フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チューナー関連リンク

カテゴリー「地球科学」の記事

2011年12月14日 (水)

岐阜県南東部の地震

 ・2011年12月14日13時01分、名古屋市内の交差点で信号待ちの車内。
 ・楽しみにしていた NHK-FM 歌謡スクランブル、筒美京平特集が始まりました。
 ・一曲目の「木綿のハンカチーフ」が流れたとき、、

 ・停車している車体が突然、ガタガタ、と震えました。
 ・エンジントラブルか??と思いましたがタコメーターに異常なし。
 ・周囲を見渡すと信号機が大きく揺れています。
 ・停車中の車内で感じる地震、、私の体内震度計は震度3~4と判定しました。

 ・青信号になって路肩に停車、スマホで 防災科学研究所 Hi-net を確認。
 ・速報値:35.3N、137.2E、Dep47km、M5.1
 ・震源は岐阜県の多治見辺りか? とりあえず東海地震ではなさそう、、、
 ・震源が近過ぎたせいか、ドコモのエリアメールは届きませんでした。

 ・仕事場に着いて再度Hi-netを確認。
 ・確定値:35.36N、137.25E、Dep50km、M5.6
 ・震源の緯度経度情報をGoogleマップに落としてみました。


大きな地図で見る

Earthquake01

 ・Hi-Netトップページの全国図を見ると今も東日本沿岸に震源が集中していることがよく分かりますね。

 

2011年11月10日 (木)

愛知県西部を震源とする地震

 ・2011年11月10日18時55分、名古屋市内のホームセンターにいました。
 ・いきなり強い縦揺れと横揺れを感じました。
 ・先日Xperiaに導入したばかりのエリアメールは届きませんでした。
 ・体感震度3~4、、これは震源が近い、、と感じました。
 ・実は若い頃、体感で震度を判定する訓練を受けています。

Hi-net高感度地震観測網(防災科学研究所)

Hinet01

 ・ここのレスポンスは最速です。地震発生直後に震源位置が判明します。
 ・速報値:震源 北緯35.193、東経136.753、深さ16.8km、マグニチュード4.3
 ・その後の精査で情報は修正されますが、とりあえずの情報としては十分です。
 ・地図を見ると、東北地方の太平洋沿岸では今でも地震が頻発している様子が分かります。
 ・URLをスマートフォンに登録しておくと緊急時の情報入手に役立ちます。


大きな地図で見る

 ・震源情報をスマホのGoogleマップでピンポイント表示できます。
 ・地図で確認すると、、怖いほどリアルです。自宅直下だったりして、、

 

2011年3月11日 (金)

Google特設サイト / 東北地方太平洋沖地震

Google Crisis Response:東北地方太平洋沖地震特設サイト

■NEWS
NHK-TV (Live) / Ustream
NHK-TV (Live) Mirror / Ustream
NHK WORLD News in 17 languages / NHK Website
NHKラジオ第一ライブストリーミング /NHK-Radio R1 Live Streaming

■緊急用ダイヤル
・171 + 1 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言吹きこみ
・171 + 2 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言再生

■災害用伝言ダイヤル / Disaster Message Board
NTT docomo / English
KDDI au / English
SoftBank / English

■Twitter
・@nhk_HORIJUN 

■Information
USGS / U.S. Geological Survey
PTWC / Pacific Tsunami Warning Center

■USGS/U.S.Geological Survey RSS (Earthquakes  M5+)
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/catalogs/eqs7day-M5.xml
・USGSでは世界で発生しているM5以上の地震情報をRSSで配信しています。
・毎日見ていますが、M5以上の地震は普段は 「 世界で10件/day 」 くらいなのに、、
・昨日からは日本だけで100件以上のM5地震が起きています。
・これがすべて余震ですから、今回の本震規模がいかに巨大だったかが想像できます。
・以下の図はGoogleリーダーのインデックス画面をPhotoshopで合成したものです。
・先月発生したNZクライストチャーチ地震はM6.3でした。図の下の方に記載あります。
・合成作業中も新たなM5地震の情報が増え続けています、、お気を付けください。

Usgs20110312_2

 

2011年3月 2日 (水)

NZ地震に関して

Yahoo ボランティア:ニュージーランド地震救援金募金

 ・大した額ではありませんが手持ちのポイント全額を募金しました。
 ・10年ほど前にクライストチャーチを旅行したことがあります。
 ・これくらいしかできる事がないのが悔しいです。

アメリカ地質調査所 USGS / U.S. Geological Survey

 ・USGS は世界で発生している地震の速報をRSSで配信しています。
 ・USGS トップページ > 左サイドバー > Real-Time > Earthqukes > World-wide
 ・私は Earthquakes (M 5+, past 7 days) を Google Reader でチェックしています。
 ・これで世界中のマグニチュード5以上の地震速報が届きます。

Usgsrss

 ・最近岐阜県飛騨地方(高山周辺)で続いている地震の情報もあります。
 ・NZ地震の情報で「Maps」を見ると震源はまさにクライストチャーチ直下。
 →Magnitude 5.2 - EASTERN HONSHU, JAPAN / 2011 February 26 20:38:02 UTC
 →Magnitude 6.3 - SOUTH ISLAND OF NEW ZEALAND / 2011 February 21 23:51:42 UTC

JAXA 宇宙航空研究開発機構

 ・JAXA の RSS からも興味深い情報が届きます。
 →陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)によるニュージーランド地震の緊急観測結果(2)
 →陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による霧島山(新燃岳)噴火における緊急観測結果(9)

 

2010年1月20日 (水)

ハイチ地震 個人で出来る支援は?

 ・2010年1月12日(日本時間13日)に発生したハイチ地震。
 ・時期的に阪神淡路大震災を連想します。
 ・海外の地震なので国内では得られる情報が少ないです。
 ・余震が続いていると思いますが・・・

■アメリカ地質調査所
 USGS:United States Geological Survey
 →http://www.usgs.gov/

■アメリカ地質調査所 地震情報 
 Magnitude 7.0 - HAITI REGION 2010 January 12 21:53:10 UTC
 →http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eqinthenews/2010/us2010rja6/#details

 ・上記リンク先で元大統領のブッシュ氏とクリントン氏が支援を呼び掛けていました。
 ・日本で、個人で、どんな支援が出来るのか??
 ・現地に行ってボランティア活動なんて、さすがに出来ません。
 ・家族で相談し、各自貯まっていたYahooポイントを全額募金しました。

■Think the Earth ~ 地球について感じ、考え、行動する人を応援するプロジェクト
 →http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/emergency/2010/01/201001-haiti.html

■Yahoo!ボランティア インターネット募金「ハイチ地震救援金」
 →http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1301013/index.html

 

2009年8月11日 (火)

東海地震観測情報

 2009年8月11日午前5時8分、名古屋の自宅で寝ていたところ突然の横揺れで飛び起きました。反射的に時刻を確認、自己判定で「震度4」と思いました。縦揺れは感じなかったです。※私はその昔、体感で震度を判定する訓練を受けています。

再掲ですが、地震や津波に関する情報入手先を以下に列記します。

■Hi-net高感度地震観測網(防災科学研究所)
http://www.hinet.bosai.go.jp/

 レスポンスは最速です。地震発生直後に震源位置が判明します。携帯電話に「携帯版」を登録しておくと超便利です。

■太平洋津波警報センター(アメリカ海洋大気圏局 NOAA)
http://www.prh.noaa.gov/ptwc/

 ハワイ・オアフ島にある津波警報センターです。場所はワイキキビーチのすぐ近く。太平洋で発生する地震と津波を観測しています。

■気象庁・地震情報
http://www.jma.go.jp/jp/quake/

 今回の地震で「東海地震観測情報」が初めて発表されました。よい機会なので「夏休みの研究」として東海地震について勉強しましょう。

■東海地震に関して発表される情報は3種類

 「東海地震観測情報」・・・東海地震の前兆現象であると直ちに判断できない場合。
 「東海地震注意情報」・・・東海地震の前兆現象である可能性が高まった場合。
 「東海地震予知情報」・・・東海地震の発生のおそれがあると判断した場合。

※詳しくはこちら → 気象庁 東海地震に関する情報
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/tokai/hellojma_index.html

 

2009年7月16日 (木)

日食グラス

Nisshoku  2009年7月22日、天気がよければ日食が見られますね。

 もう準備しましたか?「日食グラス」。通販では結構売り切れになっているようですが、ビックカメラ名古屋駅西店(地下のカメラ売場)にまだ結構在庫ありました。1個1,480円です。ビックカメラ各店は取扱代理店になっているようです。

 サングラスや色付き下敷きなどで太陽を見ると「日食網膜症」になってしまう危険があるそうです。信頼できる製品を選びましょう。

 ■日食観察の危険性について
 →http://www.vixen.co.jp/se/attention.htm

 ■日食観察ガイド 危険回避のために
 →http://www.astronomy2009.jp/ja/webproject/soecl/ng.html

 ■世界天文年2009
 →http://www.astronomy2009.jp/index.html

 ■世界天文年2009日本委員会推奨日食グラス
 →http://www.astronomy2009.jp/ja/project/solar-p/seg.html

2009年1月 4日 (日)

インドネシア地震で津波

 2009年1月4日早朝インドネシアで地震が発生し、遠く離れた日本でも「津波注意報」が発令されました。震源と日本の位置関係を理解しないと「なぜ津波が?」と思ってしまいます。

 今回のようなケースではハワイ・オアフ島にある「太平洋津波警報センター」のホームページが役立ちます。日本から遠く離れた震源が分かるので、津波注意報も理解できます。

■太平洋津波警報センター
 →http://www.prh.noaa.gov/ptwc/

 ちなみに太平洋津波警報センターは、ワイキキビーチから見るとホノルル空港を挟んでちょうど反対側の海岸沿いにあります。※初めてGoogleMapにリンクしてみました。


大きな地図で見る


大きな地図で見る

 1993年7月12日午後10時17分に発生したM7.8の北海道南西沖地震。その直後の津波で奥尻島が壊滅的な被害を受けましたが、このとき私は仕事でアメリカのフェニックスに滞在していました。現地のテレビニュースや新聞はまるで日本全土が津波に飲み込まれたかのような報道で、現地スタッフに「おまえの自宅は大丈夫か?家族は無事か?」と心配してもらいました。でもこの縮尺の世界地図を見ると、今回の津波で日本が直撃されているように思えてしまいます。

 

2008年7月24日 (木)

震源くん

06101503  最近地震が多いですね。「次は東海地方かな・・?」なんて思ってしまいます。

 日本に生きている以上、どこに住んでいても地震とは無縁ではありません。

 このブログを再開した頃に書いた記事を再掲します。

 お子さんの夏休みの宿題にいかがでしょうか?

 ■震源くん→http://bluess.cocolog-nifty.com/labo/2006/10/post_a633.html

2008年5月13日 (火)

中国四川省の地震

 夕方のテレビのニュース速報を見て驚きました。震源の深さわずか10kmでM7.8の地震とは・・震源近くの地表では震度7前後の強烈な揺れがあったと想像できます。大きな被害が無いことを祈るだけです。

 海外の地震情報はアメリカ地質調査所[USGS:U.S.Geological Survey]のサイトで確認できます。トップページの世界地図を見ると、プレート境界で地震が頻発している様子が良く分かります。

■アメリカ地質調査所地震センター
 →http://earthquake.usgs.gov/eqcenter/

 ハワイのオアフ島にある「太平洋津波警報センター」では太平洋、ハワイ周辺、インド洋、カリブ海を震源とする地震および付随する津波情報を発信しています。

■太平洋津波警報センター
 →http://www.prh.noaa.gov/ptwc"

■■追記--2008年5月16日----------------------------------------

 一ブログの意見記述、、これが日中関係に多少なりとも影響を及ぼす可能性を最近感じています。

 歴史の軋轢を乗り越えて人命救助に全力を注ぐこと、日本人として、人間として当然の事と思います。

 阪神大震災を凌ぐ大災害であった事実を受け止め、一市民としてできることをします。

 ※今日私がした事・・

  ・街頭募金に協力したこと・・
  ・コンビニの釣銭を募金箱に投入したこと・・
  ・このブログを更新したこと・・