フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

チューナー関連リンク

« TRiO KT-2200 修理調整記録2 | トップページ | YAMAHA T-1 修理調整記録2 »

2017年11月 5日 (日)

KENWOOD L-03T

 ・2017年10月初め、L-03Tの修理調整を承りました。
 ・中身はKT-2200と同じと分かっていますが、L-03T実機に触れるのは初体験。
 ・以下、作業記録です。

Kenwood_l03t06

■製品情報-----------------------------------------------------------

 ・オーディオ懐古録 KENWOOD L-03T ¥120,000
 ・オーディオの足跡 KENWOOD L-03T ¥120,000 (1983年発売)

Kenwood_l03t02 Kenwood_l03t11

■動作確認-----------------------------------------------------------

 ・外観の状態はあまり良くない。
 ・フロントパネルの角に打ちキズ多数、ボディも汚れた感じ。
 ・背面のFMアンテナ端子が陥没している。
 ・音声出力端子が外れているのか?端子がグラグラしている。
 ・FMアンテナを接続して電源オン。
 ・メーター照明点灯、指針が赤く点灯。
 ・名古屋地区のFM局受信OK。-0.2MHzほどの周波数ズレ。
 ・IF BAND切替OK、RF切換OK。MUTING動作OK。
 ・STEREOランプ点灯、SERVO LOCK動作もOK、DEVIATIONメーターOK
 ・ところがLchの音が出ない。REC CALトーンもLchの音が出ない。
 ・グラグラのLch端子に触れると音が出る。
 ・これは接触不良がありそう。

Kenwood_l03t01 Kenwood_l03t03 Kenwood_l03t04 Kenwood_l03t05 Kenwood_l03t09
Kenwood_l03t10 Kenwood_l03t12 Kenwood_l03t13 Kenwood_l03t14 Kenwood_l03t15

■内部確認-----------------------------------------------------------

 ・音声出力端子のプラスチック部分が割れている。
 ・FMアンテナ端子も同様に破損。
 ・どちらも無理な抜き差しが原因と思います。
 ・まずは端子の修理から着手。

Kenwood_l03t20 Kenwood_l03t21 Kenwood_l03t22 Kenwood_l03t23 Kenwood_l03t25
Kenwood_l03t26 Kenwood_l03t27 Kenwood_l03t28 Kenwood_l03t29 Kenwood_l03t30
Kenwood_l03t31 Kenwood_l03t32 Kenwood_l03t33 Kenwood_l03t34 Kenwood_l03t35_2

■修理記録:アンテナ端子交換-----------------------------------------

 ・相当無理な力が加わったらしく、FM75Ω端子が陥没しています。
 ・これは交換するしかないです。
 ・背面パネルから外してみたらプラスチック部分が割れてました。
 ・ジャンク箱にあった同型端子と交換。

Kenwood_l03t50 Kenwood_l03t24_2 Kenwood_l03t51 Kenwood_l03t53 Kenwood_l03t52

■修理記録:マルチパス端子、音声出力端子補修-------------------------

 ・マルチパス端子と音声出力端子は同一ユニット部品です。
 ・内側から見るとプラスチック製台座部分が見事に割れています。
 ・FMアンテナ端子同様に無理な力が加わったみたいです。
 ・ジャンク箱に同型部品はありましたが、ただ金メッキ端子の部品が無い。
 ・L-03Tの高級感を保つために金メッキ端子は残しておきたい。
 ・ということで、割れたブラスチック部品を強力接着剤で固める。
 ・さらにヒビ割れに沿って補強部品を強力接着剤で固定しました。
 ・端子はピカールで磨いておきました。

Kenwood_l03t40 Kenwood_l03t41 Kenwood_l03t43 Kenwood_l03t45 Kenwood_l03t46

■調整記録-----------------------------------------------------------

 ・Σ回路以外はKT-2200と同じ。調整方法もKT-2200を共通です。

L03t

【機器の設定】
 ・RF=DISTANCE
 ・サーボロック OFF
【IF VCO6.2MHz調整】
 ・TP=IC2 JRC1496 8ピン(R16右側)周波数カウンタ接続
 ・83MHz 無変調 90dB Sメーター最大位置で受信 → L20調整 → 6.2MHz
【検波調整1】
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz 無変調 90dB Sメーター最大位置で受信 → L26調整 → Tメーター中点
【フロントエンドOSC調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz 無変調 90dB 受信 → OSCトリマ調整 → ダイヤル指針83MHz
  ※コイル調整は難度高いのでノータッチ
【フロントエンドRF調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz 無変調 50dB 受信 → RFトリマ3個調整 → Sメーター最大
 ・83MHz 無変調 50dB 受信 → T1調整 → Sメーター最大
  ※コイル調整は難度高いのでノータッチ
【検波調整2】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz 1kHz 60dB受信 → Tメーター中点確認
 ・83MHz 1kHz 60dB受信 → L25調整 → 高調波歪最小
 ・83MHz 1kHz 60dB受信 → VR2調整 → 高調波歪最小
【IF WIDE調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・オーディオ出力をWavespectraで観測
 ・83MHz MONO 1kHz 60dB 受信 → L4,L5,L6,L7,L8,L9,L10,L11,L12調整
    → Sメーター最大 かつ高調波歪最小
【IF WIDE調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・オーディオ出力をWavespectraで観測
 ・83MHz ST 1kHz 60dB 受信 → L16,L17,L18調整 → 高調波歪最小
【IF NARROW調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・オーディオ出力をWavespectraで観測
 ・83MHz 1kHz 60dB 受信 → L14,L15調整 → 高調波歪最小
【NARROW GAIN調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz 無変調 40dB 受信 → Sメーター目盛り記録
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz 無変調 40dB 受信 → VR1調整→ Sメーター目盛りWIDE時と同じ
【VCOフリーラン周波数調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・TP R163上側に周波数カウンタ接続
 ・無信号 → VR6調整 → 152kHz±100Hz
【パイロット信号キャンセル調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・オーディオ出力をWavespectraで観測
 ・83MHz パイロット信号 60dB 受信 → VR5調整 → 19kHz最小
 ・83MHz パイロット信号 60dB 受信 → L37調整 → 19kHz最小
 ・左右バランスに注意
【セパレーションWIDE調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR7調整 → Lch漏れ最小
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR8調整 → Rch漏れ最小
【セパレーションNARROW調整】
 ・IF BAND=NARROW
 ・83MHz ST 1KHz 80dB 受信 → VR9調整 → L/Rch漏れ最小
【Sメーター調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz 無変調 60dB 受信 → VR3調整 → Sメーター目盛り4.25
【DEVIATION調整】
 ・IF BAND=WIDE
 ・83MHz MONO 1kHz 60dB 受信 → VR4調整 → Dメーター目盛り100%

■試聴---------------------------------------------------------------

Kenwood_l03t07

 ・ちょうど同時期にKT-2200の調整作業を行っていました。
 ・KT-2200とL-03Tを並べた記念写真です。
 ・外寸、内部構成、は全く同じ。違いはΣドライブ回路と銅メッキシャーシ。

L03tkt220009

L03tkt220001 L03tkt22000
L03tkt220002 L03tkt220003 L03tkt220004 L03tkt220005 L03tkt220006

« TRiO KT-2200 修理調整記録2 | トップページ | YAMAHA T-1 修理調整記録2 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

Bluess様
いつも楽しく拝見しております。

KT-2200とL-03Tのツーショット、いいですね。

この頃のTRIO/Kenwood製品のデザインが大好きでした。1984年頃
でしょうか?私はまだ学生でした。

TRIOからKenwoodにロゴ変更される過渡期で、KT-2200にはTRiO
ロゴ、L-03TにはKenwoodロゴがついてますね。

TRiOロゴのiの上の点は逆三角形にデザインされています。これは
Kenwoodのwの上の逆三角形と共通の形状で、同じイメージを継承
して、TRIOからKenwoodへロゴの移行をする、という事が謳われて
いた記憶があります。

この過渡期のTRiO黒パネル機種は、アンプ、カセットデッキを含め、
細かな色合いにも気合が入っており、この拘りが大好きでした(笑)。

パネルは完全な黒ではなく、ほんの少し紫がかっており、文字も完全な
白色ではなく、ごく薄い青緑色なんです!

そのほかの小さな表示や樹脂のボタントップも深みのある落ち着いた
色合が使われていました。カバーも厚みのある黒色光沢塗装でしたね。
電源等のスイッチ類も操作感が良いものが使用されていました。

といっても、自分が購入したのはKX-880SRというTRiOロゴのカセット
デッキなんですが、当時は意味もなく?部屋を明るくしたり、暗くしたり
あちこちから眺めて雰囲気を楽しんでいました...変な人ですね。

この後、KT-1100D、KT-1010F等からはコストダウンが進み、見た目は
似ているのですが、パネルは黒、文字は白、カバーは樹脂フィルムコー
ト、電源スイッチは左右にぶれてパネルに引っかかるようになりました。

先進のDCCやPLL検波を使用しているのに、見たりさわったりする楽し
みの部分が減少してしまい、少し残念に感じる次第です。

exjf3eqs様

コメントいただきありがとうございます。

>TRiOロゴのiの上の点は逆三角形デザイン
>Kenwoodのwの上の逆三角形と共通の形状
>同じイメージを継承して、TRIOからKenwoodへロゴの移行をする、、

これは知らなかったです!
ロゴデザインにもそんなに深い意味があったのですね。
勉強になりました。

いま手元にL-02Tがあるのですが、プッシュボタンは濃灰色でボタン上の文字は緑色です。無機質なブラックボディにコントラストを与えているように見えます。このブログを始めて約10年、当時は買えなかった高級機に触れる機会に恵まれ、そして不思議なご縁で多くの方に巡り合えて本当に感謝しています。

Bluess様

L-02Tもお手元にあるんですか!緑色の文字はアクセントの
ある配色ですね。

写真で見ますと、この機種は昔のKENWOODロゴなんですね。
当時は見るだけだったり、見ることもできなかった色々な製品を、
現在のブログに蘇らせて頂き、毎回感謝しています。

当時、トリオの技術者が、アマチュア無線雑誌の記事に、ノンス
ペクトラムIF技術を解説されていて、そこで初めてL-02Tという
機種を知りました。

が、技術に興味が行くばかりで、実はチューナーとしてのL-02T
にはあまり関心がありませんでした(笑)。
オーディオショップでも実物は見たことなかったですしね。

こうして現在のブログで改めていろんな製品を見ると、まさに以
前コメントでおっしゃっていた「考古学」の謎解きの趣があります。
ぜひ15年、20年と続けていただきますようお願いします。

Kenwood L−03T専用のプリメインアンプ接続用のケーブル(6ピン長さ1.5m)を作っていただくことは可能ですか?

誠に申し訳ありませんが、ケーブル作製の知識は持ち合わせておりません。

L-03T、L-02T用のケーブルならば、ヤフオクで自作品を出品している方がいますよ。

Bluessさま

こちらとひろくんのHPを見て、ジャンクチューナーにハマりました。
特にバリコンチューナーが好きで、おかげで40年来うちにあったLUXMAN L-50Tも好調に動作するようになりました。

今回は、もしご意見が戴ければと思いコメントさせていただくのですが、このL-03Tのジャンクを入手しまして、動作チェック及び調整を試みておりますが、どうにも感度が悪く、Sメーターで0.5程度以上に上がりません。
OSCトリマで同調は取れるので、トリマは生きていると思いますが、RFを調整してもSSGで120dBまで信号を上げてやっとその程度です。(ちなみに7pf温度補償コンデンサを外部に追加すると同調範囲を超えるので、そう判断しました)
そのため、ミューティングをONにできるところまで進みません
やはりこれはフロントエンドのFETがダメになっていると考えるべきでしょうか、それとも他に原因があると思われますでしょうか。ちなみに各部の電圧はそれなりに出ているようで、曲間ノイズ以外のバリバリノイズなども聞こえません。

何が考えられるのか、ご意見が戴ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Seisan様

L-03TとKT-2200の当時の作業ノートを見直したところ、
「IF回路の調整で感度が大幅アップ、、」と書いてありました。
Wide/Narrow回路にたくさん並んだコイルを調整すると効果あるかもしれません。

それでもダメならRFアンプまたはIFアンプの故障、Sメーター回路の故障でしょうか?
もし回路図が必要でしたら提供します。

早速のお返事ありがとうございます。

一応L4からL18あたりは弄ってみたのですが、あまり変わりませんでしたOrz

やはりRF/IFアンプあたりの不調があるでしょうか。

一応IF VCOは6.2MHz、VCOフリーランも152KHzが確認できてるので、もともとの信号の増幅ができてなさそう…
トリマコンデンサを増設して絶好調のKT1100はあるので、場合によってはフロントエンドの移植も可能ではありますが…

もしよければ回路図を見せていただけますでしょうか。
お願いいたします。

BLUESSさま

L-03T、回路図の助けもあり、若干進歩いたしました。
とりあえず、L9のIFTのコンデンサ容量抜けを考え、温度補償セラコンを追加したところ、かなり感度の改善が見られました。結局OSCのトリマコンデンサはグリグリしてると、全く反応しなくなってしまったので、外付けでの対応となりました(笑)。

とりあえずSSG出力90dBmでメーター4.5くらいまで上昇し、サーボロックも掛かるようになりました。でも、RFセレクタをダイレクトにすると、途端に感度が落ちますOrz
まあ、ディスタンスのままでもいいんですが…

次の問題はステレオ復調。
7040の各部の電圧はおおむね正常に出てるんですが、なぜかモノラルのまま…
Wave Spectraで確認しながらですが、やはりモノラルです。

ジャンクと分かって買っているわけで、調子が悪いのはわかっていますが、ここまで手ごわいとは…

BLUESSさま、こちらの方でもお世話になりました。
結局ジャンクなKT-1000からフロントエンドを移植しましたところ、おおむね良好な状態になりました。
もちろんステレオになります。
セパレーションも50dB以上とれました。
でもやはりRFセレクタをダイレクトにすると(アンテナは光TVのFMです)ほとんど拾わなくなる。

糸掛けのやり直しなど、調整に往生しましたが(^^;)、なんとかフロントエンド移植という大手術がうまくいったことに自画自賛中(笑)

ご提供いただきました回路図が非常に役に立ちました。
ありがとうございました。
他のチューナーと比較しても一聴してわかるSN比の良さがすごいチューナーです。

こうなるとL-02Tに興味が…(w

BLUESS Laboratory 様
L-03Tジャンク品を購入しました。
当欄を参考にさせていただきどうにか音出しまでたどり着きました。
プリメンアンプとの接続で「Σコード」がないため、テープデッキの出力端子で結線しています。この接続方法は取説と異なり心配です。
「Σコード}端子を使用すると音質は変わるのでしょうか。
もしお分かりでしたらご教示お願いいたします。

固定出力をそのままアンプに接続して問題ないと思います

以下の記事でオリジナルのΣケーブルを試す機会がありました。

KENWOOD L-03T 修理調整記録2
https://bluess.cocolog-nifty.com/labo/2021/04/post-7f5062.html

KENWOOD自慢のテクノロジーなので何らかの効果があると思いますが、
私の耳では判別不能でした。


ありがとうございました。
今後もブルースの「がらくた実験室」楽しみに読ませていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRiO KT-2200 修理調整記録2 | トップページ | YAMAHA T-1 修理調整記録2 »