bluess.cocolog-nifty.com > PIONEER F-500

F-500-01

F-500-01

PIONEER F-500 調整完了後

シグナルメーターとチューニングメーターの照明が切れています。何とチューニングつまみもありませんが、ちゃんと受信します。


F-500-02

F-500-02

内部基板全景


F-500-03

F-500-03

FM同調点の調整:チューニングメーターをセンター位置に合わせます。


F-500-04

F-500-04

FM同調点の調整:82.5MHzのNHK-FMを受信しながら調整中


F-500-05

F-500-05

シグナルメーターの振れが最大になるようにコア調整


F-500-06

F-500-06

電波が弱めの放送局を受信しながらシグナルメーターの振れが最大になるようにコア調整


F-500-07

F-500-07

シグナルメーターの振れが最大になるように調整


F-500-08

F-500-08

WaveSpectraで波形を見ながら、19MHzのパイロット信号は最小になるように半固定抵抗「PILOT CANCEL」を調整


F-500-09

F-500-09

半固定抵抗「S NETER」を回して、シグナルメーターの最大振れ位置を最大目盛りに合わせる


F-500-10

F-500-10

背面全景


F-500-11

F-500-11

照明用電球交換後


F-500-12

F-500-12

オリジナルは8Vですが、12V用の自動車ルームランプ用電球に交換


F-500-13

F-500-13

この電球ならホームセンターのカー用品売り場で容易に入手できます


F-500-14

F-500-14

シグナルメーター用照明電球。8V用と思われます。


F-500-15

F-500-15

底板を外すとメンテナンス性は良いのですが、シグナルメーターの照明交換にはさらに分解が必要でした・・