フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« PIONEER TX-910 修理調整記録2 | トップページ | SANSUI TU-S707X DECADE 修理調整記録2 »

2019年9月 8日 (日)

SONY ST-S555ESX 修理調整記録3

 ・2019年7月、555ESXの修理調整作業を承りました。
 ・ちょっと苦戦した作業の記録です。


555esx06_20190908123401

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 SONY ST-S555ESX ¥74,000(1986年発売)
 ・オーディオ懐古録 SONY ST-S555ESX FM STEREO/FM AM TUNER ¥74,000(1986)
 ・Hifi Engine SONY ST-S800ES AM/FM Stereo Tuner (1988)

555esx02_20190908123601555esx09

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・左右にサイドウッド無し。ボディやフロントパネルに目立つキズは無い。
 ・FMアンテナを接続して電源オン。
 ・表示部は文字痩せ、文字欠けなく輝度も十分。
 ・さて、オート選局で名古屋地区のFM局を受信しようとしたら、
 ・上り方向、下り方向ともに周波数が自動で変化しない。
 ・UP/DOWNボタンを押すたびに0.1MHzずつ周波数が変わる。
 ・マニュアル選局で名古屋地区のFM放送局を受信。
 ・STEREOランプ点灯するが、しかし聴感上のステレオ感なし。
 ・FM受信時に左右の音量が異なる、Lchの音がかなり小さい。
 ・Sメーターのシグナルバーは常時フル点灯。離調時もフル点灯。
 ・常時「MULTIPATH」インジケーターが点灯。
 ・Sメーターとマルチマスメーターを切り換えるタクトスイッチが反応しない。
 ・AMでもオート選局できない。
 ・AMでもシグナルインジケーターがフル点灯状態
 ・AM受信時は左右の音量レベルは同じです。
 ・これはかなり重症な予感、、、

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・基板を見ると、ほとんどのジャンパー線やリード線に錆び(緑青)が出ている。
 ・保管状態がかなり悪かったようです。
 ・過去の調整記録に倣って各部調整した結果、動作確認以外に次々に問題点が判明。
  →IF BAND切換スイッチは作動するが、実際は常時NARROW受信状態
  →IC206:LA1235 13pin電圧計セット→※Sメーター電圧が確認できない
  →IC206:LA1235 7~10pin間 電圧計セット →※FM同調点が確認できない
  →IC206 LA1235 11pin=14.8V OK、しかしLA1235が全く機能していない
  →19kHzパイロット信号に反応してSTEREランプ点灯するが、左右分離できていない

555esx21_20190908124401555esx22_20190908124401555esx23_20190908124401555esx24_20190908124401555esx25_20190908124401
555esx26_20190908124401555esx27_20190908124401555esx28_20190908124401555esx29_20190908124401555esx30_20190908124401
555esx31_20190908124501555esx32_20190908124501555esx33_20190908124501555esx34_20190908124501555esx35_20190908124501

■修理記録:WIDE/NARROW切換回路----------------------------------------

 ・WIDE/NARROW切換スイッチは作動してインジケーターも点灯する。
 ・しかし常時NARROW受信状態です。
 ・音を聞いてWIDE/NARROWを判別することはほぼ不可能ですが、
 ・両者の違いは、WaveSpectraで高調波ノイズの形を見て違いで判別しました。
 ・WIDE/NARROW切替回路を調査したところ、腐食した R227:1kΩを発見。
 ・テスターで測定すると無限大、これを新品の抵抗1kΩに交換。
 ・WIDE/NARROW切替で波形の違いが確認できるようになりました。

555esx50555esx51

■修理記録:破損した部品交換------------------------------------------

 ・上記R227の部品不良があったので、ダイオードやトランジスタを1個ずつチェック。
 ・その作業中、D210、D627 の足にテスター棒の先端を当てたところ、、
 ・なんと、ダイオードの本体ガラス部分が割れてしまいました。
 ・速攻で交換しましたが、劣化によって部品はかなり脆くなっているようです。

555esx53555esx54555esx55555esx56555esx57

■修理記録:LA1235交換-------------------------------------------------

 ・本機には2個のLA1235が使われています。用途は
 ・IC206:IFアンプ、Sメーター駆動、ミューティング
 ・IC207:IFアンプ、マルチパス検出
 ・調査の結果、IC206 LA1235が全く機能していません。
 ・新品の LA1235 を入手して交換したところ、、
  →オート選局できるようになった
  →FM同調点の調整ができるようになった
  →Sメーター電圧が確認できるようになった
 ・ついでにIC207も交換しましたがこちらは効果なし、つまりIC207は正常でした。

555esx60555esx61555esx62555esx63555esx64

■修理記録:メーター切換スイッチ--------------------------------------

 ・Sメーターとマルチパスメーターの切換ボタンが動作しない。
 ・これはフロントパネルのタクトスイッチ不良と思い、サクッと新品スイッチに交換。
 ・ところが、、やはり切換できません。
 ・これはタクトスイッチ故障ではなく、切換回路自体の問題のようです。
・回路図を頼りにスイッチ回路を追うと、IC602:MMB84013Bの電圧変化がおかしい。
 ・IC602:MB84013B、回路図ではHD14013BP。
 ・ネット通販で 4013を探したところTC4013BPを入手できたので交換。
 ・IC602:MB84013B → TC4013BP
 ・これによってSメーターとマルチパスメーターの切換と動作が正常になりました。
 ・両者のインジケーターも正常に切り替わって点灯します。

555esx67555esx68555esx69555esx70

■修理記録:ステレオ分離----------------------------------------------

 ・IC301:uPC1223Cは38kHzスイッチング信号抽出だけを担っています。
 ・本機のステレオ分離回路は、ロジックICが多数組み合わされた複雑な構成です。
 ・たぶんこの回路が後継機333ESシリーズの CXA1064(LA3450)に集積されたと想像します。

  ・IC301:uPC1223C
  ・IC302:HD14046BP
  ・IC305:MB84027B
  ・IC306:uPD4030BC(型番読み取り不能のため、過去の修理器の型番を記載)
  ・IC307:uPD4030BC( 同上 )
  ・IC315:LC4066B ( 同上 )
  ・IC316:LC4066B ( 同上 )
  ・IC317:LC4066B ( 同上 )

 ・各ICに供給される電源電圧に異常なし。
 ・IC各足の電圧測定の結果、怪しそうなIC306とIC307を交換。
 ・IC306:uPD4030BC → TC4030BP
 ・IC307:uPD4030BC → TC4030BP
 ・この結果、モノラル受信時の左右音声が同レベルになりました。
 ・しかしまだステレオ分離できず。
 ・続いて電圧変化がおかしいIC304交換。
 ・IC304:MB84027B → TC4027BP
 ・当たり! これでステレオ分離が正常に出来るようになりました。
 ・結局、MPX回路で壊れていたロジックICは3個(IC304,306,307)でした。

555esx81555esx82555esx83555esx84555esx85
555esx86555esx87555esx101555esx102555esx104

■備忘録:NEC uPD4030BC同等品------------------------------------------

 ・NEC  uPD4030BC
 ・沖   MSM4030BRS
 ・JRC  NJU4030B
 ・東芝  TC4030BP
 ・松下  MN4030B
 ・三菱  M4030BP
 ・ローム BU4030B
 ・RCA  CD4030B

■調整記録------------------------------------------------------------

【FM同調点調整】
 ・IC206:LA1235 7~10pin間 電圧計セット
 ・SSG83.0MHz 変調OFF 80dB → IFT208調整 → 電圧0V±20mV
【VT電圧調整】
 ・IC804 10ピン電圧計セット
 ・90.0MHz → L105調整 → 21.0V±0.2V
 ・76.0MHz → 8.0V±1.0V 確認のみ
【RF調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・IC206:LA1235 13pin電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・SSG76.0MHz → L101,L102,L103,L104調整 → 電圧最大
 ・SSG90.0MHz → CT101,CT102,CT103,CT104調整 → 電圧最大
【PLL検波調整】
 ・IF BAND = WIDE
 ・MUTING=OFF
 ・音声出力端子をWaveSpectraで確認
 ・TP202 電圧計セット
 ・TP201を短絡 ※IF回路をパス
 ・SSG83.0MHz 80dB送信 → IFT207調整 → 電圧ゼロ
 ・SSG83.0MHz 80dB送信 → CT201 調整 → 高調波歪最小
 ・SSG83.0MHz 80dB送信 → IFT205調整 → 高調波歪最小
 ・TP201を開放
【IF歪調整】
 ・IF BAND = WIDE
 ・MUTING = OFF
 ・IC206:LA1235 13pin電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・RT201、RT202 時計回り一杯に回す
 ・SSG83.0MHz出力20dBモノラル信号送信
  ・IFT101調整 → 電圧最大 ※IFT101フロントエンド内
  ・IFT202調整 → 電圧最大
 ・RT201、RT202 回転範囲の中央位置に回す
 ・SSG83.0MHz出力80dBモノラル信号送信
  ・IFT204調整 → 歪最小へ
 ・SSG83.0MHz出力80dBステレオ信号送信
  ・IFT203調整 → 歪最小へ
【MUTINGレベル調整】
 ・MUTING = ON
 ・IF BAND = WIDE
  ・SSG83.0MHz 出力25dB → RT204調整 → MUTING作動
 ・IF BAND = NARROW
  ・SSG83.0MHz 出力25dB → RT203調整 → MUTING作動
【Sメーター調整】
 ・IF BAND = WIDE
 ・SSG83.0MHz無変調80dB → RT206調整 → エレメント全点灯位置
【VCO調整1】
 ・TP302 周波数カウンタ接続
 ・SSG83.0MHz無変調 → RT301調整 → 76kHz±100Hz
【VCO調整2】
 ・IC302 9ピン電圧計セット
 ・SSG83.0MHz パイロット信号のみ → RT305調整 → 0V±0.5V ※調整難しい
【パイロットキャンセル】
 ・SSG83.0MHzステレオ変調 → RT302、L301 19kHz信号漏れ最小 
 ・左右chのバランス確認
【セパレーション調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・SSG83.0MHzステレオ変調 → RT303 R→L 
 ・SSG83.0MHzステレオ変調 → RT304 L→R 
【AM VT電圧調整】
 ・IC804 10ピン(代用 JW41)電圧計セット
 ・1602kHz → OSCトリマ調整 → 22.0V±2.0V 
 ・ 531kHz → OSCコア調整 → 1.8V±0.1V 確認のみ
【AM RF調整】
 ・SSG 603kHz → RFコア調整 → Sメーター最大
 ・SSG1395kHz → RFトリマ調整 → Sメーター最大
 ・SSG 999kHz → IFT401調整 → Sメーター最大
【CAL TONE】
 Peak Levelに対して -4dB 392Hzの波形が出ていました。

555esx_20190908130101

■試聴---------------------------------------------------------------

 ・ICがいくつも壊れていたり、ジャンパ線や部品のリード線が錆びていたり、、
 ・この個体はかなり劣悪(高温多湿など)な環境で保管されていたようです。
 ・とりあえず復旧しましたが、未交換の部品もかなりダメージを受けているかも?
 ・ちょっと心配です。


555esx07_20190908123401

« PIONEER TX-910 修理調整記録2 | トップページ | SANSUI TU-S707X DECADE 修理調整記録2 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PIONEER TX-910 修理調整記録2 | トップページ | SANSUI TU-S707X DECADE 修理調整記録2 »