フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

« Technics ST-8080 修理調整記録1 | トップページ | SONY ST-S555ESX 修理調整記録3 »

2019年9月 1日 (日)

PIONEER TX-910 修理調整記録2

 ・2019年5月初め、ヤフオクで格安ジャンク品のTX-910を入手しました。
 ・見るからにボロボロの状態でしたが、手持ちのTX-710と合体復活できるかも??
 ・以下、GWから夏休みまでの作業記録です。

Tx91011

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 PIONEER TX-910 ¥75,000(1973年頃)
 ・オーディオ懐古録 PIONEER TX-910 ¥70,000(発売時)、¥75,000(1941年)
 ・Hifi Engine Pioneer TX-9100 AM/FM Stereo Tuner (1973-75)


Tx91002Tx91013

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・全体にヤニ汚れ、ホコリを被ってかなり汚れた状態。
 ・スイッチツマミが1個欠損。背面パネルを固定するネジが茶色く錆びている。
 ・フロントパネルに目立つキズは無いが全体に茶色っぽいヤニ汚れ。
 ・ウッドケースはヤニがしみ込んで光沢感ある飴色状態、、これは気持ち悪い、、
 ・一般的には粗大ゴミと呼ばれるレベルかもしれません。、
 ・電源オン、照明窓の青色照明と指針やポジションランプが明滅する??
 ・それとボディ内部から異音(ジーーーという音)が聞こえる、、
 ・これはヤバい、、急いで電源オフ、電源プラグを抜く。
 ・まずは電源周りの調査から始めましょう。

Tx91003Tx91004Tx91005Tx91006Tx91007
Tx91014Tx91015Tx91016Tx91017Tx91018

■修理記録:電源スイッチ----------------------------------------------

 ・底板を外し、電源基板が見える状態で慎重に電源オン。
 ・青色照明が明滅、指針やポジションランプも明滅。
 ・ジーという異音の発生源を探ってみると、何と電源スイッチでした。
 ・スイッチ内部から異音が聞こえます。
 ・電源スイッチの内部接点が接触不良を起こしているようです。
 ・部品取り用TX-710の電源スイッチを移植しようとしたところ、何と形状が違って移植不可。
 ・スイッチを分解清掃しようと試みましたが、、分解が難しそうです。
 ・仕方ないのでON/OFF動作を100回くらい繰り返したところで通電してみると、、
 ・接点が復活したらしく照明電球の明滅現象が解消しました。
 ・異音も消えて動作しているので、とりあえずこのままとします。

Tx91050Tx91051Tx91052Tx91053

■動作確認2----------------------------------------------------------

 ・動作確認再開。
 ・名古屋地区のFM局を受信OK。わずかに周波数ズレ。
 ・Tメーター中点とSメーター最大点が一致しない。
 ・Sメーター最大点から大きくズレた位置でSTEREOランプ点灯。
 ・MUTING動作OK。
 ・背面バーアンテナで名古屋地区のAM局を受信。
 ・AM受信は問題なさそう。
 ・固定/可変出力端子から音出しOK、しかしLchの音がちょっと小さめ。
 ・ヘッドホン端子の音出しOK。
 ・外観の酷さに比べれば動作状況は上出来な感じです。

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・外観は酷いヤニ汚れですがシールドケースの効果で基板と部品はキレイな状態。
 ・フロントエンドのシールドケースはハンダ付けされておらず、簡単に外せました。
 ・CF×2 → TA7060P×2 → CF×2 → TA7060P → TA7061AP → レシオ検波
 ・IF BAND切替(Wide/Narrow)なし
 ・PA1310P(MC1310P):PLL-MPX IC
 ・HA1138:AM Tuner

Tx91020Tx91021Tx91022Tx91023Tx91024
Tx91025Tx91026Tx91027Tx91028Tx91029
Tx91030Tx91031Tx91032Tx91033Tx91034
Tx91035Tx91036Tx91037Tx91038Tx91039
Tx91040Tx91041Tx91042Tx91043Tx91044

■調整記録------------------------------------------------------------

【レシオ検波調整】
 ・アンテナ入力なし → T4上段コア調整 → Tメーター中点
 ・83MHz → → T4下段コア調整 → 歪率最小
【OSC調整】(フロントエンド底面から)
 ・IF基板17番端子 → DC電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・76MHz → T5調整 → 電圧最大
 ・90MHz → TC5調整 → 電圧最大
【RF調整】(フロントエンド底面から)
 ・IF基板17番端子 → DC電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・76MHz → T1,T2,T3,T4調整 → 電圧最大
 ・90MHz → TC1,TC2,TC3,TC4調整 → 電圧最大
 ・83MHz → T6調整 → 電圧最大
【ミューティング調整】
 ・83MHz 70dB → VR3調整 → MUTING作動点をTメーターで左右対称
 ・Muting スイッチ1
 ・83MHz 20dB → VR4調整 → MUTING作動位置
 ・Muting スイッチ2
 ・83MHz 35dB → VR6調整 → MUTING作動位置
【Sメーター調整】
 ・83MHz → VR5調整 → Sメーター最大振れ
【VCO調整】
 ・MPX基板 2番端子=(PA1310-10pin)→ 周波数カウンタ接続
 ・83MHz ST信号 → VR1調整 → 19kHz
【セパレーション調整】
 ・音声出力 → WaveSpectra接続
 ・83MHz ST信号 → VR2調整 → 反対chへの漏れ信号最小
【AM OSC調整】
 ・IF基板 14番端子 → 電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・ 600kHz受信 → T2調整 → 電圧最大
 ・1400kHz受信 → TC3調整 → 電圧最大
【AM RF調整】
 ・IF基板 14番端子 → 電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・ 600kHz受信 → T1,バーアンテナ内コイル調整 → 電圧最大
 ・1400kHz受信 → TC1,TC2調整 → 電圧最大
 ※AM VR1:GAIN CONTROL
 ※AM VR2:OUTPUT LEVEL CONTROL
 ※AMのVR1、VR2の調整方法が相変わらず分かりません?

■修理記録:MPX基板LPF交換--------------------------------------------

 ・上記調整後もやはりLchの音量が小さい。
 ・音の経路に沿ってMPX基板を調べてみると、
 ・F2:LPF(赤い箱型の部品) 直前までは左右chとも正常。
 ・LPF直後からLch側の音量が小さくなります。
 ・これはLPFの故障が原因でしょう。
 ・部品取り機TX-710のMPX基板を見ると、TX-910とは全く異なる形式です。
 ・でも最終オーディオ回路には同じ型番のLPFが載っていました。
 ・これを外してTX-910に移植、これにて解決。
 ・適当なLPFを自作しようかとも思いましたが、オリジナル状態がキープできました。

Tx91060Tx91061Tx91062Tx91063Tx91064
Tx91065Tx91066Tx91067Tx91068

■修理記録:外観の仕上げ----------------------------------------------

 ・フロントパネルとリアパネルのヤニ汚れを徹底的に洗浄。
 ・部品取り機TX-710の綺麗なパーツ、ネジ類をすべてTX-910に移植。
  ・フロントパネルの銀色フレーム、スイッチノブ
  ・背面パネルのアンテナ端子基板、マルチパス端子基板、音声出力端子基板
  ・ウッドケース、底板
  ・各部を留める黒色ネジ、銀色ネジなど
  ・使えるパーツはすべて移植してTX-710は廃棄処分

Tx91070Tx91071Tx91072Tx91073Tx91074

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・ちょっと時間がかかりましたが、満足できる綺麗なTX-910に仕上がりました。
 ・この時期のパイオニア製チューナーは青色照明が絶品です。
 ・ウッドケースに包まれて優しく浮かび上がる青い照明窓、、
 ・橙色の輝く指針と赤いSTEREOランプが絶妙なアクセント。
 ・薄暗い部屋でボーっと眺めているだけで幸せな気分に浸れます。

Tx91010
Tx91000

« Technics ST-8080 修理調整記録1 | トップページ | SONY ST-S555ESX 修理調整記録3 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ブルーのスケールやメーターのチューナーは、60年代後半から70年代前半のオーディオのスタイルで、それ以降のオーディオ全盛期のチューナーには性能では劣るけれども、なんとも優しい雰囲気を出していますね。
今のオーディオコレクターでも、あえてこの時代だけのをコレクションしているマニアもいらっしゃるみたいです。

tomy様

コメントいただきありがとうございます。

私はこの時代のFMチューナーが大好きです。薄暗い部屋で、お酒をチビチビ呑みながら、照明に浮かび上がる美しい周波数窓をボーっと眺める時間を大切にしています。音質云々は問題じゃないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Technics ST-8080 修理調整記録1 | トップページ | SONY ST-S555ESX 修理調整記録3 »