フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

チューナー関連リンク

« TRiO KT-990 修理調整記録10 | トップページ | ONKYO FR-155A & D-02GX 作業ワゴン製作 »

2023年12月31日 (日)

SONY ST-5150 修理調整記録5

 ・2023年11月、部品取り用のドナー機を寄付していただきました
 ・照明透過型のメーターを取り出して ST-5130 に移植するだけの作業ですが、
 ・メーターを失った ST-5150 にST-5140 のメーターを移植してみました
 ・ちょっと渋目の ST-5150 が出来上がりました

St515003_20231231090501

■製品情報------------------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 SONY ST-5150¥39,800(1973年発売)
 ・Hifi Engine SONY ST-5150 AM/FM Stereo Tuner (1973-76)

■動作確認------------------------------------------------------------

 ・電源コードの印字は「1974」、定番のベタベタ化しています
 ・フロントパネルとボディは比較的きれいな状態
 ・ガラス窓は曇っているが、周波数窓の銀色フレームは光沢あり
 ・電源オン、周波数窓と二つのメーター照明点灯
 ・75Ωアンテナケーブルを接続してFM放送を受信確認
 ・TメーターとSメーターはともに大きく振れる
 ・ただTメーター中点とSメーター最大点は一致しない
 ・MUTINGオンでは音が出ないがMUTINGオフにすると受信音が聞こえる
 ・STEREOランプ点灯しない
 ・AMは背面バーアンテナで受信OK
 ・二つのメーター動作は正常、使えそうです

■改造記録:メーター交換----------------------------------------------

 ・照明透過型のTメーターとSメーターを取り外す
 ・裏側に緑色フィルムが貼ってあるので破らないように注意
 ・代わりにST-5140から取り外して保管していたメーターを装着してみました
 ・同時に照明用フィラメント電球も緑色塗料が塗られた電球に交換
 ・出来映えは、、やはりちょっと地味な(でも渋い)感じになりました

St515004_20231231090601St515005_20231231090601

【ST-5150】
 ・緑色の照明透過型メーター
 ・メーターの裏側一面に緑色フィルムが貼ってある
 ・背後のフィラメント電球でライトアップするのでメーター枠も緑色に見える
【ST-5130/ST-5140】
 ・二つのメーターは照明非透過型
 ・メーター裏側に緑色フィルムは無い
 ・代わりにフィラメント電球の表面に緑色塗料が厚く塗られている
 ・これによってメーター枠だけが緑色にライトアップされる

St515030St515036St515031_20231231090701St515033_20231231090701St515037_20231231090701

■調整記録------------------------------------------------------------

【レシオ検波調整】
 ・何も受信しない状態 T201上段コア調整 → Tメーター中点
【FM OSC調整】
 ・90MHz CT204調整 → Sメーター最大
 ・76MHz L104調整 → Sメーター最大
【FM受信調整】
 ・90MHz受信 CT201,CT202,CT203調整 → Sメーター最大
 ・76MHz受信 L101,L102,L103調整 → Sメーター最大
 ・83MHz受信 IFT調整 → Sメーター最大
 ・RT202 FM Sメーター振れ調整
【MUTINGレベル調整】
 ・T202調整 → D204電圧最大
 ・RT201調整 → ミューティング動作レベル調整
【検波歪み調整】
 ・T201下段コア調整 → 高調波歪み最少
【セパレーション調整】
 ・SUB信号送信 → T401調整 → Lch出力最大へ
 ・RT401 セパレーション調整
【AM調整】
 ・CT101,CT102
 ・T301,バーアンテナ内コイル
 ・RT301 AM Sメーター振れ調整

St515023

■試聴----------------------------------------------------------------

 ・清掃過程でガラス板を磨いたので見映えはとても良いです
 ・ちょっと雰囲気の異なるST-5150として アリ かも?
 ・でも使い道は無いので分解して部品取り用パーツとして保管します

St515006_20231231090501

« TRiO KT-990 修理調整記録10 | トップページ | ONKYO FR-155A & D-02GX 作業ワゴン製作 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

半世紀前購入 最初のチューナーで懐かしいです。
屋外にFMアンテナ(5素子)を設置しソニートーンをいい音で聴いていました。
その後 ST-5000F ⇒ Trio KT-9700 に至っています。
この一年楽しく拝読しました。来年も投稿宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRiO KT-990 修理調整記録10 | トップページ | ONKYO FR-155A & D-02GX 作業ワゴン製作 »