フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

チューナー関連リンク

カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

2017年5月21日 (日)

Volumio2 / Raspberry Pi2

 ・2017年5月連休、Raspberry Pi2で作った音楽サーバーをバージョンアップしました。
 ・Volumioは1年以上安定稼働しているので特に不満は無かったのですが、、
 ・雑誌でVolumio2の記事を見て「そろそろかな、、」と思い立ちました。
 ・過去記事

Pi53_2

■Volumio2導入~設定-------------------------------------------------

 ・音楽サーバー専用に組んだRaspberry Pi2と拡張ボードのDurio Sound PROです。
 ・Durio Sound PROはPCM5102Aを搭載したハイレゾ仕様。
 ・Raspberry Pi3も魅力的ですが、有線LAN接続で音楽専用なのでPi2で十分。

Pi42 Pi50 Pi51 Pi53_2_2 Pi54

 ・Volumio オフィシャルサイト
 ・ダウンロード入口 → GET STARTED
 ・Version:2.141
 ・Release Date:21/04/2017
 ・ダウンロードしたイメージファイルをwin32diskimagerでSDカードにコピー。
 ・「I2S driver」中の「I2S DAC」の設定を変更。
 ・使用するサウンド・カードを選択。
 ・Durio Sound PROの場合は「Hifiberry」を選択すれば良いようです。

Volumio02 Volumio03 Volumio11_2 Volumio13 Volumio24

 ・SSHクライアントTera Term 起動
 ・user=volumio
 ・Pass=volumio
 ・以前は user=root だったので戸惑った、、注意!root権限ではない

volumio@volumio:~$ uname -a
Linux volumio 4.4.9-v7+ #884 SMP Fri May 6 17:28:59 BST 2016 armv7l GNU/Linux

$ sudo apt-get update #パッケージ情報を最新に
$ sudo apt-get upgrade  #インストールされているパッケージを最新に
--
Configuration file '/etc/dhcpcd.conf'
==> Modified (by you or by a script) since installation.
==> Package distributor has shipped an updated version.
   What would you like to do about it ?  Your options are:
    Y or I  : install the package maintainer's version
    N or O  : keep your currently-installed version
      D     : show the differences between the versions
      Z     : start a shell to examine the situation
The default action is to keep your current version.
*** dhcpcd.conf (Y/I/N/O/D/Z) [default=N] ? → N
--
$ sudo apt-get dist-upgrade  #パッケージの構成変更を最新に
$ sudo reboot 再起動

 ・音楽ファイルをため込んだNASも簡単に接続できました。
 ・ジャケット写真が表示できるようになって見た目が良くなりました。
 ・解約済みiPhone5sからブラウザ接続するとリモコンとして便利に使えます。
 ・満足、満足

Volumio22

2017年5月 7日 (日)

SATECHI Bluetooth Smart Pointer GBR-100

 ・2017年1月初め、アマゾンで買ったプレゼン用リモコンです。
 ・アマゾンでは型番の表示ありませんが、本体と説明書に GBR-100 とありました。
 ・最近は品切れ?ディスコン?アマゾンで見かけなくなりました。

Gbr10005

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・SATACHI Bluetooth Smart Pointer GBR-100 $44.99

Spec

【同梱品】
 ・microUSBケーブル(充電用)
 ・取扱説明書(英語版、日本語版)

Gbr10001 Gbr10002 Gbr10003 Gbr10004 Gbr10006

■Bluetoothペアリング-------------------------------------------------

 ・本体左側の電源スイッチを入る。
 ・スライドカバーを開け、キキーボードを出す。
 ・Bluetoothボタンを4~5秒間押してペアリングモードに切り替える。
 ・使用するデバイスのBluetooth 設定に表示される「Smart Pointer」を選択。
 ・デバイスに表示されたPINを入力し、Enterボタンを押す。

Gbr10007 Gbr10008 Gbr10009 Gbr10010 Gbr10011

■使ってみて----------------------------------------------------------

 ・iOS 10.2.1(iPad mini2 , mini4)+Keynote,PowerPoint
 ・MacOS (Macbook air11)+Keynote
 ・Windows8/10(VAIO Duo)+PowerPoint
 ・Apple TV第3世代(A1427)(7.2.2)
 ・MacOS,iOS,Windowsマシンでプレゼン用リモコンとして活用可能。
 ・PowerPoint、Keynoteでページ送りや戻しができました。
 ・Apple TV2のリモコン代用できました。MENUボタンはMUTEで代用可。
 ・赤色のレーザーポインターも十分明るくて使えます。

 ・iPadで使うとき、Appleキーボードスクリーンが表示されない時がある。
 ・これはスマートポインターがキーボードとして認識されているから。
 ・カバーを開けてテンキーの下にある「キーボード」ボタンを押せば表示される。
 ・iOS 10.3.1 にしたところ、PowerPointのスライド送りが出来なくなった。

 ・本体を持ったときの手の感触がとても良いのです。
 ・表面がツルツル感ではなく「ぬるっ」とした不思議な感じ。
 ・このおかげで手の中で滑らずしっかりホールド感があります。
 ・ここ数年であれこれ試したリモコンの中で一番良さそうな感じです。

Gbr10012

2015年4月12日 (日)

NEC Aterm MR03LN

 ・2015年3月24日、アマゾンのタイムセールで買いました。
 ・OCNモバイルONE SIM +クレードルセットで15,900円。
 ・通常20,000円チョイで販売されているセットなのでこれは安い!
 ・迷わず速攻ゲット。翌日に届きました。

Aterm11

 ・実は3年近く使っている L-09C が最近調子悪いんです。
 ・勝手に再起動したり、気がつけば電源が落ちていたり、不安定です。
 ・後継機をどうしたものか?と思案していたのでまさに買換えジャストタイミングでした。
 ・ちなみに OCN SIMを使う予定は全く無し。

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・NEC Aterm MR03LN
 ・ユーザーズマニュアル Web版
 ・つなぎかたガイド1 PDF版
 ・つなぎかたガイド2 PDF版
 ・クレードル取扱説明書 PDF版

Aterm01 Aterm02 Aterm03 Aterm04 Aterm05

 ・充電池パック:型番 AL1-003988-101
 ・定格 3.8V 2300mAh 8.8Wh
 ・ACアダプタ1.0Aタイプ

Aterm07 Aterm09 Aterm10 Aterm12 Aterm13

■備忘録(設定記録)--------------------------------------------------

<micro SIMカード>
 ・以前から使っている IIJmio ファミリーシェアプラン(データ通信専用SIM×3枚)
 ・Wifiルーター+ランニング用スマホ+娘のWifiルーター
 ・通信量制限 3枚合計7GB → 10GB(4月1日より増量)
 ・月額使用料 2,560円
<管理画面>
 ・192.168.179.1
 ・ユーザー名:admin
 ・パスワード:最初に自分で設定
<パスコード設定>
 ・初期設定:0000
 ・起動時、復帰時に入力必要
<SSID暗号化キー 非表示>
 ・「ディスプレイ設定」→「セキュリティ設定」
 ・「SSID/暗号化キー表示機能」のチェックを外す
<省電力設定>
 ・ECO設定
 ・自動省電力設定切替機能 使用しない
 ・休止状態設定 リモート起動 使用しない

■バッテリー持続時間テスト--------------------------------------------

 ・Wifi連続16時間!
 ・朝6時に充電100%からスタートして夜22時まで、連続16時間稼働しました。
 ・私の日常生活の中で一週間続けましたが結果はほぼ同じでした。
 ・仕様上のWifi連続通信時間は12時間なので納得できる値です。

Battery

<測定条件>
 ・MR03LN Wifiオン。Bluetoothオフ。省電力設定なし。
 ・Wifi機器2台(スマートホン、iPad mini)常時接続。
 ・ノートPC(Macbook Air、VaioノートWin8)不定期接続。

■使用感など----------------------------------------------------------

 ・Wifi連続16時間稼働。バッテリー持続時間が素晴らしいです。
 ・予備バッテリーの心配なく一日外出できます。
 ・モバイルバッテリーは常時持ち歩いていますが今のところ出番なし。
 ・L-09Cでは8時間しか持たなかったので大違いです。

Aterm14 Aterm15

 ・もう一つ、本体わずか105g、コンパクトで軽い!
 ・L-09C 156gと比較すると30%以上軽い。
 ・今のところとっても快適に使えています。

2015年3月 8日 (日)

mouse computer MS-NH1

 ・2015年2月末、話題のスティック型PCを入手しました。
 ・このサイズで立派なWin8マシンです。

Stickpc12

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・mouse computer スティック型PC 「m-Stickシリーズ MS-NH1」

Stickpc01 Stickpc03 Stickpc04 Stickpc05 Stickpc06

■セットアップ--------------------------------------------------------

 ・初回起動時の設定をするためにUSBキーボード、USBマウスが必要。
 ・USBポートは1基しかないため、USBハブを接続すると便利。
 ・でも今回はハブが無かったので、キーボードをマウスを交換しながら操作しました。
 ・ちょっと面倒ですが、初回設定は無事完了。
 ・続いてBluetoothキーボード/マウスの設定。
 ・ウィルス対策として AVG Free版を導入。
 ・Windows Updateを経て環境が整いました。
 ・Windows 8.1 with Bing では IE11の検索エンジンが Bing に設定されています。
 ・でも変更可能なのでさっさとGoogleに変更。

■PC TV with nasne----------------------------------------------------

 ・PC TV with nasne (無料体験版 14日間)
 <動作条件>
  ・CPU Core2 Duo 2.0GHz 以上必須 (Core i3 以上推奨)
  ・メモリ 2GB以上必須(4GB以上推奨)
  ・グラフィックス インテルHD Graphics 以降推奨

Stickpc02_2

 ・動作条件ぎりぎりセーフですね。
 ・切替操作などはちょっともっさり気味、でも再生は普通に出来ました。

■使用感など----------------------------------------------------------

 ・スペック自体は大したこと無いのですが、意外にきびきび動作します。
 ・本体の発熱がちょっと気になるかも?
 ・ネット検索やnasne視聴には不満は無いです。
 ・これはモバイルPCとしてプレゼンに使えそうです。
 ・会議室のプロジェクターに直接挿してみよう。

Stickpc13_2

2015年2月 8日 (日)

Roland SOUND Canvas for iOS

 ・2014年1月末、App Storeトップ画面でSC-88風のアイコンが目に留まりました。
 ・製品情報を見るとローランドのGS規格に対応したソフトウェアシンセサイザーです。
 ・これは懐かしい!!
 ・通常価格2,000円のところ、発売記念で2015年2月10日まで1,500円。
 ・評価を見てもそんなに悪くなさそう、ということで速攻購入しました。

01

 →Roland 製品情報サイト
 →iTunes ダウンロードサイト

■詳細情報-------------------------------------------------------------

 ・使い方等は以下のサイトがとても参考になります。
 ・特にWifiを使ったMIDIネットワークの解説が勉強になりました。

 →Sound Canvas for iOS 徹底活用術 [基本編]
 →Sound Canvas for iOS 徹底活用術 [応用編]

■対応機種に注意-------------------------------------------------------

 ・対応OS:iOS 8.1.2以上
 ・対応機種:iPhone5s、iPhone6、iPhone6Plus、iPad Air以降、iPad mini2以降

 ・私の iPad mini2 は対応機種でした。
 ・それにしても機種制限が厳しいですね。たぶんCPUの差かな?
 ・と思って調べてみると、対応機種のCPUは A8 / A7。
 ・一方の非対応機種のCPUは A6 / A5でした。
 ・A7以上のCPUパワーが必要ということでしょう。
 ・非対応機種でアプリをダウンロードしようとすると「非対応」と表示されます。

Roland25_2

 ・本当はlightning/MIDIインターフェイスがあるとベストです。
 ・でも価格が結構高いで、追加投資なしで楽しめる方法をいろいろ試しました。

■使用法1:MIDIファイルの転送はDropbox経由が便利----------------------

 ・再生したい MIDIファイルをDropbox上に置く。
 ・iPad側のDropboxアプリで目的のMIDIファイルを開く。
 ・「ファイルを開けません」と表示されたところで「別のアプリで開く」。
 ・アプリとして SOUND Canvas for iOS を選択
 ・これで曲フォルダにMIDIファイルが追加されます。GoogleDriveも同様。

■使用法2:再生音をBluetoothスピーカーで聴く--------------------------

 ・iPadにBluetoothスピーカーを接続する方法が一番簡単です。
 ・SONY SRS-BTV5
 ・iPad本体のスピーカーから出てくる音よりもはるかに良いです。
 ・プレーヤー画面で表示される小節位置と実際音とのズレはほとんど感じません。
 ・BGMで楽しむ分には充分です。

Roland02_2

■使用法3:再生音をAirPlay経由オーディオセットで聴く------------------

 ・Apple TV (AirPlay)経由でも使えました。
 ・Bluetoothスピーカーよりもずっと良い音で聴けます。
 ・画面に表示される小節位置と実際の音とのズレはほとんど感じません。
 ・多少の遅れが出ているとは思いますが、BGM用途なら気になりません。
 ・昔聴いた懐かしい音がよみがえる感じです。
 ・SC-88Pro実機は既に処分してしまったので比較しようが無いのが残念。
 ・今度HOで中古品を見かけたら買っちゃおうかな、、

■使用法4:rtpMIDIを使ったワイヤレスMIDIネットワークを試す------------

 ・rtpMIDI 設定方法 ※Windowsで使えるとは知らなかった、、
 ・iPadのSOUND Canvas for iOSを外部音源モジュールとして使う方法です。
 ・追加投資ゼロ。Wifiを使ったワイヤレスMIDIネットワーク活用法。
 ・WRD(歌詞)表示がきるWin用ソフト TMIDI Player は Win7/8でも動作します。

Roland04

 ・WindowsPCで TMIDI Playerを起動して演奏と歌詞表示をさせる。
 ・外部音源としてSOUND Canvas for iOSをワイヤレスMIDIネットワークで繋ぐ。
 ・PCモニター上ではWRDファイルが再生され、曲の進行に合わせて歌詞表示が進む。
 ・再生音は AppleTV (AirPlay)経由でオーディオセットから流れる。

 ・ただしWifiの具合によって音が途切れることがある。動作がやや不安定。
 ・本格的に外部音源として使うならlightning/MIDIインターフェイス必須です。

■iPad mini2(A7プロセッサー)での動作状況--------------------------

 ・iPadの新しい(楽しい)活用法として◎です。
 ・トータルでは懐かしい音が出ていると思います。
 ・ただ、何となく違和感がある部分もあります。
 ・ST-88Pro実機が残っていないので細かい音色比較ができません。

 ・MIDIファイルを10曲読み込ませただけで「動作が重い」印象です。
 ・ボタンをタッチしてからの動作が遅い。
 ・ファイル、フォルダ、ソングリストの表示が遅い。
 ・A8プロセッサーを搭載した iPad Air2 なら快適に動作するのか?
 ・ファイル、フォルダ、ソングリストの関係が分かりにくい。
 ・ビジュアル的に分かりやすい表示と操作体系を期待します。
 ・あとRCPファイルに対応してくれたら言うこと無しです。

■懐かしのDTM(Desk Top Music)全盛時代--------------------------------

 ・1990年代の DTMブームに乗って自作MIDIデータをたくさん作りました。
 ・まだ小さかった子どもにせがまれてアニメ主題歌も耳コピーで作りました。
 ・SC-88Pro用に作った自作MIDIファイルが大量に残っています。
 ・歌の進行に合わせて歌詞を表示するWRDづくりにも精を出しました。
 ・当時のMIDIファイルをたくさん持っている人にはお勧めです。

Roland12_2

2015年1月11日 (日)

OLYMPUS E-PL6

Epl602

 ・2014年末、デジタル一眼カメラを買いました。
 ・実はブログに掲載する写真を撮るための新しいカメラを探していました。
 ・予算2~3万でコンパクトデジカメをいろいろ比較検討。
 ・年末に何気なくアマゾンのセールを見てE-PL6が29,800円、ビックリ!
 ・レンズが付いてこの価格? コンパクトデジカメと大差ない。
 ・でも白はちょっとね、、と黒と赤を見ると3万円台半ばとさすがに結構高い。
 ・ところがダブルズームキットの価格は 黒39,800円、価格差わずか数千円。
 ・コンデジを探していたのにデジタル一眼を買ってしまいました。

■シャッターリモコン ロアジャパン RM-UC1対応リモートケーブル--------

Epl672

 ・RW-RM-UC1-7
 ・接続コネクタの違いで10種類のバリエーションがあるようです。
 ・半押しでフォーカス・測光、全押しでシャッター、スライドしてロック。
 ・純正品の質感や使い勝手は知りませんがとりあえず正常に使えています。
 ・耐久性はちょっと心配かも?

Epl660 Epl662 Epl665 Epl667 Epl668
Epl673 Epl672_2 Epl671 Epl670 Epl669

■予備バッテリー2個セット ロアジャパン BLS-5-----------------------

Epl651

 ・7.2V 1150mAh 8.3Wh ロアジャパン
 ・7.2V 1150mAh 7.8Wh 純正品
 ・W54.6mm×D35.2mm×H12.2mm ロアジャパン
 ・W54.5mm×D35.5mm×H12.7mm 純正品
 ・純正の充電器で充電できました。
 ・純正品と比べると微妙にサイズが違いますがカメラには正常にセット可能。
 ・PSEマークも付いています。

Epl652 Epl653 Epl654 Epl655 Epl656

■SONY DSC-RX100-------------------------------------------------------

 ・E-PL6が写っている写真はこのRX100で撮影しました。
 ・1年ほど前、知人から中古で譲ってもらったカメラで使い易くて満足していました。
 ・最近のブログ記事で掲載している写真はほとんどRX100で撮った写真です。
 ・今後はPL6で撮った写真をたくさん載せていきます。

Epl605

 

2014年7月20日 (日)

Xperia E1 Dual D2105

 ・2014年6月末、海外出張用としてSIMフリーのスマホを購入しました。
 ・ソニーモバイル製、2014年の低価格帯グローバルモデル(デュアルSIM仕様)です。
 ・機種選定で Xperia M2 と迷いましたが「高機能は不要」と割り切りました。
 ・以下、自分自身の備忘録として残します。

Xperiae100

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・Xperia E1 Dual ソニーモバイル・グローバルサイト
 ・参考サイト:小さなエントリーモデル、「Xperia E1 dual(D2105)」をいじってみた雑感。(前編)(後編)
  ※E1の詳細レポートが役立ちました。

■購入記録------------------------------------------------------------

 ・EXPANSYS Sony Xperia E1 Dual D2105 ¥14,375円 (2014/06/30時点)
 ・Amazon EXPANSYSストア 15,490円 (2014/06/30時点)
 ・同じショップでアマゾン経由だと1,000円ほど高いのですが、、
 ・ちょうど5,000円分のギフトカードがあったのでアマゾンで購入。

■FedExの貨物追跡システム-------------------------------------------

 ・注文直後に確認メールが届く。追跡システムが興味深かった。
 ・発送日17:00香港にて商品ピックアップ→同日23:00広州着。
 ・翌日朝4:00広州発→8:00関空着→13:00名古屋配送センター着→16:30自宅に配送。
 ・香港出発からホントに24時間以内に届いた!

Xperiae101

■スペックまとめ-------------------------------------------------------

【Xperia E1 dual】
 ・Snapdragon 200 MSM8210 1.2GHzデュアルコアプロセッサ
 ・512MB RAM
 ・4GB ROM(Micro SDカード最大32GB)
 ・4インチ800×480ピクセルの液晶ディスプレイ
 ・背面カメラ320万画素(固定フォーカス)
 ・デュアルSIM仕様(標準サイズスロット×2)
 ・118mm×62.4mm×12mm、質量122g 
 ・2G(GSM/EDGE/GRPS方式)、3G(WCDMA/HSPA方式)対応、※LTE非対応
 ・Android 4.3(Jelly Bean)ビルド番号「20.0.B.0.80」。
 ・すぐにアップデート通知が来て「20.0.B.0.84」になりました。
 ・Bluetoothは4.0
【付属品】
 ・BA900バッテリー(1,700mAh)
 ・ヘッドホン、
 ・Micro USBケーブル、
 ・USB電源アダプタ(電源プラグCタイプ)
 ・取扱説明書・保証書
【EXPANSYS提供のおまけ】
 ・USB電源アダプタ(日本用)
 ・純正付属品は電源プラグがCタイプなので日本では使えない。

Xperiae105 Xperiae106 Xperiae107 Xperiae108 Xperiae110

■初期設定------------------------------------------------------------

 ・標準サイズSIMを2枚セット可能。
 ・現在契約中のドコモSIMとIIJmioのデータ通信SIMを入れてみました。
 ・3個入りの「Nano SIM Adapter」を使っています。
 ・アダプターで入れても引っ掛からないタイプです。
 ・電源オン。言語設定画面で日本語を選択。
 ・あとは見慣れたAndroid端末の初期設定が続きます。
 ・SONY製なのに「PO Box」がプリインストールされていない。
 ・IMEアプリとして「Google日本語入力」を導入。

Xperiae113 Xperiae114 Xperiae115 Xperiae116 Xperiae117

■デュアルSIM関係-----------------------------------------------------

 ・デュアルSIMはGSM+WCDMAまたはGSM+GSMの組み合わせしかサポートされない。
 ・つまりWCDMA+WCDMAは有効にできないということ。
 ・通話はドコモSIM、データ通信はIIJと同時には使えない。
 ・2枚のSIMカードを挿したままで手動でSIMカードを使い分けることなら可能。
 ・ちょっぴり残念、、

1 2 3 4 5

■バッテリーライフテスト-----------------------------------------------

 ・海外旅行時に現地SIMを入手してテザリングしようと思っています。
 ・最初にバッテリーの持ち具合を確かめておきたかった。
【実験条件】
 ・SIM1:IIJ-Mio契約SIM、SIM2:なし
 ・電源管理 STAMINAモードOFF、低バッテリーモードOFF
 ・バッテリー100%フル充電からスタートしてバッテリー残量記録。
 ・テザリングON、接続する機器は通常使用しているXperia AX、iPad mini、Mac Book Air
【WiFiテザリング】
 ・連続使用20時間
 ・1時間当たり5%ずつ残量が減少
【Bluetoothテザリング】
 ・連続使用61時間
 ・1時間当たり1~2%ずつ残量減少、
 ・Map表示ではやや遅さを感じるがメールチェックなら不満なし。
【テザリングなし】
 ・IIJ-mioのデータ通信SIMだけで通常待ち受け
 ・実質Gmailの着信だけ。WiFiオフ、Bluetoothオフ、バイブオフ

Xperia_battery_2
         縦軸:バッテリー残量(%)、横軸:経過時間(hour) 

■使用感など----------------------------------------------------------

 ・入手から約3週間、ドコモ契約SIMを入れて通常スマホとして使っています。
 ・このコンパクトサイズは私にはちょうど良いです。最近の機種はデカ過ぎ。
 ・通話、メール、ラインなど通常使用には全く問題なし。
 ・Bluetoothテザリングが予想以上に使える。

 ・着信通知LEDは約7秒間隔で点滅するが、点滅間隔が長すぎる。
 ・パッと見ただけでは通知の有無が判断できない。
 ・本来白色に見えるはずの画面が薄く青みが強い。これは液晶パネルの特性か。
 ・本体スピーカーからビックリするほど大きな音が出る。音質はソコソコ。
 ・本体を振ってシャッフル再生する機能が面白い。
 ・プラスチック製本体がちょっと安っぽいけど価格が安いので文句なし。
 ・デュアルSIMの仕様はちょっと期待外れでしたが、海外では役に立ちそうです。

Xperiae112

 ・プラスチック製本体がちょっと安っぽい、でも本体価格が安いので文句なし。
 ・デュアルSIMの仕様はちょっと期待外れでしたが、海外では役に立ちそうです。

■追記 2014年9月5日--------------------------------------------------

 ・システムアップデートが来ました。
 ・ビルド番号 20.1.B.0.64
 ・Androidバージョン 4.4.2
 ・最新の KitKat です。
 ・さすがグローバルモデル、対応が速い!

10_3 Dsc02926_3

 

2014年3月15日 (土)

フレッツ光ネクスト隼 開通

 ・本日午後、マンション住まいの我が家に直通の光ケーブルがやってきました。

■Bフレッツ マンションタイプ(VDSL)----------------------------------

 ・今日までは Bフレッツ マンションタイプ(VDSL)を利用していました。
 ・LANケーブルが敷設されていない古い建物なので電話配線を利用するタイプです。
 ・建物外に集合装置があり、VDSLモデムとして室内に VH-70E が設置されていました。
 ・Bフレッツ開通日:2004年7月23日 もう10年も前だったんだ、、!
 ・下り速度は常時50Mbps程度、実用上は特に不満は無かったです。
 ・huluのHD画質映画も綺麗に見えていました。

 ・VDSLモデム VH-70E トラブル記録
 ・VDSLモデム VH-100E 中古品入手記録

■光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼 ---------------

 ・2013年末、マンション管理組合に対してNTT西から強力な営業があったようです。
 ・NTT西が希望者各戸に光ケーブルを無料敷設してくれることになりました。
 ・これはラッキー、と、早速飛びついて本日切替工事となりました。

Hayabusa02

 ・宅外工事は既に終わっていて今日は室内工事だけでした。
 ・工事といっても電話線が通っている配管に新たに光ファイバーを通す作業です。
 ・約20分ほどで作業完了。無事に光ファイバーが開通しました。
 ・作業員が持っていた手書きタブレットにタッチペンでサインして作業完了。
 ・意外にあっけない工事(作業)でした。

■GE-PON型「M」光加入者終端装置タイプD -------------------------------

 ・GE-PON <M>E GE-PON-ONUタイプD<1>2
 ・難しい型番ですね、、

Hayabusa01

2014年3月 9日 (日)

LUMIX DMC-FZ5

 ・「ブログに掲載している写真はどんなデジカメで撮っているの?」
 ・ときどきお問合せをいただいていました。
 ・実は、、2006年頃に買った LUMIX DMC-FZ5 です。

■Panasonic LUMIX DMC-FZ5 ---------------------------------------------

 ・製品情報:Panasonic 生産終了製品
 ・取扱説明書
 ・500万画素、光学ズーム12倍、光学式手ブレ補正ジャイロ。
 ・SDカード1GBまで、でも実際には2GBも認識。
 ・外装はさすがにキズだらけになりましたが、、
 ・ブログ写真やオークション出品写真を撮るには十分でした。

Lumix_fz5_01 Lumix_fz5_02 Lumix_fz5_03 Lumix_fz5_04 Lumix_fz5_05

 ※DMC-FZ5の写真は SONY DSC-RX100で撮影しました。

■SONY DSC-RX100 ------------------------------------------------------

 ・製品情報:デジタルスチルカメラ Cyber-shot
 ・2012年発売、1.0型CMOSセンサーとF1.8カールツァイスレンズが特徴。
 ・2013年12月、知人が使っていた DSC-RX100 を安く譲ってもらいました。
 ・カメラの製品情報には疎いのですが、知人曰く「室内撮りには最適」だとか、、
 ・2014年1月以降の記事では DSC-RX100で撮影した写真に切り替わっています。
 

Sony_rx10001 Sony_rx10002 Sony_rx10003 Sony_rx10004 Sony_rx10005

 ※DSC-RX100の写真は DMC-FZ5で撮影しました。

2014年2月23日 (日)

DOPPELGANGER / L1-202

 ・円盤型のLED照明器具です。
 ・2014年2月14日の日経新聞に新製品として紹介されていました。
 ・UFOみたいな不思議な形状が目に留まって調べてみると、、
 ・意外にコンパクトで価格もお手頃、夏のキャンプ用に買ってみました。

Ufo01

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) L1-202
 ・ビーズ株式会社

Ufo10 Ufo11 Ufo12 Ufo13 Ufo14

 ・テントの支柱(ポール)に取り付けて使うキャンプ用品。
 ・ワンタッチでポールを挟んで装着できる。
 ・LED電球28個を配置し、影ができないよう工夫した。
 ・3段階の明るさ調整できる。
 ・直径15mm~36mmのポールに使用可能。
 ・テント出入口の支柱に挟めば門灯になる。
 ・テント以外にもラック支柱などに取付可能。
 ・吊り下げ用のフック付き。
 ・重量163g。単三電池4本(別売)。

■使用感など----------------------------------------------------------

 ・本体サイズ(実測):直径16cm、厚2.8cm、重量266g(電池4本込み)
 ・写真を見ると「アルミ製高級質感」を期待しそうですが、、実際は違います。
 ・お値段相応のチープなプラスチック製(ABS樹脂)で高級感は全くありません。
 ・でもコンパクトボディと充分な明るさは問題なし。
 ・白色光ではなく黄色味を帯びた「昼光色」の柔らかい光も好印象。

Ufo15 Ufo16 Ufo17 Ufo18 Ufo21

 ・中央のLED:4個、外周のLED:24個(LED自体は同じものでレンズが違うだけ)
 ・電源スイッチを押すたびに3段階に調光可能(強・中・弱)
  ・強:LED28個点灯、照射力約100lm、連続点灯時間約4.5時間
  ・中:LED24個点灯、照射力約 80lm、連続点灯時間約5.0時間
  ・弱:LED 4個点灯、照射力約  4lm、連続点灯時間約20時間
 ・スプリング式固定器具によってテントポールやラック支柱に取り付け可能。
 ・吊り下げフックも付いているので「ぶら下げ使用」も可能。

Ufo02 Ufo03 Ufo04 Ufo05 Ufo06

 ・試しに自室のラック支柱(直径19mm)に取り付けてみました。
 ・照明を落とした部屋で手元を照らす照明にちょうど良い感じです。
 ・エネループ使用、光量「弱」、2~3時間/日、これで1週間使えています。
 ・電池以外にUSB端子から常時給電もできるとなお良いと思います。
 ・テントで使うならモバイルバッテリーを電源にできると便利でしょう。
 ・室内で使うならリモコン(ON/OFF、調光)があるとさらに便利。

Ufo30_2

------------------------------------------------------------

より以前の記事一覧