → Mono歪最小
【ステレオ歪調整】
 ・IF MODE:WIDE
 ・83.0MHz 1kHz ST → T104,T105,T106,VR101,VR102調整 → STEREO歪最小
【セパレーション調整】
 ・IF MODE:WIDE
 ・83.0MHz 1kHz ST → VR107調整 → L→R漏れ信号最小
 ・83.0MHz 1kHz ST → VR108調整 → R→L漏れ信号最小
【パイロット信号キャンセル調整】WIDE
 ・83.0MHz 1kHz ST → VR106,T112調整 → 19kHz成分最小
 ・左右chのバランスに注意
【シグナルメーター調整】
 ・83.0MHz 1kHz ST → VR104調整 → レベルメーター点灯調整
【IF オフセット調整】
 ・TP~Eを短絡
 ・82.98MHzの表示が「29.8」という表示に変わる。
 ・VR109調整 → 「29.4」→「30.0」と表示されるように調整
 ・調整後はTP~Eを開放
【参考:調整用設定】
 ・TP~E 短絡を短絡するとメモリ内容が調整用周波数に設定される
 ・p1/P11 AM630kHz
 ・p2/P12 AM1080kHz
 ・p3/P13 AM1440kHz
 ・p4/P14 FM76.0MHz
 ・p5/P15 FM83.0MHz
 ・p6/P16 FM84.0MHz
 ・p7/P17 FM86.0MHz
 ・p8/P18 FM90.0MHz
 ・p9/P19 FM78.00MHz/Fine Tuning
 ・p10/P20 FM88.00MHz/Fine Tuning
【AM部:VT電圧確認】
 ・VT~GND DC電圧計セット
 ・1620kHz受信 → OSCコイル調整 → 電圧=23.4V ※確認のみ
 ・ 531kHz受信 → 電圧=3.2V ※確認のみ
【AM部:RF,IF調整】
 ・1053kHz受信(名古屋CBCラジオ)→ RFコイル調整 → Sメーター最大
 ・1053kHz受信(名古屋CBCラジオ)→ VR103調整 → Sメーター最大

Tx900

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・VT電圧が低めだったので規定値に合わせました。
 ・RF調整によって受信感度が大幅に向上しました。
 ・再調整によって良い性能を取り戻したと思います。

Tx90009

« Victor FX-711 修理調整記録5 | トップページ | Accuphase T-107 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Victor FX-711 修理調整記録5 | トップページ | Accuphase T-107 »