bluess.cocolog-nifty.com > TRIO KT-1000

TRIO KT-1000 01

TRIO KT-1000 01

上段:TRIO KT-1100

下段:TRIO KT-1000


TRIO KT-1000 02

TRIO KT-1000 02

TRIO KT-1000

前面パネル。


TRIO KT-1000 03

TRIO KT-1000 03

TRIO KT-1000

前面パネル。操作ボタンなど


TRIO KT-1000 04

TRIO KT-1000 04

TRIO KT-1000

背面パネル。


TRIO KT-1000 05

TRIO KT-1000 05

TRIO KT-1000

背面パネル

固定出力、可変出力以外にマルチパス出力あり。


TRIO KT-1000 06

TRIO KT-1000 06

TRIO KT-1000

基板全景。FM5連、AM3連のバリコンはKT-1100と同一部品。


TRIO KT-1000 07

TRIO KT-1000 07

TRIO KT-1000

フロントエンド部拡大。


TRIO KT-1000 071

TRIO KT-1000 071

TRIO KT-1000

Tメーターの調整用L4


TRIO KT-1000 08

TRIO KT-1000 08

TRIO KT-1000

メイン基板VR1:WIDE GAIN 調整。

83MHz、1kH、,40kHz変調時で、Narrow受信時Sメーターと同じ振れになるよう調整。


TRIO KT-1000 09

TRIO KT-1000 09

TRIO KT-1000

フロントパネル基板にあるVR1:Sメーター調整

83MHz、1kHz、40kHz変調、60dB → Sメーター「4.8」位置へ。


TRIO KT-1000 10

TRIO KT-1000 10

TRIO KT-1000

VR2:REC CAL調整

固定RCA端子の出力電圧(AC)を0.38Vになるように調整。


TRIO KT-1000 11

TRIO KT-1000 11

TRIO KT-1000

フロントエンド内T1で歪調整。

83MHz、1kHz、68.25kHz変調、60dB、RCA出力をWaveSpectraで観察。

2次3次高調波が最小になるようにT1調整。


TRIO KT-1000 12

TRIO KT-1000 12

TRIO KT-1000

メイン基板 VR11、L17 パイロット信号キャンセル調整。

WaveSpectraで観察しながら19kHzの漏れ信号を最小に。


TRIO KT-1000 121

TRIO KT-1000 121

TRIO KT-1000

VCO調整 R162左側リードに周波数カウンター接続。
83MHz無変調信号を受信してVR10を調整 76kHzに。


TRIO KT-1000 13

TRIO KT-1000 13

TRIO KT-1000

メイン基板 VR8、VR9 SCA調整
83MHz、67kHz信号を7.5kHz変調、60dB、L+Rで入力し、出力が最小になるように・・

※調整保留


TRIO KT-1000 14

TRIO KT-1000 14

TRIO KT-1000

セパレーション調整。

WIDE時:VR5、VR6

NARROW時:VR7


TRIO KT-1000 15

TRIO KT-1000 15

TRIO KT-1000

MPX部

HA11223W×2個と複数のスイッチングICにより構成。

HA11223Wはパイロットキャンセルとサンプリングパルス生成のために使われている。

何とも豪華仕様です。