フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

チューナー関連リンク

PIONEER F-700 修理調整記録

 ・2020年3月、PIONEER F-700の故障機が届きました。
 ・F-700を見るのは久しぶり。
 ・以下、作業記録です。

F70011

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 Pioneer F-700 ¥65,000(1979年発売)
 ・Hifi Engine PIONEER F-700 (1981)
 ・F-700/F-500カタログ 1980年4月版
 ・F-700 取扱説明書

F70002F70014

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードの印字は1979。
 ・電源オン。周波数窓の照明点灯。左側メーター(Dev/Multipath)電球切れ。
 ・名古屋地区のFM局は全く受信しない。
 ・Sメーターは全く振れず、何も受信しない。
 ・REC CALトーンOK、しかしその他は全く反応なし。
 ・これは重症か、、、
 ・ところが信号発生器に繋いで100dBの電波を注入したところ
 ・何と、正常に動作します!
 ・STEREOランプ点灯。IF BAND WIDE/NARROW切換OK。REC CALトーンOK。
 ・電波強度を70dBまで下げるとSメーターの反応がなくなり受信不能。
 ・受信感度が大きく低下しているみたいです。

F70003F70004F70005F70006F70007
F70008F70009F70015F70016F70017

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・ボディ後方開口部付近に溜まった大量の埃を清掃。
 ・フロントパネルを分解して徹底清掃。プッシュボタンのサビ落とし。
 ・パネル内側に「54.12.6」と印字がありました。「1979年12月6日」か?

F70020F70021F70022F70023F70024
F70025F70026F70027F70028F70029
F70030F70031F70032F70033F70034
F70035F70036F70037F70038F70039
F70040F70041F70042F70043F70044

■修理記録:ヒューズ抵抗交換-----------------------------------------

 ・FMアンテナ端子から強力電波(100dB)を注入すると正常動作する。
 ・ということはRF回路またはIF回路で信号の増幅が出来ていない。
 ・試しにIF回路初段のR27に10.7MHzを直接注入したところ正常に動作しました。
 ・つまりフロントエンド内で信号増幅できていないということ。
 ・電源電圧確認 規定値+13v → 実測+12.7v
 ・最初はFET(Q1,Q2,Q3,Q4,Q5:SD306PA)の故障を疑いました。
 ・ところが保管しているF-500から同型FET(SD306PA)を移植しても症状が改善しない。
 ・続いてトリマコンデンサを交換、、やはり改善しない。これはおかしい??
 ・まさかと思いつつ抵抗を1本ずつ測定したところ、
 ・カラーコードが示す値と実測値が異なるものを発見。
 ・特にR6,R7,R15,R17,R22,R25(いずれも22Ω)がそれぞれ200Ω~1kΩを示す。
  ・R6 (22Ω) → 307Ω
  ・R7 (22Ω) → 66Ω
  ・R15(22Ω) →1.1kΩ
  ・R17(22Ω) → 680Ω
  ・R22(22Ω) → 252Ω
  ・R25(22Ω) → 540Ω
 ・よく見るとこれら6本の抵抗は他の抵抗と外観が違う。
 ・もしかしてこれはヒューズ抵抗?
 ・そういえばヒューズ抵抗の劣化がノイズ源となる事例が過去に何回かありました。
 ・そこで手持ちのヒューズ抵抗に6本とも交換したところ、、正解でした。
 ・Sメーターが大きく振れるようになり地元FM局を受信できるようになりました。
 ・抵抗値が大きくなったため供給電圧が低下しRF増幅回路が機能しなかったようです。

F700100F700101F700102F700104F700105

■修理記録:電球交換--------------------------------------------------

 ・左側メーター(Dev/Multipath)電球切れ。
 ・ジャンク箱から同等品を探して交換しました。
 ・電球色の色合いが揃って良い雰囲気になりました。

F70050F70052F70054F70056F70057

■調整記録------------------------------------------------------------

F70000

【同調点調整】
 ・TP3~TP4 → 電圧計セット
 ・無信号 → T5調整 → ±0v
【FM OSC調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・目盛り位置76MHzに指針セット
 ・76MHz 無変調 70dB 受信 → L6調整 → Sメーター最大
 ・目盛り位置90MHzに指針セット
 ・90MHz 無変調 70dB 受信 → TC6調整 → Sメーター最大
【RF調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・目盛り位置76MHzに指針セット
 ・76MHz 無変調 40dB 受信 → L1,L2,L3,L4,L5調整 → Sメーター最大
 ・目盛り位置90MHzに指針セット
 ・90MHz 無変調 40dB 受信 → TC1,TC2,TC3,TC4,TC5調整 → Sメーター最大
 ・83MHz 100%変調 40dB 受信 → L7調整 → Sメーター最大
 ・83MHz 100%変調 40dB 受信 → VR1調整 → Sメーター最大
 ・VR2近くの2個のFET(Q4,Q5)S端子 → 電圧計セット
 ・83MHz 100%変調 40dB 受信 → VR2調整 → 0v
 ※VR1:相互変調調整
 ※VR2:キャリアバランス調整
【IF調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・目盛り位置83MHz付近でSメーター最大位置に指針セット
 ・83MHz 100%変調 40dB 受信 → T1,T4調整 → Sメーター最大
 ・Sメーターの目盛りを記録
 ・IF BAND=WIDE
 ・VR3調整 → Sメーターの目盛りをNARROW時と同じ位置に
【FM同調点調整】※クアドラチュア検波
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz 100%変調 70dB 受信 → T4調整 → Tメーター中点 ※確認のみ
【ミューティング調整】
 ・VR4調整
【Sメーター振れ調整】
 ・VR5調整
【パルスカウント検波調整】
 ・TP8~TP7(GND) → 周波数カウンタ接続
 ・83MHz 100%変調 70dB 受信 → T7調整 → 1.26MHz
 ・音声出力端子 → WaveSpectra接続
 ・83MHz 100%変調 70dB 受信 → TC7調整 → 歪率最小
【変調度メーター調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz 100%変調 70dB 受信 → VR6調整 → Deviationメーター100%
【REC LEVEL調整】
 ・83MHz 100%変調 70dB 受信 → 信号レベル記録
 ・REC LEVEL オン → VR12調整 -6dB設定 ※実測278Hz
【VCO整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・TP9 → 周波数カウンタ接続
 ・無信号 → VR7調整 → 76Hz
【STEREO歪率調整】
 ・音声出力端子 → WaveSpectra接続
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz 100%変調 70dB 1kHz ST受信 → T1調整 → 歪率最小
 ・83MHz 100%変調 70dB 400Hz ST受信 → L29調整 → 歪率最小
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz 100%変調 70dB 400Hz ST受信 → T4調整 → 歪率最小
【パイロット信号キャンセル調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・音声出力端子 → WaveSpectra接続
 ・83MHz ST信号 60dB 受信 → VR8調整 → 19kHz最小
 ・左右バランスに注意
【セパレーション調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR9調整 → Lch漏れ最小
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR10調整 → Rch漏れ最小
【セパレーション調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR11調整 → L/Rch漏れ最小

F700

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・修理と再調整が完了して正常動作に戻ったと思います。
 ・ヒューズ抵抗に辿り着くまでちょっと時間がかかりました。
 ・でも照明に浮かび上がる周波数窓を眺めていると苦労が吹き飛びます。
 ・いつまでも眺めていられる不思議な魅力です。

F70012

■記念撮影------------------------------------------------------------

 ・先に入手したF-500と並べて記念写真を撮っておきました。
 ・このデザイン、存在感は今でも通用しますね。

F700121F700126
F700123

2020年5月17日 (日)

KENWOOD KT-1100D 修理調整記録10

 ・2020年3月、KT-1100Dの故障品が届きました。
 ・以下、作業記録です。

Kt1100d03_20200517140001

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 KENWOOD KT-1100D ¥74,800(1987年頃)
 ・KENWOOD チューナーカタログ 1986年11月版

Kt1100d02_20200517135901Kt1100d10_20200517135901

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・FMアンテナを接続して電源オン。
 ・表示管点灯。文字欠けや輝度劣化は見られない。
 ・オート選局で名古屋地区のFM放送局を受信しようとすると、、
 ・上り方向、下り方向ともに放送周波数を通過して受信できない。
 ・通過するときにTメーター、Sメーターのセグメントは点灯する。
 ・しかし中点から右に二本ズレた位置の赤いバーがフル点灯。
 ・マニュアル選局では放送周波数±0.2MHz範囲でモノラル受信できる。
 ・ステレオ受信不可。STEREOインジケータ点灯せず。
 ・RF切替(DISTANVCE/DIRECT)OK。WIDE/NARROW切替OK。REC CAL OK。
 ・AM放送はオート選局、マニュアル選局とも正常に受信。
 ・検波回路のL9の調整ズレ、またはL9故障を予想しました。

Kt1100d05_20200517140001

■調整記録------------------------------------------------------------

【VT電圧】
 ・TP6~TP7 DC電圧計セット
 ・アンテナ入力なし
 ・76MHz → L14調整 → 3.0V±0.1V ※実測 2.8V
 ・90MHz → TC1調整 →25.0V±0.1V ※実測23.8V
【検波調整】
 ・TP10~TP11 DC電圧計セット
 ・83MHz受信 → L9調整 → 0.0V±10mV ★+1.05v
 ※VT電圧OK、しかしL9調整で電圧ゼロに設定できない → L9故障

Kt1100d51_20200517135701Kt1100d52Kt1100d55Kt1100d56Kt1100d58_20200517135701

■修理記録:検波回路基板交換-------------------------------------------

 ・L9が載っている検波回路基板を取り外す。
 ・補修済みのL9を搭載したKT-1100Dの検波基板に丸ごと交換。
 ・組み立てて通電すると、L9調整が出来るようになりました。
 ・取り外した基板はL9を補修して次回の修理に利用します。

Kt1100d64_20200517140001

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・この機種の弱点は検波基板のL9ですね。
 ・交換と再調整によって良い性能を取り戻したと思います。

Kt1100d04_20200517140001

2020年5月10日 (日)

MacBook Air 2020

 ・実は2018年に購入したMacBook Airがあるのですが、、
 ・これから在宅ワークが増えそうなので、思い切って買い換えました。
 ・2020年3月25日、Apple Storeでオンライン注文
 ・2020年4月09日、自宅に配送

Mba202012

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・13インチMacBook Air - スペースグレイ
 ・第10世代 1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
 ・Intel Iris Plus Graphics
 ・8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
 ・256GB SSDストレージ
 ・感圧タッチトラックパッド
 ・Thunderbolt 3ポート x 2
 ・Touch ID
 ・True Tone搭載Retinaディスプレイ 13.3インチ 2,560×1,600ピクセル
 ・バックライトMagic Keyboard - 日本語(JIS)
 ・アクセサリキット(30W電源アダプタ、USB-Cケーブル)
 ・114,800円(税別)

Mba202001Mba202002Mba202003Mba202004Mba202005

■新旧比較------------------------------------------------------------

 ・見た目は全く同じですが、最大のポイントはキーボードです。
 ・2018年機の最大の不満はキーボードのタッチ感でした。
 ・打感が「ペチャペチャ」という感じで全くダメダメでした。
 ・今回の新型はキーボードが改良されてタッチ感がグッと良くなりました。
 ・長時間の原稿作成でも全く違和感ありません。
 ・あと上下左右の矢印キーの配置も打ちやすいように変わっています。
 ・買い換える価値は確かにありました、良かった、、

Mba202011

■テレワークで活躍しそう----------------------------------------------

 ・TeamsやZoom、Webexで会議することがずいぶん増えました。
 ・通信相手からはインカメラの映像が明るく見やすいと好評です。
 ・内蔵マイクは、たぶん左側スピーカーのメッシュ内にありそうです。
 ・本体右サイドに3.5mmヘッドホンジャックがあるので、普通の有線イヤホンも使えます。
 ・スマホ用のマイク付きイヤホン(4極プラグ)を試したところ、マイクも使えました。
 ・テレワーク時代になり活躍の場が増えそうです。

Mba202010

PIONEER F-500 修理調整記録2

 ・2020年1月下旬、PIONEER F-500の故障品を入手しました。
 ・久しぶりに見るパイオニア製パルスカウント検波機です。

F50003

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 Pioneer F-500 ¥49,800(1979年発売)
 ・Hifi Engine PIONEER F-500 (1981)

F50002F50018

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードの印字は1979。
 ・サイドボディに擦り傷、HOで縦置きされていたか?
 ・フロントパネルのプッシュスイッチにサビが出ている。
 ・電源オン。周波数窓の照明点灯。ただしTメーターの照明電球が切れている。
 ・各ボタンのインジケーターLED点灯。
 ・名古屋地区のFM放送局を受信OK。僅かに周波数ズレ。
 ・Sメーター最大点とTメーター中点が一致しない。
 ・STEREOランプ点灯しない。
 ・IF BAND WIDE/NARROW切換OK。REC CALトーンOK。
 ・76MHz~80MHz区間で指針を移動すると「バリバリ」と凄い雑音を発する。
 ・雑音に連動してSメーターが大きく振れる。
 ・AM放送は受信OK。

F50004F50006F50007F50009F50010
F50011F50012F50013F50014F50016

■内部確認------------------------------------------------------------

 ・ボディ後方開口部付近に溜まった大量の埃を清掃。
 ・フロントパネルを分解して徹底清掃。ボタンのサビ落とし。
 ・パネル内側に「55.4.17」と印字がありました。「1980年4月17日」か?

F50020F50021F50022F50023F50024
F50025F50026F50027F50028F50029
F50030F50031F50032F50035F50057

■修理記録:電球交換--------------------------------------------------

 ・Tメーターの照明用電球が切れています。
 ・ジャンク箱から同等品を探して交換。

F50050F50052F50054F50055F50056

■修理記録------------------------------------------------------------

 ・指針を移動すると「バリバリ」と凄い雑音が発生。
 ・移動しないときは静かです。
 ・この症状は、経験的にバリコン軸のサビ付きが原因です。
 ・バリコン回転軸を爪楊枝の先端で丹念に清掃。
 ・最後にコンタクトグリスを塗布して完了。
 ・これでバリバリ雑音は解消しました。

■調整記録------------------------------------------------------------

 ・サービスマニュアル、回路図など未入手です。
 ・部品番号が分からないので仮番号を付しました。

F50000

【FM OSC調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・基板上の12番端子にDC電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・目盛り位置76MHzに指針セット
 ・76MHz 無変調 70dB 受信 → L5調整 → Sメーター最大
 ・目盛り位置90MHzに指針セット
 ・90MHz 無変調 70dB 受信 → TC5調整 → Sメーター最大
【RF調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・基板上の12番端子にDC電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・目盛り位置76MHzに指針セット
 ・76MHz 無変調 40dB 受信 → L1,L2,L3,L4調整 → Sメーター最大
 ・目盛り位置90MHzに指針セット
 ・90MHz 無変調 40dB 受信 → TC1,TC2,TC3,TC4調整 → Sメーター最大
【IF調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・目盛り位置83MHz付近でSメーター最大位置に指針セット
 ・83MHz 100%変調 40dB 受信 → T1,T2,T3調整 → Sメーター最大
 ・Sメーターの目盛りを記録
 ・IF BAND=WIDE
 ・VR1調整 → Sメーターの目盛りをNARROW時と同じ位置に。
【FM同調点調整】※クアドラチュア検波
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz 100%変調 70dB 受信 → T4調整 → Tメーター中点
【パルスカウント検波調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz 100%変調 70dB 受信 → T5調整 → TP電圧最大
 ・TP1 周波数カウンタ接続
 ・83MHz 100%変調 70dB 受信 → T6調整 → 1.26MHz
 ・TP4~TP5 電圧計接続
 ・83MHz 100%変調 70dB 受信 → VR2調整 → 電圧ゼロ
【Sメーター振れ調整】
 ・VR3調整
【ミューティング調整】
 ・VR4調整
【REC CALトーン調整】
 ・VR5 -6dB設定 ※実測328Hz
【VCO整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・TP3 周波数カウンタ接続
 ・無信号 → VR6調整 → 76Hz
【パイロット信号キャンセル調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・オーディオ出力をWavespectraで観測
 ・83MHz ステレオ信号 60dB 受信 → T7,VR7調整 → 19kHz最小
 ・左右バランスに注意
【セパレーション調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR9調整 → Lch漏れ最小
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR10調整 → Rch漏れ最小
【セパレーション調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR8調整 → L/Rch漏れ最小
【AM OSC調整】
 ・729kHz(NHKラジオ)受信 → TA1調整 → Sメーター最大
 ・1332kHz(東海ラジオ)受信 → TCA2調整 → Sメーター最大
【AM RF調整】
 ・729kHz(NHKラジオ)受信 → バーアンテナ横スライド調整 → Sメーター最大
 ・1332kHz(東海ラジオ)受信 → TCA1調整 → Sメーター最大
 ・1053kHz(CBCラジオ)受信 → TA2調整 → Sメーター最大
【AM IF調整】
 ・VR11調整 → WIDE/NARROW Sメーター振れを同じ位置に調整

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・サビを落としたボタンが光っています。
 ・再調整によって良い性能を取り戻したと思います。
 ・周波数窓とメーター照明、インジケーターLEDがイイ雰囲気を醸し出しています。

F50008

2020年5月 3日 (日)

SANSUI TU-α707 修理調整記録2

 ・2020年1月、ご縁あってα707(無印)を頂戴しました。
 ・特に不具合は無かったですが、基板に微妙な差異がありました。

70702_20200503130101

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・Hifi engine SANSUI TU-X701 Digital Synthesizer Tuner (1987-90)

7071570716

【輸出機】
  ※TU-X701:TU-α707/707i
 ※TU-X711:TU-α707EXTRA/TU-α707R
【国内機】
 ※TU-α707   ¥59,800(1986年頃)
 ※TU-α707i   ¥59,800(1987年頃)
 ※TU-α707EXTRA ¥54,700(1989年頃)
 ※TU-α707R   ¥53,800(1991年頃)

■動作確認-------------------------------------------------------------

 ・電源オン、周波数など表示部点灯。。
 ・オート受信で名古屋地区のFM放送局を受信OK。
 ・シグナルメーターフル点灯、STEREOランプ点灯。
 ・IF BAND切換OK、RF切換OK、MUTING動作OK。REC CALトーンOK。
 ・付属AMループアンテナで名古屋地区のAM放送も受信OK
 ・基本動作は問題なさそうです。

70703_2020050313040170704_2020050313040170705_2020050313040170706_2020050313040170707_20200503130401
70708_2020050313040170709_2020050313040170710_202005031304017071470713

■内部確認-------------------------------------------------------------

 ・前回のTU-α707の基板と比較したところ、いくつか相違点がありました。
 ・トランジスタやコンデンサが後付けで追加されている。
 ・ディエンファシス切換スイッチがあり実際に切換可能(50us-75us)
 ・輸出機TU-X701の回路図と同じ構成でした。
 ・今回の707が生産初期型で、海外向け機能を省略した後期型もあるようです。

7072070721707227072470725
7072670727707297073070731

■調整記録--------------------------------------------------------------

【基準周波数調整】
 ・IC1(LC7217)-1ピン~GND → 周波数カウンタ接続
 ・TC1調整 → 7.200000MHz±100Hz
【FM同調点調整】QD検波
 ・TP1~TP2 → 電圧計セット
 ・83MHz受信 → T4調整 → 0V±10mV
【FM VT電圧調整】
 ・JW3~GND → 電圧計セット
 ・90MHz(電波無し)→ 22.0V ※確認のみ
 ・76MHz(電波無し)→ 3.1V ※確認のみ
  ※OSCコイルは調整が難しいのでノータッチ
【FM RF調整】
 ・IC3(LA1235)-13ピン、またはVR5端子 → 電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・83MHz受信 フロントエンド内RFコイル調整 → 電圧最大
 ※RFコイルの調整は難しいのでノータッチ
【WIDE/NARROW GAIN調整】
 ・IC3(LA1235)-13ピン、またはVR5端子 → 電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・VR2,VR3 → 時計回り一杯に回す
 ・IF BAND → NARROW
 ・83MHz,30dB受信 → T2調整 → 電圧最大(電圧を記録)
 ・IF BAND → WIDE
 ・83MHz,30dB受信 → T1調整 → NARROW時と同じ電圧に
【PLL検波調整】
 ・TP3~TP4 → 電圧計セット
 ・電波入力なし → T5 調整 → 0V
 ・電波入力なし → TC1調整 → 0V ※微調整
 ・音声出力端子 → WaveSpectra接続
 ・83MHz,30dB受信 → T6調整 → 0V
 ・83MHz,70dB受信 → VR6調整 → 高調波歪最小
【Sメーター調整】
 ・83MHz,15dB受信 → VR5調整 → インジケーター最下段点灯位置へ
【REC LEVEL調整】
 ・83MHz,60dB受信 → VR9調整 → 信号レベル-6dBに設定
【PILOT CANCEL調整】
 ・音声出力端子 → WaveSpectra接続
 ・83MHz,60dB,ST受信 → T8,VR10調整 → 19kHz成分最小
【WIDE セパレーション調整】
 ・音声出力端子 → WaveSpectra接続
 ・83MHz,60dB,Lch受信 → VR7L調整 → Rch漏れ信号最小
 ・83MHz,60dB,Rch受信 → VR7R調整 → Lch漏れ信号最小
【NARROW セパレーション調整】
 ・音声出力端子 → WaveSpectra接続
 ・83MHz,60dB,L/R受信 → VR8調整 → 反対ch漏れ信号最小
【AUTO STOPレベル調整】
 ・83MHz,30dB,ST受信 → VR1調整 → オートサーチ選局で停止する位置
【MUTING レベル調整】
 ・83MHz,20dB,ST受信 → VR4調整 → STEREOインジケーター点灯、音声が出る位置
【AM VT電圧調整】
 ・R1~GND → 電圧計セット
 ・ 531kHz(電波無し)→ T1調整 → 1.5V±10mV
 ・1629kHz(電波無し)→ TC1調整 → 20V±10mV
【AM RF調整】
 ・ 603kHz受信 → T3 調整 → Sメーター最大
 ・1404kHz受信 → TC2調整 → Sメーター最大
【AM Sメーター調整】
 ・VR1
【AM AUTO STOP調整】
 ・VR2

■試聴------------------------------------------------------------------

 ・再調整によって良い性能を取り戻したと思います。
 ・今回も新しい発見があって楽しい作業でした。

70701_20200503130101

«ONKYO T-429