bluess.cocolog-nifty.com > YAMAHA CT-800

CT-800-01

CT-800-01

YAMAHA CT-800

1974年製ですがフロントパネル、白木のウッドケースともほぼ無傷。もちろん正常に受信します。


CT-800-02

CT-800-02

MUTINGのON/OFF切替とともに、MUTING LEVELの調整ができます。


CT-800-03

CT-800-03

シグナルメーターとチューニングメーターの照明に品がありますね。普通のムギ球が入っていますが、数字だけが緑に光ります。


CT-800-04

CT-800-04

三つのLEDが並んでいます。真ん中の「AFC/STATION」は放送局を受信してチューニングつまみから手を離すと点灯します。選局状態を安定して保つAFC回路が作動していることを示しています。


CT-800-05

CT-800-05

背面。マルチパス端子があります。


CT-800-06

CT-800-06

白木のウッドケースを外した状態。


CT-800-07

CT-800-07

スケール全体を照らす照明は無く、針の部分だけが光ります。


CT-800-08

CT-800-08

ウッドケースを外すには底面の4本のビスを外します。


CT-800-09

CT-800-09

基板全景


CT-800-10

CT-800-10

T101::ディスクリ調整用コア
VR102:ミューティング調整用半固定抵抗


CT-800-11

CT-800-11

VR101:シグナルメーターの振れを調整する半固定抵抗


CT-800-12

CT-800-12

【OSC調整】LO-TCO
【ANT調整】LA-TCA
【RF調整】LR1,LR2-TCR1,TCR2


CT-800-13

CT-800-13

FM4連バリコン


CT-800-14

CT-800-14

VR103,VR104

ステレオセパレーション調整用半固定抵抗。1kHzテスト信号で45dBほど確保できます。